日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Humanities and Sciences 
Department of Physical Education 

Updated : 2019/11/04 
Professor 
AOYAMA Kiyohide 

 

Academic background (Number of the published data : 1)
Nihon University  Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities)  体育  1992  Domestic 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Sports Science 

Research keywords (Number of the published data : 5)
coaching 
training 
Phenomenology 
movement 
structure 

Subject of research (Number of the published data : 2)
Effects of the Subjective Intensity to the Body Segments Contribution in the Sports Movements 
A Phenomenological Study of Movement Structure 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 9)
Coacung theory  大修館書店  2017/04/10 
スプリント学ハンドブック  西村出版  2018/02/26 
21世紀スポーツ大事典  大修館書店  2015/01/20 
スポーツ科学事典  平凡社  2006/09/25 
コーチング戦略  八千代出版  2008/05/20 
View details...

Papers (Number of the published data : 69)
国内一流走幅跳選手におけるパフォーマンスに影響を与える質的要因と量的要因の関係に関する事例的研究  体育学研究  2009/06 
上級走幅跳選手におけるパフォーマンスに影響を与えるバイオメカニクス的要因とコーチの他者観察内容の関係  スポーツ方法学研究  2009/03 
コーチング実践におけるテクストとしての科学的データの意義  陸上競技学会誌  2008/07 
我が国の陸上競技研究における現象学的・人間学的研究の動向  陸上競技学会誌  2003 
短距離走における運動感に基づく戦術トレーニングに関する運動学的考察  スポーツ運動学研究  2001 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 55)
Oral presentation(general)  コミュニケーション能力の向上に対する人間学的運動学習の可能性  日本臨床教育学会第9回大会  2019/10/19 
Poster presentation  Effectiveness of mechanical energy utilization during lifting phase of squat  XXVII Congress of the International Society of Biomechanics  2019/08/03 
Oral presentation(general)  ウクライナ、カザフスタン共和国における上級コーチ養成プログラム  日本コーチング学会第30回大会  2019/03/13 
Poster presentation  世界一流陸上競技者におけるオリンピック大会のパフォーマンス発揮に関するトレーニング学的研究  日本体育学会第67回大会  2016/08/26 
Poster presentation  ファント動作における剣先速度と腕の伸展動作及び脚の力発揮の関係  日本体育学会第67回大会  2016/08/26 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 8)
日本現象学会 
日本文理シナジー学会 
日本感性工学会 
日本スポーツ運動学会 
日本スプリント学会 
View details...