日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Humanities and Sciences 
Department of Physical Education 

Updated : 2016/03/31 
Professor 
MORI Akio 

My website is here.  

Other affiliation / position (Number of the published data : 4)
College of Humanities and Sciences  Department of Physical Education  NPO法人四條司家食文化協会理事 
College of Humanities and Sciences  Department of Physical Education  一般財団法人親学推進協会評議員 
College of Humanities and Sciences  Department of Physical Education  一般社団法人教育問題国民会議理事 
College of Humanities and Sciences  Department of Physical Education  学校法人日本大学評議員 

Profile
日本大学医学部所属中に、脳の研究を行うために東京都神経科学研究所研究員として島村宗夫研究所研究副所長のもとで脳幹を中心とした研究を行う。
特に呼吸位相による大脳皮質の研究では、呼吸位相で大脳皮質から誘発される脳電位が変化することを明らかにする。
ロックフェラー大学では、リサーチフェローとして、ノーベル選考委員でもあったHiroshi Asanuma教授のもとで動物実験による大脳皮質の運動出力の研究や、体性感覚野と運動野間の皮質-皮質投射の研究を行う。
帰国後は、日大医学部の生理学教室から歯学部の生理学教室において実験による視床-皮質投射系についての研究、およびWGA-HRP法による視床-皮質投射系について研究、またヒトの随意運動についての研究も行う。
日本大学文理学部に移籍してからも動物実験により発見した第5番目の体性感覚野について研究を行った。また、ヒトを中心とした研究を脳波のβ波に注目して行っている。
ここ数年米国で開催された神経科学科から、脳波の研究が増加し、その中でもβ波の研究が目立つようになってきた。これは、旧来の生理学的研究による開眼でβ波増加するというレベルではなく認知や意思決定などに関与することが明らかにされてきている。 

Career (Number of the published data : 15)
日本大学医学部助手(第1生理学教室勤務)  1971/03/01-1978/03/31 
国立療養所東京病院付属リハビリテーション学院非常勤講師(生理学)  1972/10/01-1976/03/31 
日本大学文理学部非常勤講師(解剖及び生理学)  1975/04/01-1995/03/31 
日本大学文理学部非常勤講師(運動生理学)  1977/10/01-1995/03/31 
日本大学医学部講師(第1生理学教室勤務)  1978/04/01-1983/09/30 
The Rockefeller Universityリサーチフェロー  1980/01-1981/12 
The Rockefeller Universityリサーチフェロー  1982/07-1982/09 
日本大学歯学部講師(生理学)  1983/10/01-1991/07/31 
Queen's University生理学研究室客員教授  1991/07-Present 
日本大学文理学部助教授  1991/08/01-1998/03/31 
日本大学歯学部兼担当助教授(生理学)  1995/04/01-1998/03/31 
日本大学文理学部教授  1998/04/01-Present 
日本大学大学院文学研究科 (教育学専攻体育学コース) 分科委員  1998/04-Present 
日本大学大学院総合社会情報研究科 (人間科学専攻) 兼担教授  1999/04-2001/03 
日本大学大学院文学研究科 (教育学専攻体育学コース) 主任  2001/04-2006/03 

Academic background (Number of the published data : 1)
Nihon University  Graduate School, Division of Letters  教育学  1971  Domestic 

Current state of research and teaching activities
脳科学を中心として特に前頭前野の働きを専門としています。
発育・発達、認知症の研究およびゲームやネットが脳に及ぼす影響について研究を行っています。また、認知症予防および遅延効果について調べています。
さらに、皮質ー皮質投射についての研究も行っています。 

Research Areas (Number of the published data : 5)
Changes in cerebral cortex with the development of infants 
General Neuroscience 
Cerebral Nerve Science 
General Physiology 
Motor control 

Research keywords (Number of the published data : 5)
prefrontal area 
MRCP 
Human 
Dementia 
EEG 

Subject of research (Number of the published data : 2)
Activity of the prefrontal cortex  1998/01/01-Present 
Analysis of the Electro Encephalon Gram in Dementia  1998/01/01-Present 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 19)
ネトゲ脳 緊急事態  主婦の友社  2012/11/30 
運動・認知機能改善へのアプローチ -子どもと高齢者の健康・体力・脳科学-  市村出版  2008/04/19 
「脳力」低下社会 ITとゲームは子どもに何をもたらすか  PHP研究所  2007/10/10 
おとなの「脳トレ」  祥伝社  2007/09/15 
親が育てば子供は育つ  MOKU出版  2007/04/07 
View details...

Papers (Number of the published data : 79)
ゲーム依存症  日本臨牀  2015/09/01 
Effects of training the coincidence-anticipation timing task on response time and activity in the cortical region  Neuroreport  2014/05/07 
Development of Brain of Infants  Education Monitor  2013/06/01 
長時間の視覚探索による大脳皮質の活動の変化  Health and Behavior Sciences  2013/03 
Beta band patterns in the visible and masked sections of the coincidence-anticipation timing task  Neuroreport  2013/01/09 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 261)
Poster presentation  Occurrence pattern of EEG at the on-set of a voluntary movement  Society for Neuroscience 44ndAnnual Meeting  2015/10/20 
Poster presentation  剣道選手と非剣道選手の呼吸位相による脳活動の活動様式  日本健康行動科学会第12回学術大会  2015/09/19 
Poster presentation  The Occurrence pattern of Theta band for natural respiration in humans  第38回日本神経科学大会  2015/07/28 
Poster presentation  A Study on thepower distribution among the theta, alpha and betabands of the electroencephalogramof infants of differentmonthly ages  Society for Neuroscience 43ndAnnual Meeting  2013/11/13 
Poster presentation  The relationship between the human prefrontal motor-output monitoring area and the parietal association area before the EMG onset as monitored on the beta band of an EEG  Society for Neuroscience 42ND Annual Meeting(New Orleans, USA)  2012/10/17 
View details...

Intellectual property rights (Number of the published data : 2)
Patent  個人情報記録の管理プログラム及び管理プログラムを記録した記憶媒体 
Patent  脳波活動定量化計測装置 
View details...

Prizes (Number of the published data : 1)
学会功労賞  2012/10/07  Domestic 
View details...

Social activities (Number of the published data : 115)
NPO法人伝統和文化マナーマイスター協会理事  2011/06-Present 
一般社団法人教育問題国民会議理事  2011/03-Present 
一般財団法人親学推進協会評議員  2009/04-Present 
天皇陛下御即位二十年奉祝委員会奉祝委員  2008/10-Present 
NPO法人四條司家食文化協会理事  2008/04-Present 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 4)
日本健康行動科学会 
日本神経科学会 
Sciety for Neuroscince(米国)  1980/04-Present 
日本臨床神経生理学会  1978/04-Present 
View details...