English
日本大学 
生物資源科学部 
くらしの生物学科 

更新日:2020/10/22 
専任講師 
相澤 朋子 
アイザワ トモコ 
AIZAWA Tomoko 

学位 (公開件数:1件)
博士(生物資源科学)  日本大学  2004/03/25 

免許・資格 (公開件数:1件)
一般毒物劇物取扱者  2000/06/29 

研究分野 (公開件数:2件)
応用微生物学 
環境微生物学 

著書 (公開件数:3件)
バイオフィルムの基礎と制御―特性・解析事例から形成防止・有効利用まで  エヌティーエス  2008/02 
Development of New Bioremediation Systems of Acid Sulfate Soil for Agriculture and Forestry; Application of symbiotic bacteria isolated from plants adapted to actual acid sulfate soil.  Nakanishi Printing Co. Ltd  2008/02 
Development of New Bioremediation Systems of Acid Sulfate Soil for Agriculture and Forestry; General description of research project for acid sulfate soil in Mekong Dela ,Vietnam.  Nakanishi Printing Co. Ltd.  2008/02 
詳細表示...

論文 (公開件数:24件)
Structural analysis of an aluminum-binding capsular polysaccharide produced by Acidocella aluminiidurans strain AL46, an aluminum-tolerant bacterium isolated from plant roots in a highly acidic swamp in actual acid sulfate soil  Carbohydrate Research  2020/09/29  10.1016/j.carres.2020.108163 
Evasion of Innate Immune Responses by the Highly Virulent Cryptococcus gattii by Altering Capsule Glucuronoxylomannan Structure.  Frontiers in Cellular and Infection Microbiology  2016/01/06  10.3389/fcimb.2015.00101 
窒素をキャリヤーガスとする低圧GC/MSによる水道水中のハロ酢酸類, ホルムアデヒド及びフェノール類の定量  分析化学  2015 
An Anionic Polymer Incorporating Low Amounts of Hydrophobic Residues Is a Multifunctional Surfactant. Part 1: Thickening, Emulsifying, Moisture-absorption and Moisture-retention Abilities of a Fatty Ac-id-Containing Anionic Polysaccharide  Advances in Chemical Engineering and Science (ACES)  2015 
An Anionic Polymer Incorporating Low Amounts of Hydrophobic Residues Is a Multifunctional Surfactant. Part 2: Emulsification, Moisture Absorption, and Moisture Retention of Alkyl Esterified Poly-γGlutamic Acid  Advances in Chemical Engineering and Science (ACES)  2015 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:79件)
ポスター発表  酸耐性植物の根圏微生物がアルミニウム・重金属耐性メカニズムの解明に新たな道を拓けるか?  令和元年度 日本大学生物資源科学部学術講演会(経過及び成果報告会)  2019/12/02 
ポスター発表  葉食いザル由来の植物バイオマス分解微生物の取得と適切な健康管理法の確立を目指して  平成30年度 日本大学生物資源科学部 学術講演会(経過及び 成果報告会 )  2018/12/03 
ポスター発表  葉喰いザル,アカアシドゥクラングール( Red shanked douc langurs)の木本性 バイオマス分解菌の探索および糞便内微生物叢の解析  平成29年度 日本大学生物資源科学部 学術講演会成果報告会  2017/12/04 
Aluminum toxicity and tolerance in microorganism  FEMS2015  2015/06 
稲わらの高効率糖化酵素の探索と解析  日本農芸化学会2015年度大会  2015/03 
詳細表示...

知的財産権 (公開件数:1件)
特許  新規キシラナーゼ、該キシラナーゼを産生するフリゴリバクテリウム属細菌及び該キシラナーゼの産生方法 
詳細表示...

研究費 (公開件数:12件)
学内研究費  酸性土壌適応微生物による新規アルミニウム耐性メカニズムの探索  2019/04/01-2020/03/31 
学内研究費  酸耐性植物の根圏微生物がアルミニウム・重金属耐性メカニズムの解明に新たな道を拓けるか?  2018/04/01-2019/03/31 
学内研究費  葉食いザル由来の植物バイオマス分解微生物の取得と適切な健康管理法の確立を目指して  2017/04/01-2018/03/31 
文部科学省科学研究費  グルコース濃度に応答した異種細菌間相互作用の解明~日和見感染症制御を目指して~  2016/04/01-2018/03/31 
文部科学省科学研究費  サルのお腹は世界を救う~葉食いザルからの植物バイオマス分解微生物の取得と応用~  2016/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

社会活動 (公開件数:1件)
H28年度市民講座 微生物のちから 第二回 環境をまもる微生物  2016/06/13-2016/06/13 
詳細表示...