日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Sports Sciences 
Department of competitive sports 

Updated : 2019/11/20 
Assistant Professor 
HARA Reira 

Birth:1987  

Career (Number of the published data : 7)
早稲田大学  スポーツ科学研究科  リサーチアシスタント  2012/04/16-2014/08/08 
慶應義塾大学  非常勤講師  2014/04/01-2015/03/31 
早稲田大学  重点領域研究機構アクティヴ・エイジング研究所  研究助手  2014/10/01-2016/03/31 
東洋大学  法学部  非常勤講師  2015/04/01-2017/03/31 
日本大学  スポーツ科学部  助教  2016/04/01-2019/03/31 
日本オリンピック委員会  専任コーチングディレクター  2018/04/01-2019/03/31 
日本大学  スポーツ科学部  専任講師  2019/04/01-Present 

Academic background (Number of the published data : 3)
早稲田大学  スポーツ科学部  スポーツ医科学科  2010/03/15  Graduated  Domestic 
早稲田大学大学院  スポーツ科学研究科  Master course  2012/03/15  Completed  Domestic 
早稲田大学大学院  スポーツ科学研究科  Doctor later  2015/03/15  Completed  Domestic 

Licenses and qualifications (Number of the published data : 6)
日本ライフセービング協会CPRインストラクター  2012/04/15 
日本ライフセーバイング協会ウォーターセーフティーインストラクター  2012/04/15 
日本ライフセービング協会サーフライフセービングインストラクター  2012/04/15 
日本水泳連盟公認競技役員  2014/05/25 
日本水泳連盟公認基礎水泳指導員資格  2018/04/01 
日本水泳連盟公認水泳コーチ  2019/10/01 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Sports science 

Bibliography (Number of the published data : 3)
水泳大全  東洋館出版社  2018/10/01 
Sports Performance  Springer  2015 
オープンウォータースイミング教本 改訂版  大修館書店  2014/07/01 
View details...

Papers (Number of the published data : 33)
OWS第95回日本選手権水泳競技大会  月刊水泳  2019/10 
Open water swimming 日本の4選手が望む上位10位=東京五輪出場権  SWIMMING MAGAZINE  2019/08 
OWSオーシャンズカップ2019  月刊水泳  2019/06 
OWS FINAマラソンスイミングワールドシリーズドーハ大会  月刊水泳  2019/03 
Pan Pacs 2018 Tokyo 夏の2大国際大会リポート  SWIMMING MAGAZINE  2018/10 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 22)
Oral presentation(general)  オープンウォータースイミングトップ選手の乳酸性作業閾値と競技成績の関係について  東京体育学会  2019/03/10 
Poster presentation  自転車エルゴメーターを用いた牽引力とクロール泳速度の関係について  桜門体育学会  2019/01/27 
Poster presentation  本学水泳部の最大酸素摂取量について  桜門体育学会  2019/01/27 
Poster presentation  ボクシング選手の最大酸素摂取量について  桜門体育学会  2019/01/27 
Poster presentation  Arm Coordination Symmetry of Open-water Swimming strokes in expert swimmer and unskilled swimmer: A pilot Study on sensor availability.  The 23rd annual Congress of the European College of Sport Science.  2018/07 
View details...

Prizes (Number of the published data : 1)
日本水泳・水中運動学会 発表奨励賞  2013/11/03  Domestic 
View details...

Research expenses (Number of the published data : 1)
Grant-in-Aid for Scientific Research  オープンウォータースイミングトップ選手の生理学的特性と競泳競技への影響について  2018/04/01-2022/03/31 
View details...

Other research achievements (Number of the published data : 10)
FINAマラソンスイミングワールドシリーズドーハ大会 オープンウォータースイミング日本代表総務  2019/02/16-Present 
第13回パンパシフィック水泳選手権 オープンウォータースイミング日本代表総務  2018/08/14-Present 
リオデジャネイロ五輪 オープンウォータースイミング日本代表総務  2016/08/15-2016/08/16 
2015年度OWS全豪選手権 オープンウォータースイミング日本代表総務  2016/02/12-Present 
FINAマラソンスイミングW杯香港大会 オープンウォータースイミング日本代表総務  2015/10/17-Present 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 5)
スポーツ実技(コンバインド) 
競技スポーツ実習Ⅲ 
競技スポーツ方法実習Ⅰ 
スポーツ実技(コンバインド) 
競技スポーツ実習Ⅳ 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 3)
日本体育学会  2016-Present 
日本水泳・水中運動学会  2013-Present 
日本体力医学会  2010-Present 
View details...