English
日本大学 
工学部 
建築学科 

更新日:2017/09/09 
准教授 
パリーク サンジェイ 
パリーク サンジェイ 
PAREEK Sanjay 

 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴 (公開件数:2件)
デルフト工科大学/Delft University of Technology  土木工学科  客員教授/Visiting Professor  2012/01/30-2013/01/30 
マサチューセッツ工科大学/Massachusetts Institute of Technology  土木環境工学科  客員研究員/Visiting Researcher  2013/08/15-2013/11/01 

学歴 (公開件数:3件)
University of Rajasthan  理学部  1986/06/15  卒業  国外  インド 
日本大学大学院  工学研究科博士前期課程  建築学専攻  博士前期  1990/03/25  修了  国内 
日本大学大学院  工学研究科博士後期課程   建築学専攻   博士後期  1993/03/25  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
工学博士  日本大学  1993/03/25 

研究分野 (公開件数:2件)
建築材料 
建築構造 

研究キーワード (公開件数:20件)
鉄筋コンクリート構造 
構造材料 
高強度コンクリート 
高強度鉄筋 
RC構造物の接合部 
RC部材の補強 
連続繊維シート・連続繊維プレート・連続繊維ストランドシート 
コンクリートポリマー複合体 
ポリマーセメントペースト・ポリマーセメントモルタル・ポリマーセメントコンクリート 
セメント系接着剤 
高密度・遮蔽コンクリート 
建築材料の耐久性 
自己修復コンクリート・自己治癒コンクリート 
再利用 
焼却灰(溶融スラグ)・フライアッシュ 
二次製品 
破壊解析 
建築材料の防火性能 
モルタル・コンクリートの応力度-ひずみ度特性 
集成梁材 

研究テーマ (公開件数:10件)
自己治癒・自己修復機能を有するコンクリート構造の開発 
建築材料の防火性能とその改良について研究 
高強度コンクリートおよび高強度鉄筋を用いたRC構造物の接合部の実験・解析に関する研究 
放射能による汚染物格納のため超重量・遮蔽コンクリートの研究開発 
フライアッシュ・焼却灰(溶融スラグ)の土木・建築用コンクリート二次製品に再利用に関する研究開発 
詳細表示...

著書 (公開件数:3件)
超弾性材料の現状と展望  日本建築学会 近畿支部 構造力学部会  2015/03 
放射性物質の吸着・除染および耐放射線技術における材料・施工・測定の新技術  技術情報協会  2014/11 
セメント系材料の自己治癒シンポジウム論文集  日本コンクリート工学協会  2011/06 
詳細表示...

論文 (公開件数:96件)
REACTION AND RESULTANT PHYSICAL PROPERTIES OF FA-BASED ALKALI ACTIVATED MATERIALS AND GEOPOLYMER CURED AT 80℃  コンクリート工学年次論文集  2017/07 
超弾性合金の配筋位置によってヒンジリロケーションしたRC梁の構造性能評価に関する基礎実験  コンクリート工学年次論文集  2017/07 
バサルト繊維を用いた超高強度コンクリートの基礎性状及び高温時における爆裂抵抗性に関する実験的研究  コンクリート工学年次論文集  2017/07 
各種離型剤によるジオポリマーモルタルと鋼板の剥離性状に関する研究  コンクリート工学年次論文集  2017/07 
Evaluation of Fire-Performance by Cone-Calorimeter Tests and Thermal Conductivity of Polymer-Modified Mortars and Various Concretes  Journal of Materials Science and Engineering B  2017/04  10.17265/2161-6221/2017.3-4.005 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:117件)
口頭発表(一般)  バサルト繊維補強モルタルの力学的特性に関する基礎的研究  日本建築学会東北支部研究報告集構造系第79号  2016/06 
口頭発表(一般)  超弾性合金の形状が及ぼすRC梁部材の繰返し載荷によるひび割れの自己修復に関する研究  日本建築学会東北支部研究報告集構造系第79号  2016/06 
口頭発表(一般)  フライアッシュおよび電気炉酸化スラグを使用したジオポリマーモルタルにおける高濃度塩酸溶液に対する抵抗性  日本建築学会東北支部研究報告集構造系第79号  2016/06 
口頭発表(一般)  Reaction to Fire Performance of Sandwich Panels with Hole and Slit as Defects  10th Asia-Oceania Symposium on Fire Science and Technology  2015/10 
口頭発表(一般)  インドの住宅におけるパッシブデザインに関する研究 その1 計画的側面を中心とする分析  日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿)、pp.521-522  2014/09 
詳細表示...

