English
日本大学 
薬学部 
薬学科 

更新日:2020/01/16 
助教 
小沼 直子 
オヌマ ナオコ 
ONUMA NAOKO 

1991年生まれ  

経歴 (公開件数:2件)
日本大学薬学部  健康・スポーツ科学研究室(教養系)  助教  2016/04/01-現在 
日本大学理工学部非常勤講師  2017/04/01-現在 

学歴 (公開件数:2件)
日本大学  文理学部  体育学科  2013/03/31  卒業  国内 
日本大学  文学研究科  教育学専攻(体育学コース)  修士  2015/03/31  修了  国内 

研究分野 (公開件数:2件)
スポーツ科学 
応用健康科学 

研究キーワード (公開件数:7件)
運動 
メタボリックシンドローム 
エネルギー代謝 
パラチノース 
コーヒー 
肥満 
アンチ・ドーピング 

共同・受託研究実績 (公開件数:1件)
パラチノースまたはショ糖経口投与後のエネルギー代謝関連遺伝子動態の解析-肥満モデルラットを用いた検討-  2018-現在 
詳細表示...

論文 (公開件数:7件)
Attitudes toward anti-doping education among coaches of youth athletes  J Sports Med Doping Stud  2019 
大学生におけるドーピング及びスポーツファーマシストへの意識調査に関する研究  桜門体育学研究  2019 
Effects of combined therapy of ACE inhibitor and exercise on cardiovascular functions and morphology of the heart and kidneys in SHR  J Phys Fitness Sports Med  2019 
Involving Pharmacists in Japanese Athletes’ Self-Medication.  J Sports Med Doping Stud  2018 
過体重の若年男性は、高強度運動後に8-isoprostaneが上昇する  体育学研究  2015 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:23件)
ポスター発表  Pre-exercise ingestion of isomaltulose increases energy expenditure with enhancing fat oxidation in healthy young adult  AMERICAN COLLEGE of SPORTS MEDICINE 66th Annual Meeting  2019/05/31 
口頭発表(一般)  薬剤師の職能としてのアスリートへの服薬支援  日本薬学会第139年会  2019/03/21 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  コーヒー成分と健康効果  "未来へのバイオ技術" 勉強会「カフェと健康長寿~機能性、コホート研究から商品設計まで~」  2018/11/26 
口頭発表(一般)  運動前のコーヒー摂取が血中カフェイン濃度および脂質・エネルギー代謝に及ぼす影響  平成30年度日本大学薬学部学術講演会  2018/11/03 
ポスター発表  日本のドーピング陽性率を低下させるための薬剤師の役割について  日本社会薬学会第37年会  2018/10/08 
詳細表示...

研究費 (公開件数:1件)
学内研究費  月経周期が女性アスリートの安静時及び運動時代謝に及ぼす影響  2019/05/31-2020/03/31 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:4件)
スポーツ科学実技Ⅰ 
スポーツ科学実技Ⅱ 
スポーツ科学実技Ⅲ 
卒業研究 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:3件)
日本体力医学会  2016-現在 
桜門体育学会  2013-現在 
日本体育学会  2013-現在 
詳細表示...