English
日本大学 
商学部 
商業学科 

更新日:2017/03/24 
准教授 
芝村 良 
シバムラ リョウ 
SHIBAMURA Ryo 

1973年生まれ  

経歴 (公開件数:3件)
九州大学大学院経済学研究院・助手  2001/04-2003/03 
日本大学商学部・専任講師  2003/04-2007/03 
日本大学商学部・准教授  2007/04-現在 

学歴 (公開件数:2件)
九州大学  経済学部  1996  卒業  国内 
九州大学  大学院 経済学研究科  博士後期  2002  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(経済学)  九州大学 

研究分野 (公開件数:4件)
統計科学 
科学社会学・科学技術史 
経済統計学 
経済統計学 

研究キーワード (公開件数:3件)
推測統計学の理論史的研究 
経済統計学 
統計学と現代社会 

研究テーマ (公開件数:2件)
R.A.Fisherを中心とする推測統計学の理論史的研究 
統計的検定論の社会的受容に関する研究 
詳細表示...

共同・受託研究実績 (公開件数:3件)
日本市場における外資企業の戦略行動に関する比較分析  2007-2008 
地球規模の少子高齢化と社会保護政策への提言  2006-2007 
途上国への適切な社会保障システム導入と各国間連携の推進方策に関する研究  2005-現在 
詳細表示...

著書 (公開件数:2件)
『R. A. フィッシャーの統計理論-推測統計学の形成とその社会的背景-』  九州大学出版会  2004/02 
「人口からみた日本の社会」,近昭夫・岩井浩・福島利夫・木村和範編著 『現代の社会と統計-統計にもつよい市民をめざして-』第2章  産業統計研究社  2006/04 
詳細表示...

論文 (公開件数:14件)
「統計学史」  経済統計学会『統計学』  2006/09 
「数理統計学とデータマイニング」  九州経済学会『九州経済学会年報』  2005/12 
「イギリス数理統計学ゆかりの地を訪ねて」  経済統計学会『統計学』  2004/03 
「R. A. Fisher統計理論の成立過程に関する研究-推測統計学の形成とその社会的背景-」(博士論文)  九州大学  2002/05 
「米国製造業界における統計的品質管理の導入・普及とNeyman-Pearson理論」  九州経済学会『九州経済学会年報』  2001/12 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:18件)
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  「LMSによる学習管理-経済統計学1・2の事例紹介-」  日本大学商学部平成28年度FD講習会-大規模授業におけるアクティブラーニング  2016/11/17 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  「経済統計学1・2におけるLMSの実践」  平成28年度日本大学理事長特別研究第2回全体打合せ会  2016/07/08 
口頭発表(一般)  「戦後日本における数理統計学の受容と批判-標本調査法を題材に-」  経済統計学会第51回全国研究大会  2007/09 
口頭発表(一般)  「戦後日本における数理統計学の受容と批判」  中央大学経済研究所社会情報・社会統計研究会2006年度公開研究会  2007/03 
口頭発表(一般)  「統計学史-50年間の回顧と今後の展望-」  経済統計学会第49回全国研究大会  2005/09 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:4件)
九州経済学会 
International Association for Official Statistics (国際統計協会政府統計部会) 
経済統計学会 
日本統計学会 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:2件)
経済統計学会  理事  2003/09-2008/09 
経済統計学会  学会ホームページ管理運営委員  2002/04-2003/03 
詳細表示...