日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Sports Sciences 
Department of competitive sports 

Updated : 2020/04/08 
Professor 
MORIOKA Yasunori 

Birth:1969  
My website is here.  

Career (Number of the published data : 3)
財団法人日本体育協会  スポーツ科学研究室  研究員  1995/04/01-2010/03/31 
公益財団法人日本体育協会  スポーツ科学研究室  主任研究員  2010/04/01-2012/03/31 
公益財団法人日本体育協会  スポーツ科学研究室  室長代理  2012/04/01-2016/03/31 

Academic background (Number of the published data : 2)
Ibaraki University  教育学部  中学校教員養成課程体育科  1992/03/31  Graduated  Domestic 
University of Tsukuba  体育研究科  コーチ学専攻  Master course  1994/03/31  Completed  Domestic 

Licenses and qualifications (Number of the published data : 2)
中学校教員専修免許状(保健体育)  1992/03 
高等学校教員専修免許状(保健体育)  1992/03 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Sports science 

Research keywords (Number of the published data : 6)
コーチング 
トレーニング 
タレント発掘・育成・トランスファー 
陸上競技 
スポーツバイオメカニクス 
体力科学 

Bibliography (Number of the published data : 24)
Coaching Theory for Athletics  大修館書店  2020/02/01 
日本陸上競技連盟・競技者育成プログラム  公益財団法人日本陸上競技連盟  2019/11/22 
スポーツと君たち―10代のためのスポーツ教養  大修館書店  2019/08/20 
グッドコーチになるためのココロエ  培風館  2019/07/12 
健幸華齢のためのスマートライフ  サンライフ企画  2019/06/30 
View details...

Papers (Number of the published data : 128)
発育期の運動・スポーツ実施に関する研究動向について  日本スポーツ協会・スポーツ医・科学研究報告  2020/03 
世界選手権ドーハ大会における競技パフォーマンス分析―女子ハードル種目における予選から決勝にかけての記録の変化に着目して―  陸上競技研究紀要  2020/03 
世界選手権ドーハ大会における競技パフォーマンス分析―男子ハードル種目における予選から決勝にかけての記録の変化に着目して―  陸上競技研究紀要  2020/03 
高校生エリート陸上選手におけるサプリメント使用状況  陸上競技研究紀要  2020/03 
一流 110 mハードル走選手のレースパターンと 競技パフォーマンスの関係:レース局面に基づく検討  体育学研究  2019/12 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 79)
Oral presentation(keynote)  未来のアスリートを育成するために必要なこと  第173回日本体力医学会関東地方大会(誌上開催)  2020/03 
Oral presentation(keynote)  ポスト2020 Tokyoにおけるスポーツ科学  大阪体育学会第58回大会(誌上開催)  2020/03 
Symposium workshop panel(public)  高等教育における「体育」の役割—大学体育と生涯スポーツの接続—(【特別シンポジウム】身体教育再考-大学における一般体育の在り方と今後の展望-)  日本大学文理学部FD研修会  2019/12/14 
Symposium workshop panel(nominated)  日本陸上競技連盟における競技者育成指針の策定プロセスについて(シンポジウム②:ジュニア期における望ましい競技者育成の在り方とは)  日本陸上競技学会 第17回大会  2018/11/11 
Symposium workshop panel(nominated)  コーチ養成のための「モデル・コア・カリキュラム」の実質化に向けて(シンポジウム1:これからのコーチ養成に期待するもの)  日本コーチング学会第29回大会  2018/03/21 
View details...

Prizes (Number of the published data : 3)
第20回秩父宮記念スポーツ医・科学賞(奨励賞)  2018/03/23  Domestic 
日本コーチング学会賞  2012/03  Domestic 
第1回秩父宮記念スポーツ医・科学賞(奨励賞)  1998/03  Domestic 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 9)
アスリートキャリアデザインⅠ 
チームマネジメント論演習 
ゼミナールⅠ 
チームマネジメント論 
アスリートキャリアデザインⅡ 
View details...

Social activities (Number of the published data : 41)
第2回ジュニアスポーツフォーラム(B分科会:子どもたちのスポーツ指導現場に動きの質の観点や評価を導入する意義)  2019/06/16-Present 
公認ジュニアスポーツ指導員養成講習会(第1章・概論)  2018/09-Present 
佐賀県体育協会スポーツ指導者講演会(ジュニア期のスポーツ指導に求められること)  2018/01/21-Present 
佐賀市少年スポーツ指導者・保護者講演会(ジュニア期のスポーツ指導に求められること)  2017/03/04-Present 
茨城県公認スポーツ指導者研修会(ジュニア期のスポーツ指導に求められること ?アクティブ・チャイルド・プログラムのこれまでとこれから?)  2017/02/05-Present 
View details...

Media Coverage (Number of the published data : 23)
早生まれでも競技続けて・日本陸連が新育成指針  2019/01/28 
「早生まれ」の子どもに対応 日本陸連が初の育成指針  2018/12/03 
高校総体2017 変わる部活(上)「世界狙え」種目変更促す  2017/07/19 
日本陸連,20年東京五輪へ向け指導者育成  2014/11/26 
(スポーツシンポ)子どもの体力低下について考える  2013/12/02 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 14)
日本発育発達学会  2013/04-Present 
日本コーチング学会  2005/03-Present 
日本陸上競技学会  2002/10-Present 
The International Society of Biomechanics in Sports(ISBS)  2002/02-2010/12 
日本トレーニング科学会  1999/04-Present 
View details...