知的財産権 (公開件数:4件)
特許  コンクリート構造物の施工方法及びコンクリート構造物用型枠パネル 
特許  コンクリート構造物のひび割れ補修方法 
特許  RC構造物のひび割れ自己修復システム 
特許  コンクリート構造物の施工方法及びコンクリート構造物 
詳細表示...

受賞 (公開件数:3件)
インド技術者協会功労賞受賞  2014/10  国外 
第34回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞  2012/07/06  国内 
日本コンクリート工学会東北支部 論文賞  2012/05/08  国内 
詳細表示...

研究費 (公開件数:17件)
文部科学省科学研究費  低環境負荷型被覆材料を用いた高耐震・高耐火木質部材及び接合法の開発  2017/04-2020/03 
文部科学省科学研究費  2015年ネパール・ゴルカ地震で被災した学校建物の復旧技術に関する調査研究  2017/04-2020/03 
文部科学省科学研究費  シラン系塗布含浸材のコンクリート内部へ高圧注入によるコンクリート構造物の長寿命化  2016/04-2019/03 
文部科学省科学研究費  無機新材料の利用を核とするコンクリート系複合材料・部材・補修補強技術の開拓と展開  2016/04-2019/03 
その他助成金  銅スラグ混入セメントレス硬化体の開発とγ線遮蔽容器への適用  2015/10-2016/09 
詳細表示...

その他研究業績 (公開件数:3件)
インド国内での未利用資源を有効利用した無焼成レンガ製造事業/CDM/JI事業調査  2006-現在 
マハラジャ宮殿を中心としたインド・ジョドプール市の石造建築物群の地震リスク評価  2005-現在 
2001年インド西部グジャラート地震被害調査/Survey of the 26 January 2001 Earthquake(Mw 7.7) in the State of Gujarat, India  2001-現在 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:9件)
建築材料科学 
建築材料実験 
建築測量演習 
建築材料学Ⅱ 
建築ゼミナール 
詳細表示...

社会活動 (公開件数:6件)
震災がれき使った放射能汚染物保管用コンクリ容器を開発「日刊工業新聞 20面」  2012/04/13-2012/04/13 
汚染土:震災がれきで保管用容器製作「毎日新聞 20面」  2012/04/12-2012/04/12 
放射性物質含む汚染度の貯蔵用コンクリート開発「日本経済新聞 11面」  2012/04/12-2012/04/12 
がれき再利用のコンクリート容器で汚染土保管「産経新聞 24面」  2012/04/12-2012/04/12 
放射能汚染物保管用に震災ガレキ再生コンクリ容器と超重量コンクリ容器を開発-福島県内の放射能汚染土を用いた実験で性能実証- 「 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120411_1.htm 」  2012/04/11-現在 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:4件)
日本コンクリ-ト工学会  1987/09-現在 
日本建築学会  1988/06-現在 
建築研究開発コンソーシアム  2008-現在 
Australia - EU network for academic and innovation excellence in corrosion science & technology (AUSEUS_CORRNET)  2015/09-現在 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:13件)
International Union of Laboratories and Experts in Construction Materials, Systems and Structures (RILEM)  TC SHE: Self-healing concrete – Its efficiency and evaluation  2017/05-現在 
一般社団法人 建築・住宅国際機構  ISO/TC92/SC1WG Life-threatening components of fire — Guidelines for the estimation of time to compromised tenability in fires  2017/05-2018/03 
「建設分野におけるジオポリマー技術の適用」に関す研究委員会 JCI-TC155A  協力委員  2015/11-現在 
日本建築学会 「アジア地域における建築環境とエネルギー消費検討小委員会」  委員  2013/11-現在 
建築研究開発コンソーシアム  JISA1310建築ファサードの燃えひろがり試験方法 JIS原案作成委員会  2017/03-現在 
詳細表示...