English
日本大学 
経済学部 
経済学部 

更新日:2020/03/04 
教授 
パウエル リチャード 
パウエル リチャード 
POWELL Richard 

 
個人ウェブサイトはこちら  

学歴 (公開件数:6件)
ケンブリッジ大学  歴史  歴史政治学  1981/06/01  卒業  国外  イギリス 
ロンドン大学SOAS大学院  東洋学部 政治学研究科  政治学科  1986/09  卒業  国外  イギリス 
英国ロースクール  法学部  法律  1989/09  卒業  国外  イギリス 
ケンブリッジダイガク  歴史・人類学研究科  歴史・政治学  修士  1999/05/08  修了  国外  イギリス 
マクオーリ大学  心理学部・言語科学研究科  言語政策  修士  2005  卒業  国外  豪州 
メルボルン大学  教育学部・法学部  教育言語学と法学  博士  2014  卒業  国外  豪州 

学位 (公開件数:6件)
学士 BA  ケンブリッジ大学  1981 
修士MSc  ロンドン大学SOAS大学院  1986 
英国司法資格  ロンドン・ロースクール 
社会学修士  ケンブリッジ大学 
修士  マクオーリ大学  2005 
博士  メルボルン大学  2014 

教育・研究活動状況
法律と言語学:法と言語学会の理事会役員 

研究分野 (公開件数:6件)
言語学と法律 
言語学 
社会法学 
言語学と比較文化 
外国語教育 
国際法学 

研究キーワード (公開件数:19件)
異文化 
COMPARISON 
ATTITUDES 
人権 
言語帝国主義 
異文化 
法律 
マスコミ 
マレーシア 
司法精度 
言語方策 
言語 
司法 
ポストコロニアル 
東南アジア 
司法制度 
コモンロー 
シャリア法 
仲裁 

研究テーマ (公開件数:13件)
異文化及び比較法学から見た日本人と英国人学生に於ける人権問題に対する考え方の違。  1993-1995 
異文化教育とマスコミでの法律に関する映像  1995-1998 
言語規定と帝国主義  1999-2001 
マレーシアの司法制度での言語方策  2002-2005 
ポストコロニアル司法精度での言語変化  2003-2006 
詳細表示...

共同・受託研究希望テーマ (公開件数:2件)
法学/法廷用の英語分析 
ポスト植民地の司法制度での二言語政策 
詳細表示...

共同・受託研究実績 (公開件数:2件)
仲裁制度での言語使用及び談話  2009-2010 
ポスト植民地マレーシアとケニヤの司法制度での言語選択  2003-2007 
詳細表示...

著書 (公開件数:22件)
Law Today .  Harlow: Longman/Pearson (UK).  1993/09 
Viewpoints in Law.  Tokyo:Macmillan Language House  1996/09 
Japanese English as an Asian English: by, for and of the Japanese? Recent debate on the interface between EFL and EIL in Japan.  Chapter in Azirah & Norizah (Eds.) Varieties of English in South East Asia and Beyond. Kuala Lumpur: University of Malaya Press.  2006/10 
Motivations for language choice in Malaysian courtrooms.  Kuala Lumpur:University of Malaya Press (Malaysia)  2008/09 
Bilingual courtrooms: in the interests of justice?  Chapter in Gibbons & Turrell (Eds.) Dimensions of Forensic Linguistics. Amsterdam:John Benjamins.  2008/10 
詳細表示...

論文 (公開件数:20件)
A Comparison between Japan and England of the Legal Status of Amnesty International.  成蹊大学一般研究報告27  1994/12 
Uses of law as a subject for content-based English-language teaching.  桜門論叢  1995/03/15 
Answer machine language use: a preliminary investigation into cross-cultural differences.  研究紀要26  1998/04 
Considering a Framework in which to examine the role of language laws and policies in former British colonies.  研究紀要27  1998/10 
スラザー監督映画の都で行方不明:リメークの落とし穴と異文化間コミュニケーションへの問題提起  成蹊 大学一般研究報告31  1999/01/01 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:78件)
口頭発表(一般)  Crime in the classroom: using film and TV images of law and order in cross-culural studies.  Third Conference of the Association of Language Teachers of the Czech Republic, Kromeris.  1997/09 
ポスター発表  Performing vs Presenting in Voice-Mail and Pager Protocol.  6th International Pragmatics Conference, Reims, France.  1998/07 
口頭発表(一般)  ESP and cross-cultural studies for law students.  1st International ATECR Conference, Prague.  1998/09 
口頭発表(一般)  Angry men and argumentative women: the pros and cons of using film to depict the common law jury system.  LSP 国際会議 Charles University, プラハ市 (チェコ共和国)  1999/09 
口頭発表(一般)  Language planning in Kenya and Malaysia.  SPELT International Conference, Karachi, Pakistan.  2000/10 
詳細表示...

受賞 (公開件数:2件)
Macquarie University International Student Academic Merit Prize  国外 
Academic Exhibition, Peterhouse, Cambridge University.  1980  国外 
詳細表示...

その他研究業績 (公開件数:1件)
民族とゆらぐ人権  1993-現在 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:5件)
Japan Association of Language Teachers 
International Pragmatics Association  2010/01-現在 
Law and Society Association  2008/12-現在 
International Association of World Englishes  2005/10-現在 
International Association of Forensic Linguistics  2003/06-現在 
詳細表示...