日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of International Relations 
Department of International Liberal Arts 

Updated : 2018/11/06 
Professor 
TANAKA Tokuichi 

Birth:1949  
 

Career (Number of the published data : 4)
Associate Professor, College of International Relations, Nihon University  1986/04/01-1996/03/31 
Professor, College of International Relations, Nihon University  1996/04/01-Present 
Professor, Graduate School of International Relations, Nihon University  1998/04/01-Present 
Head of Library, College of International Relation, Nihon University  2006/04/01-2015/03/31 

Academic background (Number of the published data : 2)
Nihon University  Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities)  German Literature  1972  Graduated 
Nihon University  Graduate School, Division of Letters  German Literature  1977  Withdrawn after completion of required course credits 

Academic degrees (Number of the published data : 2)
Master of Arts  Nihon University 
Doctor of International Relations  Nihon University 

Current state of research and teaching activities
◎旅回り役者の異文化交流研究

 私は比較演劇を専攻していますが、現在取り組んでいるのが、昭和初期、演劇交流と国際親善に貢献した大阪出身の新派・剣劇役者、筒井徳二郎(1881~1953)の研究です。今日、この人物は歴史の中に埋もれ忘れ去られていますが、あの昭和の世界恐慌の最中、剣劇と歌舞伎を引っ提げ、1年3ヵ月、欧米22ヵ国を巡業して、王侯貴族から一般庶民に至るまで感銘を与え、「世界の剣劇王」とまで称えられました。著名な演劇人ではフランスのコポーやデュラン、ドイツのピスカートアやブレヒト、ロシアのメイエルホリド等、現代演劇の開拓者達がこぞって筒井の芝居を見、多大の刺激を受けています。現在、この旅回り役者の足跡を辿る異文化交流伝を執筆中です。以下にその一端を紹介します。

 第二次大戦前の海外公演と言えば、川上音二郎・貞奴や、ロダンのモデルとなった花子(太田ひさ)がよく取り沙汰されますが、彼らに勝るとも劣らない反響を呼んだ筒井徳二郎の欧米巡業のことは、意外に知られていません。私は10数年来、この役者の全貌を明らかにすべく、科研費などの研究費を受けて、その経歴と国内外の活動を調査してきました。筒井は豊臣時代より19代続いた大阪材木商の老舗の息子でしたが、16歳で勘当されて役者の道に進みます。最初、関西新派の福井茂兵衛に入門し、若い頃は喜多村緑郎、秋月桂太郎等と共演しています。最も活躍するのは大正後期から昭和初期にかけてで、剣劇団の座長として常に80~100名の大一座を抱え、西日本を巡業して大衆的な人気を得ました。

 筒井は確かに旅回りの新派・剣劇役者でしたが、他方、進取の気概に富み、翻訳劇もやれば歌舞伎も新解釈で手掛け、芝居の生き字引、そして芸達者で通っていました。このように芝居に造詣が深く、関西劇界の実力者だった筒井が、海外巡業に打って出たわけです。そのきっかけは、ロサンゼルスの興行会社による渡米公演への招待でした。昭和5年1月、22名で横浜を出港した筒井一行は、世界恐慌の吹き荒れる中、公的支援も受けず、欧米22ヵ国、70余ヵ所を巡る巡業を敢行、各地で大当りをとり、翌年の4月に帰国しています。海外で見せたのは剣劇と歌舞伎の改作物で、内外演劇に通じた宝塚国民座の坪内士行がアドバイスし、アメリカ在住の舞踊家・伊藤道郎が演出したものでした。

 例えば、軍縮を巡って国際連盟の総会が開かれていたジュネーブでは、53ヵ国の代表による総見を受け、好評を博しましたが、その折、筒井は武者小路駐瑞公使から「芸術公使」と称えられたといいます。またノーベル文学賞を受賞したばかりのトーマス・マンが、同じジュネーブで筒井一座の芝居を見た時の感動を、ある日本人への手紙に記しています。

 筒井以来、平成の現在に至るまで、一度にこれだけの規模で海外公演を行った日本の役者はほかにいません。これまで海外調査を重ねて21ヵ国、19言語にわたる多数の資料を収集し、一座の巡業経路(右掲)を跡付けながら、各地の反響調査を行ってきました。なぜあの時代に世界各地でそれほどの反響を呼ぶことができたのか、この旅回り役者の足跡は、今日から見ても意外性と刺激に富んでおり、近くこれまでの研究成果をまとめて公にしたいと思っています。 

Research Areas (Number of the published data : 4)
German Theatre 
European Language Literature 
Comparative Drama 
Literature of Various Countries/Theories of Literature Criticism 

