日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Sports Sciences 
Department of competitive sports 

Updated : 2019/03/27 
Professor 
YAMASAKI Makiko 

Birth:1961  
Tel.03-6453-1719  

Other affiliation / position (Number of the published data : 1)
Graduate School of Social and Cultural Studies  教授 

Career (Number of the published data : 19)
千葉県立幕張西高等学校  図書館司書  実習助手  1986/09/01-1987/03/31 
千葉県立幕張西高等学校、千葉県立幕張北高等学校  国語科  非常勤講師  1988/04/01-1989/03/31 
作新学院短期大学  文科国文学専攻  非常勤講師  1994/04/01-1996/03/31 
HOSEI University   第一教養部  兼任講師  1998/04/01-2003/03/31 
SENSYU University   文学部国文学科  非常勤講師  2000/04/01-2002/03/31 
KOMAZAWA University   文学部国文学科  非常勤講師  2000/04/01-2003/03/31 
駒澤短期大学  国文科  非常勤講師  2001/04/01-2002/03/31 
大妻女子大学  文学部日本文学科  非常勤講師  2001/04/01-2003/03/31 
共立女子大学  文芸学部  非常勤講師  2002/04/01-2003/03/31 
Sapporo University   Faculty of Law, Department of Law  准教授  2003/04/01-2008/03/31 
北海学園大学  人文学部日本文化学科  非常勤講師  2006/04/01-2007/03/31 
北海学園大学大学院  文学研究科日本文化学専攻  非常勤講師  2006/04/01-2009/03/31 
札幌大学  法学部法学科  教授  2008/04/01-2013/03/31 
パリ第7大学  東洋言語学科  特別研究員  2009/04/01-2010/03/31 
Sapporo univercity  地域共創学群 日本語・日本文化専攻  教授  2013/04/01-2016/03/31 
Sapporo univercity  文化学研究科  教授  2013/04/01-2016/03/31 
北海道大学  文学部国文科  非常勤講師  2015/04/01-2015/09/30 
日本大学  スポーツ科学部  教授  2016/04/01-Present 
日本大学大学院   総合社会情報研究科文化情報専攻  教授  2017/04/01-Present 

Academic background (Number of the published data : 1)
専修大学大学院  文学研究科  国文学専攻  Doctor later  1998/03/25  Completed  Domestic 

Licenses and qualifications (Number of the published data : 6)
中学1級・高校2級国語教員  1984/03/25 
司書教諭  1984/03/25 
司書  1984/03/25 
普通自動車免許  1987/07/17 
高校「専修」国語  1990/03/25 
日本語教師  1997/03/22 

Current state of research and teaching activities
明治期以降から現代までの女性作家の文学史を構築することを目標に掲げて研究活動を行っています。博士論文では、1884年東京・蔵前に生まれ、1945年4月戦時下の上海で客死した作家・田村俊子の言説空間がどのように変容されたかを論じました。男性よりも前に出てはいけない、自我を強く打ち出しては挫かれる日本の社会の中で、女であることと作家であることのアンビバレンツな状況を先駆的な作品のなかで発表し続けた作家ですが、特に話し言葉と書き言葉を一致させる言文一致体の移行期に真正面から取り組んだ金字塔的作家です。田村俊子は大正7年に海を渡りカナダで18年間過ごしました。移民労働者の問題を目の当たりにし、晩年には戦時下上海で女性の啓蒙活動のための雑誌作りをして生涯を閉じました。私の研究テーマの核心は、「女性が書くこと」の意味の追究と、書かれる女性の表象分析です。近年は村上春樹が描く女性登場人物の表象分析にも取り組み、著書にまとめました。現代の女性作家の研究も積極的に取り組んでいます。 

Research Areas (Number of the published data : 3)
Japanese literature 
Japanese literature 
Gender 

Research keywords (Number of the published data : 6)
村上春樹研究 
田村俊子研究 
笙野頼子研究 
現代女性作家研究 
近代女性作家研究 
日中女性関係史研究 

Subject of research (Number of the published data : 4)
田村俊子作品研究  1990/04/01-Present 
笙野頼子作品研究  1998/04/01-Present 
村上春樹作品研究  2004/06/01-Present 
近代日中女性関係史におけるジェンダー構築の総合的研究  2014/04/01-2017/03/31 
View details...

