English
日本大学 
文理学部 
化学科 

更新日:2020/07/02 
教授 
桒原 正靖 
クワハラ マサヤス 
KUWAHARA Masayasu 

個人ウェブサイトはこちら  

経歴 (公開件数:9件)
国立 岡山大学  工学部  非常勤講師  1999/04/01-2000/03/31 
米国バージニア大学  化学科  博士研究員  2000/04/01-2001/05/31 
国立 群馬大学  工学部 応用化学科  助手  2001/06/01-2004/03/31 
国立大学法人 群馬大学  工学部 応用化学科  助手  2004/04/01-2007/03/31 
独立行政法人 科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「構造機能と計測分析」領域(寺部 茂 研究総括)  さきがけ研究者(兼任)  2004/10/01-2008/03/31 
国立大学法人 群馬大学  大学院工学研究科  助教  2007/04/01-2009/11/30 
国立大学法人 群馬大学  大学院工学研究科  准教授  2009/12/01-2013/03/31 
国立大学法人 群馬大学  大学院理工学府  准教授  2013/04/01-2018/03/31 
学校法人 日本大学  文理学部 化学科  教授  2018/04/01-現在 

学歴 (公開件数:3件)
国立 岡山大学  工学部  生体機能応用工学科  1994/03  卒業  国内  日本 
国立 岡山大学  大学院工学研究科  生体機能応用工学専攻(修士課程)  1996/03  修了  国内  日本 
国立 岡山大学  大学院自然科学研究科  生物資源科学専攻(博士課程)  1999/03  修了  国内  日本 

学位 (公開件数:1件)
博士(学術)  岡山大学  1999/03/25 

免許・資格 (公開件数:4件)
中学校教諭一種免許状(理科)  1994/03 
高等学校教諭一種免許状(理科)  1994/03 
中学校教諭専修免許状(理科)  1996/03 
高等学校教諭専修免許状(理科)  1996/03 

研究分野 (公開件数:4件)
分析化学 
ケミカルバイオロジー 
生物分子化学 
生体関連化学 

研究キーワード (公開件数:5件)
バイオ分析 
核酸アプタマー 
ゼノ核酸 
分子プローブ 
等温シグナル増幅 

著書 (公開件数:5件)
Modified nucleic acids in biology and medicine: RNA technologies (Volker A. Erdmann, Wojciech T. Markiewicz, Jan Barciszewski, editors).  Springer, Heidelberg  2016 
Chemical biology of nucleic acids: RNA technologies (Volker A. Erdmann, Wojciech T. Markiewicz, Jan Barciszewski, editors).  Springer, Heidelberg  2014 
DNA sequencing–methods and apprications (Anjana Munshi, editor).  INTECH-Open Access Publisher, Croatia  2012 
Frontiers in organic chemistry. Volume 1 (Atta-ur-Rahman, Yoshihiro Hayakawa, editors).  Bentham Science Publishers Ltd., Sharjah.  2005 
Self-assembling peptide systems in biology, medicine and engineering (Amalia Aggeli, Neville Boden, and Shuguang Zhang, editors).  Kluwer Academic Publishers, Boston.  2001 
詳細表示...

論文 (公開件数:42件)
A high affinity modified DNA aptamer containing base-appended bases for human β-defensin.  Anal Biochem.  2020/04/01  10.1016/j.ab.2020.113627 
Fluorescence Polarization-Based Rapid Detection System for Salivary Biomarkers Using Modified DNA Aptamers Containing Base-Appended Bases.  Anal Chem.  2020/01/21  10.1021/acs.analchem.9b03450 
In situ condensation of an anti-cancer drug into fibrin gel enabling effective inhibition of tumor cell growth.  Chem Commun  2019/09/16  10.1039/c9cc06418d 
Seconds-​resolved pharmacokinetic measurements of the chemotherapeutic irinotecan in situ in the living body  Chem Sci.  2019/07/22  10.1039/c9sc01495k 
High-Contrast Facile Imaging with Target-Directing Fluorescent Molecular Rotors, the N3-Modified Thioflavin T Derivatives.  Biochemistry  2019/02/12  10.1021/acs.biochem.8b01181 
詳細表示...

受賞 (公開件数:1件)
文部科学大臣表彰若手科学者賞  2009/04  国内 
詳細表示...

メディア報道 (公開件数:8件)
30分で感染判定 新検査法を開発(朝日新聞・朝刊・第16面)  2020/07/01 
経済再開へ“開国”のカギは?(テレビ東京・ワールドビジネスサテライト)  2020/06/25 
コロナ新診断法実用化へ 塩野義製薬と契約(上毛新聞・日刊・第1面)  2020/06/23 
新型コロナ 30分以内に感染判定 新検査法開発 実用化へ(NHKニュース)  2020/06/22 
感染検査「SATIC法」実用化へ PCRと変わらない精度(テレ朝ニュース)  2020/06/22 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:7件)
American Chemical Society (ACS) 
International Society for Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids (IS3NA) 
日本化学会 
日本分析化学会 
日本核酸化学会 
詳細表示...