Research keywords (Number of the published data : 8)
Bertolt Brecht 
Body Language 
Montage 
Tokujiro Tsutsui 
Theater Exchange 
Popular Theater 
Avant-garde 
Michiyuki 

Subject of research (Number of the published data : 2)
Bertolt Brecht and the Japanese Traditional Theater  1993-Present 
The Overseas Performance Tour of Tokujiro Tsutsui  1996-Present 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 5)
The German Kabuki and The Theatre of Bertolt Brecht  Enishishobo  2015/12/20 
Tokujiro Tsutsui--Document on an Unknown Sword Actor’s Life: His 22-Country Theatre Tour in 1930-31.  Sairyusya Co.,Ltd.  2013/12/25 
Meetings of the Japanese and American Theatre  Shindokushosha  2004/03/31 
The Theatre as a Bridge of Intercultural Exchange  Eikoshuppansha  1998/07/10 
Meetings of the Eastern and Western Theatre―Influences of the Noh and the Kabuki on the Western Theatre  Shindokushosha  1993/10/20 
View details...

Papers (Number of the published data : 48)
筒井徳二郎の海外公演と近代演劇の問題  演劇のジャポニスム(神山彰編、近代日本演劇の記憶と文化 5)  2017/01/23 
Document on the Performance of the German Kabuki Play, Death of Kampei, by Erwin Toku Bälz (1938)  THEATRE STUDIES Journal of the Japanese Society for Theatre Research  2010/05/30 
TSUTSUI Tokujiro's Theatre Tour Abroad and Its Influence on Copeau, Dullin, Piscator, Brecht and Meyerhold  THEATRE STUDIES Journal of the Japanese Society for Theatre Research  2004/11/15 
The Career of Tokujiro Tsutsui as an Itinerant Player  Nenkan Geinoh  2002/03/31 
筒井徳二郎の海外巡業と日欧の演劇改革に関する考察  平成15〜16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書  2006/03 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 12)
Symposium workshop panel(nominated)  長い封印を解かれた翻案劇――オルフの“寺子屋”とブレヒトの“お吉”――(シンポジウム「翻案(アダプテーション)の力」  Japan Comparative Literature Association  2017/10/15 
Symposium workshop panel(nominated)  西洋人が見た筒井徳二郎の芝居―ベルリン公演を中心として―(シンポジウム「歌舞伎にみる異文化接触」)  Japanese Society for Theatre Research  2010/06/27 
Symposium workshop panel(nominated)  ドイツにおける日本古典劇受容の問題(ワークショップ「外国に《愛》された日本文学」  Japan Comparative Literature Association  2009/06/20 
Oral presentation(general)  筒井徳二郎海外巡業の軌跡――経路と日程、反響と評価について  Japan Comparative Literature Association  2007/05/19 
Symposium workshop panel(nominated)  中村吉蔵が見たドイツの『テラコヤ』(シンポジウム「寺子屋の東西」)  西洋比較演劇研究会月例会(日本演劇学会分科会)  2006/09/23 
View details...

Prizes (Number of the published data : 2)
平成26年度国際文化表現学会学会賞  2014/05/10  Domestic 
平成17年度国際文化表現学会学会賞  2005/05/14  Domestic 
View details...

Research expenses (Number of the published data : 9)
Grant-in-Aid for Scientific Research  筒井徳二郎の海外巡業と日欧の演劇改革に関する考察  2003-2004 
Grant-in-Aid for Scientific Research  筒井徳二郎の海外巡業と日欧の演劇改革に関する考察  2003-2004 
Grant-in-Aid for Scientific Research  筒井徳二郎の海外巡業について―その実態と文化交流史的な意義  1999-2000 
Grant-in-Aid for Scientific Research  筒井徳二郎の海外巡業について―その実態と文化交流史的な意義  1999-2000 
In school research expenses  欧州における歌舞伎『寺子屋』の受容に関する研究  2008-2008 
View details...

Other research achievements (Number of the published data : 1)
『四谷怪談』創作の源に迫る[対談]串田和美☓田中徳一 (2016 渋谷・コクーン歌舞伎 第十五弾『四谷怪談』公演パンフレット)  2016/06/06-2016/06/29 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 6)
Japan Comparative Literature Association 
Japanese Society for Theatre Research 
The Japanese Society of German Literature 
The International Society for Cultural Expression 
藝能学会 
View details...

Committee Career (Number of the published data : 4)
The International Society for Cultural Expression  2005-Present 
Japan Comparative Literature Association  2005-2009 
Japan Comparative Literature Association  2008-2009 
Japan Comparative Literature Association  2002-2004 
View details...