研究発表
公開件数:13件

No.1
会議種別 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
タイトル パネルタイトル「日中開戦前の女性たちによる平和運動の模索 月曜クラブと一土会を中心に」、分担タイトル「月曜クラブに集まった女性文学者たちの活動」
会議名 ジェンダー史学会2019年度大会パネル発表
開催年月日 2019/12/18
URL
概要 東京朝日新聞社初の女性記者・竹中繁が主催者として行っていた女性文化人たちの平和運動ともいえる「月曜クラブ」および中国研究に特化した「一土会」の1次資料を解読し研究を続けてきた成果公表である。参加した女性作家のうち岡本かの子と田村俊子に焦点を当ててどのような平和活動の糸口を作ったのかを分析した。

No.2
会議種別 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
タイトル 「異言語での葛藤:田村俊子の軌跡から見る言語の身体性」
会議名 日本近代文学会・昭和文学会・社会文学会合同国際学会
開催年月日 2019/11/24
URL
概要 日本、北米、中国という全く異なる言語圏に移り住み、日本語での創作活動を続け、晩年1942年~1945年には日中戦時下の上海で中国語で中国人女性向けの啓蒙雑誌を刊行した田村俊子の活動を明治大正の日本文学、カナダ移民文学、上海の映画文化人を軸にパネル発表を行い、その言語の身体性をめぐってディスカッサントからのコメントを受け議論を交わした。

No.3
会議種別 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
タイトル 村上春樹作品における消滅について
会議名 第1回村上春樹研究セミナー 物語・記憶・場所
開催年月日 2018/09/29
URL
概要

No.4
会議種別 口頭発表(一般)
タイトル 田村俊子『女声』の背景―1920年代と1940年代の日中女性関係の温度差を軸にして
会議名 昭和文学会春季大会(台湾日本語文学会との姉妹学会締結記念国際シンポジウム)
開催年月日 2018/06/16
URL
概要

No.5
会議種別 口頭発表(一般)
タイトル 村上春樹文学における共鳴―ハツミ、ユズを中心に
会議名 第7回村上春樹国際シンポジウム
開催年月日 2018/05/27
URL
概要 村上春樹研究における国際学会。共通テーマは「共鳴」

No.6
会議種別 口頭発表(一般)
タイトル 村上春樹作品における〈妻〉―『騎士団長殺し』を中心に
会議名 日本近代文学会 北海道・東北地区合同研究集会
開催年月日 2017/07/29
URL
概要

No.7
会議種別 口頭発表(一般)
タイトル 「スリップする私」笙野頼子・初期作品『タイムスリップ・コンビナート』における方法
会議名 日本大学国文学会大会
開催年月日 2017/07/01
URL
概要

No.8
会議種別 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
タイトル ひとりの日本人女性記者が見た近代中国―竹中繁の「中国旅行日記」を中心として
会議名 2016年度ジェンダー史学会第13回年次大会
開催年月日 2016/12/18
URL
概要

No.9
会議種別 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
タイトル 村上春樹の描く<恋愛>
会議名 大阪経済大学日本経済史研究所黒正塾講演会
開催年月日 2016/12/10
URL
概要

No.10
会議種別 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
タイトル 村上春樹作品に描かれる女性はなぜ消えるのか
会議名 札幌大学公開講座時計台フォーラム講演会
開催年月日 2015/11/24
URL
概要

No.11
会議種別 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
タイトル 北海道と村上春樹
会議名 札幌大学公開講座
開催年月日 2013/11/13
URL
概要

No.12
会議種別 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
タイトル 恋と文筆、田村俊子の生涯 東京~バンクーバー~上海
会議名 札幌大学公開講座、特集:日本文学「恋」という反体制
開催年月日 2012/12/07
URL
概要

No.13
会議種別 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
タイトル 田村俊子とジェンダー
会議名 北海道立女性プラザ平成24年度第2期えるのす連続講座
開催年月日 2012/11/20
URL
概要