日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Sports Sciences 
Department of competitive sports 

Updated : 2020/03/27 
Professor 
KOYAMA Yuzo 

Academic background (Number of the published data : 1)
Nihon University  Faculty of Laws  1978  Domestic 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Physical Education 

Bibliography (Number of the published data : 8)
日大式で差がつく! 陸上競技 投てき種目トレーニング ~砲丸投げ・やり投げ・円盤投げ・ハンマー投げ~  メイツ出版  2017/09 
記録が伸びる! 陸上競技 投てき ~砲丸投げ・やり投げ・円盤投げ・ハンマー投げ~  メイツ出版  2015/12 
コーチと選手のためのコーチング戦略  八千代出版  2008/04 
陸上競技を科学する  道和書院  1999/11 
砲丸投のバイオメカニクス-日本人初の18mスロアー野口安忠選手の19m台の可能性を探る-  バイオメカニクス研究概論  1999/11/03 
View details...

Papers (Number of the published data : 63)
陸上競技男子棒高跳における中・長期的なトレーニングの推移:準備期のトレーニング内容および方法の変化に着目して  スポーツ科学研究  2019/03 
大学陸上競技部員におけるスポーツ傷害の疫学的研究  スポーツ科学研究  2019/03 
やり投における肘関節内反トルクが高まる要因について  陸上競技研究  2018/03 
競技スポーツにおけるコンディショニングの再考  スポーツ科学研究  2017/03 
大学陸上長距離選手のコンディションや競技パフォーマンスに及ぼす牛乳たんぱく質強化乳飲料摂取の影響  パフォーマンス研究  2016 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 32)
Poster presentation  跳躍運動における接地の意識差がパフォーマンスに及ぼす影響  東京体育学会 第10回学会大会  2019/03/10 
大学生におけるストレッチングの認識度について  第68回日本体育学会  2017/09 
Effects of one year nutrition support on male long-distance runners  International Congress of Dietetics  2016/09 
大学陸上競技選手(短距離・跳躍混成・投擲)への栄養教育介入によるエネルギー及び栄養素摂取状況の変化  第23回日本健康体力栄養学会  2016/03 
日本におけるやり投の導入とその後の発展  日本陸上競技学会第14回大会  2015/11 
View details...

Other research achievements (Number of the published data : 3)
世界に通用する技術と体力  2005/09-Present 
陸上競技指導体系(砲丸投) 1・2・3・4巻  1990/02-Present 
中学生指導者のための砲丸投 1・2巻  1985/03-Present 
View details...