日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Sports Sciences 
Department of competitive sports 

Updated : 2019/03/19 
Professor 
AOYAMA Aki 

Birth:1965  

Career (Number of the published data : 4)
聖徳大学短期大学部助手  1988/04/01-1992/03/31 
東京造形大学非常勤講師  1994/04/01-1996/03/31 
青山学院大学非常勤講師  2014/04/01-Present 
日本大学スポーツ科学部  2016/04/01-Present 

Academic background (Number of the published data : 1)
筑波大学大学院修士課程体育研究科  1994/03  Completed  Domestic 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Sports science 

Research keywords (Number of the published data : 1)
トレーニングピリオダイゼーション オリンピックサイクル  

Bibliography (Number of the published data : 3)
コーチング学への招待  大修館書店  2017/04/10 
「コーチング戦略」  八千代出版  2008/05 
「陸上競技を科学する」  道和書院  1999/03 
View details...

Papers (Number of the published data : 44)
日本学生トップレベル投てき競技者の試合展開に関する考察  陸上競技研究  2016/09/30 
東京オリンピックを成功へ導くためのトレーニング学的戦略 ―年間トレーニングのピリオダイゼーションとオリンピックサイクルを考える―  陸上競技学会誌  2016/03/31 
最重要試合での達成力形成における今日的課題  陸上競技学会誌  2015/03/31 
「スポーツトレーニング学における臨戦態勢―スポーツフォーム・ピークスポーツフォーム」  陸上競技学会誌  2014/03/31 
「トップアスリートとコーチのための”ブロックピリオダイゼーション”のモデルプラン」  陸上競技学会誌  2014/03/31 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 9)
Oral presentation(general)  ウクライナ、カザフスタン共和国における上級コーチ養成プログラム  日本コーチング学会第30回学会大会  2019/03/14 
「スポーツトレーニング学における臨戦態勢―スポーツフォーム・ピークスポーツフォーム」  日本陸上競技学会 第12回大会  2013/12 
「片脚ドロップジャンプの踏切動作の相違が跳躍高, 踏切時間, 遂行能力に与える影響に関する研究」  日本陸上競技学会 第7回大会  2008/08 
「学生上級競技者の戦術力に関する研究」  日本陸上競技学会 第5回大会  2006/09 
「主観的努力度合いが砲丸投の客観的出力に与える影響-立ち投げの場合-」  日本陸上競技学会 第4回大会  2005/09 
View details...

Prizes (Number of the published data : 1)
日本陸上競技学会 学会賞  2010/12/05  Domestic 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 7)
トレーニング学原論 
トレーニング計画論 
試合論 
トレーニング計画論演習 
トレーニング学原論 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 3)
日本陸上競技学会 
日本コーチング学会 
日本体育学会 
View details...