日本語
NIHON UNIVERSITY's 
Distance Learning Division 
Department of Philosophy, College of Humanities and Science 

Updated : 2019/10/04 
Associate Professor 
NAKAZAWA Hitomi 

Career (Number of the published data : 11)
日本大学通信教育部  准教授  2018/04/01-Present 
日本大学通信教育部  助教  2015/04/01-2018/03 
日本大学理工学部  兼担講師  2015/04-2016/03 
東京理科大学  非常勤講師  2014/04-2015/03 
成蹊大学  非常勤講師  2014/04-2015/03 
立命館大学 人文科学研究所  客員研究員  2013/04-2014/03 
明星大学  非常勤講師  2012/04-2015/03 
立教大学  兼任講師  2012/04-2016/03 
日本大学通信教育部  非常勤講師  2012/04-2015/03 
日本大学通信教育部  インストラクター(リポート添削者)  2006/07-Present 
日本大学文理学部人文科学研究所  研究員  2007/04-2010/03 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Philosophy/Ethics 

Research keywords (Number of the published data : 5)
メルロ=ポンティ 
現象学 
身体論 
フェミニスト現象学 
フェミニスト哲学 

Bibliography (Number of the published data : 9)
ケアの始まる場所 哲学・倫理学・社会学・教育学からの11章  ナカニシヤ出版  2015/02 
メルロ=ポンティ読本  法政大学出版局  2018/03/23 
【翻訳】メルロ=ポンティ哲学者事典 第三巻 歴史の発見・実存と弁証法・「外部」の哲学者たち  白水社  2017/03/10 
【翻訳】ジョナサン・コール『スティル・ライヴズ:脊髄損傷と共に生きる人々の物語』  法政大学出版  2013 
【翻訳】ラスムス・ティボ・イェンスン『心のデカルト的描像をめぐるマクダウェルとメルロ=ポンティ』  日本現象学会  2012 
View details...

Papers (Number of the published data : 17)
山戸作品における身体 メルロ=ポンティの哲学を糸口に  ユリイカ  2019 
対象化についての一考察  研究紀要  2018/03/31 
メルロ=ポンティと身体図式  研究紀要  2017/03/31 
原作『花芯』について ままならないわたしたち  映画「花芯」劇場パンフレット  2016/08/06 
現象学的身体論とフェミニスト理論の身体論  研究紀要  2016/03/31 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 14)
Symposium workshop panel(public)  家族の中の老い  日本現象学会、男女共同参画・若手研究者支援ワークショップ報告 「家族におけるケアと依存」  2018/11/18 
Symposium workshop panel(public)  Body schema and Merleau-Ponty  国際理論心理学会、シンポジウム31、立教大学  2017/08/24 
Symposium workshop panel(nominated)  Body schema and theory of feminist phenomenology  Seminariet i feministisk kontinentalfilosofi i Stockholm, Stockholm University  2017/06/12 
Oral presentation(general)  フェミニスト現象学の観点から性差と身体について考える  科研「北欧現象学者との共同研究に基づく傷つきやすさと有限性の現象学」第1回研究会  2016/07/18 
Poster presentation  フェミニスト現象学の展開―現象学的身体論の新たな試み―  平成27年度学部連携ポスターセッション(日本大学)  2015/07/18 
View details...

Prizes (Number of the published data : 2)
日本大学文理学部海外派遣奨学金  2004  Domestic 
日本大学ロバート・F・ケネディ奨学金  2004  Domestic 
View details...

Research expenses (Number of the published data : 1)
Grant-in-Aid for Scientific Research  北欧現象学者との共同研究に基づく人間の傷つきやすさと有限性の現象学的研究  2016-2019 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 4)
THE MERLEAU-PONTY CIRCLE OF JAPAN 
日本現象学会 
THE PHILOSOPHICAL ASSOCIATION OF JAPAN 
日本大学哲学会 
View details...