English
日本大学 
生物資源科学部 
生命化学科 

更新日:2020/09/15 
助手 
増澤(尾﨑) 依 
マスザワ(オザキ) ヨリ 
Ozaki-Masuzawa Yori 

経歴 (公開件数:4件)
日本学術振興会 特別研究員(DC1)  2008-2011 
米国ウッズホール海洋生物学研究所  Visiting Scientist  2010-2010 
明治大学  農学部 農芸化学科  研究推進員(博士研究員)  2011-2016 
日本大学  生物資源科学部 生命化学科  助手  2016-現在 

学歴 (公開件数:3件)
日本大学  生物資源科学部  海洋生物資源科学科  2006  卒業  国内 
東京大学  農学生命科学研究科  水圏生物科学専攻  修士  2008  修了  国内 
東京大学  農学生命科学研究科  水圏生物科学専攻  博士  2011  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(農学)  東京大学  2011 

著書 (公開件数:1件)
Chemistry of Korean Foods and Beverages.  ACS Books  2019 
詳細表示...

論文 (公開件数:17件)
Garlic oil suppresses high fat diet induced obesity in rats through the upregulation of UCP 1 and the enhancement of energy expenditure.  Experimental and Therapeutic Medicine  2020  10.3892/etm.2019.8386 
Diallyl trisulfide inhibits platelet aggregation through the modification of sulfhydryl groups.  Journal of Agricultural and Food Chemistry  2020  10.1021/acs.jafc.9b05557 
Dietary protein restriction increases hepatic leptin receptor mRNA and plasma soluble leptin receptor in male rodents.  PLOS ONE  2019/07/15  10.1371/journal.pone.0219603 
Branched-chain amino acid supplementation restores reduced insulinotropic activity of a low-protein diet through the vagus nerve in rats.  Nutrition & Metabolism  2017  10.1186/s12986-017-0215-1 
Effects of pharmacological inhibition of plasminogen binding on liver regeneration in rats.  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry  2017  10.1080/09168451.2017.1372180 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:105件)
魚油は抗肥満作用を介してアルツハイマー病モデルマウスの脳内炎症と認知機能を改善する.  第74回日本栄養・食糧学会大会  2020/05/17 
メタボロミクスを用いた非アルコール性脂肪肝炎の発症機構の解析.  第74回日本栄養・食糧学会大会  2020/05/17 
ガーリック由来香気成分の抗肥満作用と白色脂肪細胞の脂質代謝関連酵素に及ぼす影響.  第74回日本栄養・食糧学会大会  2020/05/16 
システイン残基の修飾に着目したガーリック由来香気成分の抗炎症メカニズムの解明.  第74回日本栄養・食糧学会大会  2020/05/16 
脂質の量や質がマウスの摂餌行動に及ぼす影響.  第74回日本栄養・食糧学会大会  2020/05/16 
詳細表示...

受賞 (公開件数:2件)
2014年B.B.B. 論文賞  2015  国内 
2010年度 東京大学大学院 農学生命科学研究科長賞(博士課程)  2011  国内 
詳細表示...

研究費 (公開件数:1件)
文部科学省科学研究費  タンパク質低栄養が誘導するFGF21の新しい脂質代謝制御機構  2016/04/01-2018/03/31 
詳細表示...