日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Science and Technology 
Department of Town Planning and Design 

Updated : 2017/12/12 
Professor 
YATOGO Takeshi 

Birth:1956  
 
My website is here.  

Career (Number of the published data : 6)
National Vocational Rehabilitation Center Dept, Reserch ; Resercher.  研究部  研究員  1981/04-1991/09 
National Institute of Vocational Rehabilitation Dept, Adaptive Environmental Design.  障害者職業総合センター  適応環境担当研究員  1991/10-1996/03 
College of Sience and Technology Nihon Univ.  Department of Architecture  助手、専任講師、准教授  1996/04/01-2013/03/31 
日本大学大学院理工学研究科  医療・福祉工学専攻(建築学専攻 兼務)  准教授  2010/04/01-2013/03/31 
日本大学大学院理工学研究科  医療・福祉工学専攻(建築学専攻 兼務)  教授  2013/04/01-2017/03/31 
College of Sience and Technology Nihon Univ.  Depertment of Town Planning and Design  Prof,  2013/04/01-Present 

Academic background (Number of the published data : 2)
Nihon University  Faculty of Science and Engineering  建築  1979  Graduated  Domestic 
Nihon University  Graduate School, Division of Science and Engineering  建築学  Doctor prophase  1981  Completed  Domestic 

Academic degrees (Number of the published data : 2)
Master of Engineering  Nihon University 
Dr, Eng.  Nihon University 

Licenses and qualifications (Number of the published data : 3)
一級建築士  1983 
高校理科2級教員免許  1979/03/25 
中学理科1級教員免許  1979/03/25 

Current state of research and teaching activities
2010年度~現在
首都大学東京大学院 人間健康科学研究科作業療法科学域 非常勤講師
担当: 生活環境分析学特講、生活環境分析学特講演習、生活環境分析学特論演習

2012年2月から2015年2月
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻(東大まちづくり大学院)
都市の交通政策「人にやさしい交通まちづくり」講義

1997年度~2014年度
高知リハビリテーション学院 理学療法学科 非常勤講師
担当: 生活環境論 

Research Areas (Number of the published data : 1)
City Planning/Architectural Planning 

Research keywords (Number of the published data : 26)
障害者 
高齢者 
住環境 
子育て環境 
子連れ 
子ども 
福祉住環境 
乳幼児 
バリアフリー 
福祉のまちづくり 
ユニバーサルデザイン 
建築安全計画 
建築人間工学 
知的障害者 
精神障害者 
発達障害者 
視覚障害者 
聴覚障害者 
肢体不自由者 
日常災害 
危険回避能力 
ハザードとリスク 
トイレ 
福祉機器 
環境因子 
サイン計画 

Subject of research (Number of the published data : 7)
福祉のまちづくりに関する研究  1981-Present 
高齢者、障害者等の住環境に関する研究  1981-Present 
高齢者・障害者・乳幼児等の日常災害防止のための安全計画に関する研究  2002-Present 
子どもと保護者の利用するトイレ空間に関する研究  2007-2011 
建築安全計画に必要な環境因子と利用者の危険回避能力との関係  2005-Present 
View details...

Proposed theme of joint or funded research (Number of the published data : 3)
子どもの建築安全計画 
障害者等の生活環境に関する研究 
子育て環境に関する研究 (バリアフリー 安全 社会資源 コミュニケーションの場 公園 地域施設 幼保一元) 
View details...

Achievements of joint or funded research (Number of the published data : 5)
公共トイレにおける、子ども連れを配慮した便房内設備と平面計画に関する研究 子どもと子連れの親等が利用する水まわり空間に関する研究  2009-2010 
子どもの発達とトイレ、水まわり空間の利用 子どもと子づれの親等が利用する水まわり空間に関する研究  2007-2008 
高齢者居住施設の火災安全に関する総合的調査と評価システムの開発研究  2007-2009 
地域環境における子育てバリアフリーの実態及び比較に関する調査研究  2004-2005 
地域環境における子育てバリアフリーの意識に関する調査研究  2005-2006 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 87)
住環境のバリアフリー・ユニバーサルデザイン 福祉用具・機器の選択から住まいの新築、改修まで  彰国社  2015/09/30 
福祉住環境コーディネーター検定試験2級 公式テキスト 改訂2版  東京商工会議所編  2014/01/31 
実例でわかる福祉住環境 バリアフリー・デザイン・ガイドブック 高齢者の住宅内事故防止 転倒事故を防止するために  三輪書店  2014/10/15 
日本福祉のまちづくり学会編 「福祉のまちづくりの検証」  彰国社  2013/10/30 
福祉住環境コーディネーター2級 合格テキスト [建築知識エクスナレッジムック]  エクスナレッジ  2013/03/23 
View details...

