English
日本大学 
生物資源科学部 
生命農学科 

更新日:2020/10/07 
専任講師 
肥後 昌男 
ヒゴ マサオ 
Higo Masao 

研究分野 (公開件数:2件)
植物栄養学・土壌学 
作物生産科学 

研究キーワード (公開件数:5件)
アーバスキュラー菌根菌 
作付体系 
カバークロップ 
植物微生物相互作用 
群集構造 

著書 (公開件数:1件)
Effects of inoculation of arbuscular mycorrhizal fungi on the growth of maize (Zea mays L.) in an acid sulfate soil region of Thailand  Shoukadoh Book Sellers  2008 
詳細表示...

論文 (公開件数:47件)
南関東での冬作管理と耕起法の組み合わせの違いによる後作トウモロコシに感染するアーバスキュラー菌根菌の群集構造  土と微生物  2021 
南関東におけるヘアリーベッチ導入が飼料用トウモロコシのリン吸収,生育・収量に及ぼす影響  農作業研究  2020 
Impact of phosphorus fertilization on tomato growth and arbuscular mycorrhizal fungal communities  Microorganisms  2020  10.3390/microorganisms8020178 
Amplicon sequencing analysis of arbuscular mycorrhizal fungal communities colonizing maize roots in different cover cropping and tillage systems  Scientific Reports  2020  10.1038/s41598-020-58942-3 
ダイズ品種里のほほえみの関東南部での栽培に関する研究  日本作物学会紀事  2020 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:73件)
口頭発表(一般)  開花後の日長の違いがキノアの植物ホルモン含量と子実肥大に及ぼす影響  第250回日本作物学会講演会  2020/09 
口頭発表(一般)  南関東における耕起法及び冬作管理の違いが飼料用トウモロコシの生育とアーバスキュラー菌根菌の感染に及ぼす影響【第2報】根に感染するアーバスキュラー菌根菌の群集構造の変化  日本作物学会関東支部第108回講演会  2019/12 
口頭発表(一般)  南関東における耕起法及び冬作管理の違いが飼料用トウモロコシの生育とアーバスキュラー菌根菌の感染に及ぼす影響【第1報】生育・収量に及ぼす影響  日本作物学会関東支部第108回講演会  2019/12 
口頭発表(一般)  栽植様式の違いがキノアの倒伏と収量に及ぼす影響  日本作物学会関東支部第108回講演会  2019/12 
口頭発表(一般)  Valleyタイプキノアの播種期と畝間の違いが収量に及ぼす影響  日本作物学会関東支部第108回講演会  2019/12 
詳細表示...