日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Sports Sciences 
Department of competitive sports 

Updated : 2019/03/30 
Assistant Professor 
HONDO Shingo 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Sports science 

Research keywords (Number of the published data : 1)
トレーニング、バイオメカニクス、コーチング 

Bibliography (Number of the published data : 2)
Health and Fitness Workbook2012  DTP出版  2012/04/01 
コーチング戦略  八千代出版  2008/05/20 
View details...

Papers (Number of the published data : 37)
ボールゲームにおける「ボールを持たないときの動き」に焦点化した創発身体知の発生分析方法に関する一考察  コーチング学研究  2018/10/31 
やり投における肘関節内反トルクが高まる要因について  Research Quarterly For Athletics  2018/03/31 
Contribution of the lower limb joints in difference of power output from rebound jump  34th International Conference on Biomechanics in Sports  2016/07/18 
The Characteristic of the hurdling motion with changing steps of interval in female athletes  陸上競技研究  2015/09/30 
片脚スクワットにおける拳上重量の変化が下肢関節トルクの出力配分に及ぼす影響に関するバイオメカニクス的研究  陸上競技研究  2015/06/30 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 39)
Poster presentation  陸上競技におけるトレーニング時のバイオメカニクス的指標について  平成30年度学部連携ポスターセッション  2018/07/21 
Poster presentation  国内学生棒高跳選手における助走時の疾走動態と疾走動作の特徴について‐ポール走とスプリントの比較から-  日本コーチング学会 第29回大会  2018/03/21 
Poster presentation  ファント動作における剣先速度と腕の伸展動作及び脚の力発揮の関係  日本体育学会第67回大会  2016/08/26 
Poster presentation  Contribution of the lower limb joints in difference of power output from rebound jump  34th International Conference on Biomechanics in Sports  2016/07/18 
Poster presentation  WBVがドロップジャンプの遂行能力に与える影響-様々な種目の学生競技者を対象として-  日本体育学会第66回大会  2015/08/27 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 10)
自主創造の基礎1 
競技スポーツ習得実習Ⅲ 
バイオメカニクスの基礎 
スポーツ運動学原論 
バイオメカニクス演習 
View details...