共同・受託研究実績
公開件数:14件

No.1
共同・受託研究実績テーマ 交通インパクトの社会学的効果に関する研究-量と質とビジュアルの混合研究法-
代表研究者名 後藤 範章
共同研究者名
研究期間 2014-2018
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国内共同研究
成果

No.2
共同・受託研究実績テーマ 東日本大震災と日本社会の再建-地震、津波、原発震災の被害とその克服の道
代表研究者名 加藤 眞義
共同研究者名
研究期間 2012-2016
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国内共同研究
成果

No.3
共同・受託研究実績テーマ 原発事故に伴う広域避難と支援の社会学―「転換後」の社会像と生き方モデルの探究
代表研究者名 後藤 範章
共同研究者名
研究期間 2012-2014
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国内共同研究
成果

No.4
共同・受託研究実績テーマ 危機的調査環境下における新たな社会調査手法の開発
代表研究者名 大谷信介 関西学院大学・社会学部・教授
共同研究者名 後藤範章 日本大学・文理学部・教授/木下栄二 桃山学院大学・社会学部・教授/小松洋 松山大学・人文学部・教授/永野武 松山大学・人文学部・准教授
研究期間 2005-2008
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国内共同研究
成果 『危機的調査環境下における新たな社会調査手法の開発(2005-08年 科学研究費補助金 基盤研究(A) 成果報告書』2009年6月

No.5
共同・受託研究実績テーマ 実践的社会調査教育方法構築のための実証的研究
代表研究者名 大谷信介 関西学院大学・社会学部・教授
共同研究者名
研究期間 2001-2004
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国内共同研究
成果

No.6
共同・受託研究実績テーマ 調査環境悪化の下での世帯調査手法及び標本設計の在り方に関する研究
代表研究者名 清水浩昭日本大学教授
共同研究者名
研究期間 1999-2000
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国内共同研究
成果 『調査環境悪 化の下での世帯調査手法及び標本設計の在り方に関する研究』2000年3月

No.7
共同・受託研究実績テーマ 高齢者の保険福祉に関する総合的調査研究
代表研究者名 清水浩昭日本大学文理学部教授
共同研究者名
研究期間 1997-1998
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 学内共同研究
成果 『高齢者の保険福祉に関する総合的調査研究報告書』1998年3月

No.8
共同・受託研究実績テーマ 鉄道交通のもたらす社会・文化的効果に関する実証的研究
代表研究者名 後藤範章
共同研究者名
研究期間 1996-1997
共同・受託研究種別 受託研究
共同・受託研究実施形態 学内共同研究
成果 後藤範章「交通インパクトの社会学的効果に関する実証的研究-埼玉県戸田市における埼京線 開業後十二年間の地域社会変動-」『社会学論叢』No.130、1997年12月:37-57

No.9
共同・受託研究実績テーマ メトロポリタニゼーションの歴史的推移と社会的効果に関する実証的研究
代表研究者名 鷹取昭日本大学文理学部教授
共同研究者名
研究期間 1990-1993
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 学内共同研究
成果 『メトロポリタニゼーションの歴史的推移と社会的効果に関する実証的研究』1993年3月

No.10
共同・受託研究実績テーマ 世界の都市化の現状と将来動向
代表研究者名 小島勝衛日本大学理工学部教授
共同研究者名
研究期間 1990-1993
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国際共同研究
成果 小島勝衛・永野征男編『都市化の現状と将来』大明堂、1995年3月

No.11
共同・受託研究実績テーマ 離島及び山間僻地における開発と社会・文化変容
代表研究者名 矢田大雄日本大学文理学部教授
共同研究者名
研究期間 1990-1992
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 学内共同研究
成果 矢田大雄・夏刈康男・後藤範章・松岡雅裕共著『島と山村の開発と生活史』いなほ書房、1993年7月

No.12
共同・受託研究実績テーマ 長寿社会における男女別の意識の傾向に関する調査研究
代表研究者名 三浦文夫日本社会事業大学教授
共同研究者名
研究期間 1988-1989
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 学内共同研究
成果 総務庁老人対策室編『長寿社会と男女の役割・意識』大蔵省印刷局、1990年6月

No.13
共同・受託研究実績テーマ 現代日本文化の特質に関する研究-家族の国際比較を通して-
代表研究者名 矢田大雄日本大学文理学部教授
共同研究者名
研究期間 1987-1990
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国際共同研究
成果 『現代日本文化と家族』日本大学総合科学研究所、1992年3月

No.14
共同・受託研究実績テーマ 生活水準の歴史的分析
代表研究者名 門脇厚司筑波大学教授
共同研究者名
研究期間 1985-1988
共同・受託研究種別 共同研究
共同・受託研究実施形態 国内共同研究
成果 『生活水準の歴史的分析』総合研究開発機構、1988年2月