Papers (Number of the published data : 34)
妊娠期における身体変化と日常生活動作の困難レベルが住宅内外の事故発生に及ぼす影響  妊娠期から乳幼児期の環境変化に着目した整備に関する研究 その1  日本建築学会計画系論文集  2017/12/01 
宿泊施設の建物種別の違いによるバリアフリー化に関する考察 宿泊施設におけるバリアフリー化に関する研究 その2  日本建築学会計画系論文集  2016/06 
ANALYSIS FROM THE NATIONWIDE SURVEY ABOUT ACCESSIBLE ROOM<br>Study on accessibility in accommodations part 1  JOURNAL OF ARCHITECTURE AND PLANNING  2015/05 
「東京オリンピック・パラリンピックに向けた、新たな福祉まちづくり」特集にあたって  Japanese Journal of Rehabilitation  2015/09/01 
「インクルーシブなまちづくり」の発展過程と技術  City Planning Revew  2014/08/29 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 270)
Oral presentation(general)  体験型子育てバリアフリー教室に関する研究  -ベビーカー利用者によるバス乗車体験等を通じて-  日本福祉のまちづくり学会大会  2017/08 
Oral presentation(general)  鉄道駅における手作りサインから見るサイン計画の問題点  日本福祉のまちづくり学会大会  2017/08 
Oral presentation(general)  5181 公園の面積と遊具に着目した公園の利用実態 川崎市田島地区における公園利用の実態に関する研究(その5)  日本建築学会大会  2017/09 
Oral presentation(general)  5182 地域住民による自主管理・運営の実態と公園利用が与える影響  川崎市田島地区における公園利用の実態に関する研究(その6)  日本建築学会大会  2017/09 
Oral presentation(general)  5329 視覚障害者の美術鑑賞に関する一考察  日本建築学会大会  2017/09 
View details...

Other research achievements (Number of the published data : 3)
キッズデザイン賞(主催:キッズデザイン協議会) ユニバーサルセーフティ部門 入賞 ベビーカー及び車いす使用に安全な通路設計の研究  2010/04-2010/07 
キッズデザイン賞(主催:キッズデザイン協議会) リサーチ部門 入賞 『子どもと子づれの親等が利用する水まわり空間に関する研究』  2007/04-2008/06 
キッズデザイン賞(主催:キッズデザイン協議会) リサーチ部門賞 受賞 『乳幼児を対象とした身体および動作計測装置の開発と建築安全計画への考察』  2006/08-Present 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 9)
インセンティブ科目 
建築学概論 
福祉のまちづくり 
福祉環境実験 
建築計画Ⅰ 
View details...

Social activities (Number of the published data : 104)
(東京都)板橋区バリアフリー推進協議会 会長  2014/04/01-2018/03/31 
(東京都)足立区ユニバーサルデザイン推進会議 会長  2013/05/23-2018/05 
(東京都)板橋区バリアフリー推進協議会 会長  2014/04/01-2018/03/31 
(東京都)板橋区バリアフリー推進協議会 副会長  2012/04/01-2014/03/31 
(東京都)板橋区長期基本計画審議会 委員、ならびに起草委員  2014/10/01-2015/09/30 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 6)
Architectural Institute of Japan  1979/04-Present 
Japanese Association for an Inclusive Society  1996/07-Present 
Japan Ergonomics Society  1981/04-Present 
Rehabilitation Engineering Society of Japan  1987/04-Present 
Japan Society of Vocational Rehabilitation  1992/04-2010/03/31 
View details...