English
日本大学 
生物資源科学部 
応用生物科学科 

更新日:2018/10/10 
助手 
西山 辰也 
ニシヤマ タツヤ 
NISHIYAMA Tatsuya 

1985年生まれ  

経歴 (公開件数:1件)
日本大学  生物資源科学部  助手  2015/04/01-現在 

学歴 (公開件数:3件)
筑波大学  第二学群  生物学類  2009/03/31  卒業  国内 
筑波大学大学院  生命環境科学研究科  生物資源科学専攻  博士前期  2011/03/31  修了  国内 
筑波大学大学院  生命環境科学研究科  生物機能科学専攻  博士後期  2015/01/31  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(農学)  筑波大学大学院  2015/01/31 

研究分野 (公開件数:1件)
応用微生物学 

研究キーワード (公開件数:5件)
放線菌 
有機触媒 
酵素 
バイオセンサー 
酸化酵素(オキシダーゼ) 

研究テーマ (公開件数:1件)
放線菌の細胞外タンパク質の機能解析  2015/04/01-現在 
詳細表示...

論文 (公開件数:6件)
Streptomyces metabolites in divergent microbial interactions.  J. Ind. Microbiol. Biotechnol.  2016/03  10.1007/s10295-015-1680-z. 
Natural low-molecular-mass organic compounds with oxidase activity as organocatalysts  Proc Natl Acad Sci USA(PNAS)  2014/11/19 
触媒界のニューフェイス「有機触媒」  生物工学会誌 バイオミディア  2016/02/25 
Extracytoplasmic diaphorase activity of Streptomyces coelicolor A3(2)  Biochem Biophys Res Commun.  2018/09/10  10.1016/j.bbrc.2018.07.083. 
Developmental defect of cytochrome oxidase mutants of Streptomyces coelicolor A3(2)  Microbiology  2016/07/05 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:9件)
口頭発表(一般)  グラナチシンも有機触媒である  日本放線菌学会大会  2018/09/12 
口頭発表(一般)  アクチノロージンと結合する放線菌由来分泌タンパク質  日本農芸化学会大会2018  2018/03/17 
ポスター発表  Discovery of a new function of actinorhodin produced by Streptomyces coelicolor A3(2) as an organocatalyst  the 18th International Symposium on the Biology of Actinomycetes (ISBA18)  2017/05/25 
口頭発表(一般)  放線菌S. coelicolor A3(2)の分泌タンパク質と二次代謝産物アクチノロージンとの菌体外相互作用の解析  農芸化学会大会  2017/03/20 
ポスター発表  Streptomyces の腐植酸脱色活性と細胞外ジアホラーゼとの関係性  微生物研究会  2016/11/05 
詳細表示...

研究費 (公開件数:3件)
学内研究費  放線菌由来二次代謝産物の有機触媒としての新奇な機能の解明  2018/04/01-2019/03/31 
文部科学省科学研究費  アクチノロージンの有機触媒作用に基づく生体触媒成立の分子基盤の証明  2017/04/01-2019/03/31 
学内研究費  放線菌由来二次代謝産物の有機触媒としての新奇な機能の解明  2017/04/01-2018/03/31 
詳細表示...