Achievements of joint or funded research (Number of the published data : 5)
基盤研究C「ジェンダーからみる近代日中女子絵関係史の総合的研究―月曜クラブと一土会を中心に」  2017-2019 
研究成果公開促進助成金(学術図書)  2017-2018 
基盤研究C「近代日中女性関係史におけるジェンダー構築の総合的研究―竹中繁を中心として」  2013-2015 
研究基盤B「中日文化協会上海分会と関連文学者・文化人に関する基礎的・総合的研究」  2013-2015 
基盤研究B「戦時上海の文芸文化と邦字新聞『大陸新報』に関する多角的研究」  2007-2009 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 37)
女性記者・竹中繁のつないだ近代中国と日本 ― 一九二六~一九二七年の中国旅行日記を中心に ―  研文出版  2018/02/28 
笙野頼子『猫道』  講談社文芸文庫  2017/03/13 
戦時上海グレーゾーン  勉誠出版  2017/02/10 
昭和前期女性文学論  翰林書房  2016/10/15 
笙野頼子『幽界森娘異聞』  講談社文芸文庫  2013/12/10 
View details...

Papers (Number of the published data : 21)
村上春樹とイタリア―『遠い太鼓』ローマ編、『ノルウェイの森』誕生の地探訪記  MURAKAMI REVIEW(オンライン雑誌)  2018/10/31 
田村(佐藤)俊子における『女声』―「信箱」「余声」を中心に(下)  札幌大学総合研究  2016/03/31 
田村(佐藤)俊子における『女声』―「信箱」「余声」を中心に(上)  札幌大学総合研究  2015/12/20 
田村(佐藤)俊子、行為体としての『女声』創刊―川から海へ  札幌大学総合研究  2015/03/31 
北海道と村上春樹  『北海道を見つめて―文学・自然体験・観光』  2014/03/31 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 11)
Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others  村上春樹作品における消滅について  第1回村上春樹研究セミナー 物語・記憶・場所  2018/09/29 
Oral presentation(general)  田村俊子『女声』の背景―1920年代と1940年代の日中女性関係の温度差を軸にして  昭和文学会春季大会(台湾日本語文学会との姉妹学会締結記念国際シンポジウム)  2018/06/16 
Oral presentation(general)  村上春樹文学における共鳴―ハツミ、ユズを中心に  第7回村上春樹国際シンポジウム  2018/05/27 
Oral presentation(general)  村上春樹作品における〈妻〉―『騎士団長殺し』を中心に  日本近代文学会 北海道・東北地区合同研究集会  2017/07/29 
Oral presentation(general)  「スリップする私」笙野頼子・初期作品『タイムスリップ・コンビナート』における方法  日本大学国文学会大会  2017/07/01 
View details...

Research expenses (Number of the published data : 5)
Grant-in-Aid for Scientific Research  ジェンダーからみる近代日中女性関係史の総合的研究―月曜クラブと一土会を中心に  2017/04/01-2020/03/31 
Grant-in-Aid for Scientific Research  女性記者・竹中繁のつないだ近代中国と日本―一九二六~二七年の中国旅行日記を中心に―  2017/04/01-2018/02/28 
Grant-in-Aid for Scientific Research  近代日中女性関係史におけるジェンダー構築の総合的研究―竹中繁を中心として  2014/04/01-2017/03/31 
Grant-in-Aid for Scientific Research  中日文化協会上海分会と関連文学者・文化人に関する基礎的・総合的研究  2013/04/01-2015/03/31 
Grant-in-Aid for Scientific Research  戦時上海の文芸文化と邦字新聞「大陸新報」に関する多角的研究  2007/04/01-2009/03/31 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 4)
日本近代文学会 
昭和文学会 
ジェンダー史学会  2016/04/01-Present 
日本大学国語国文学会  2016/04/01-Present 
View details...