研究費
公開件数:24件

No.1
資金の種類 文部科学省科学研究費
相手先区分
研究種目 基盤研究B
タイトル 鋼構造骨組と免震支承の性能設計と最適化のための詳細有限要素解析システムの開発
提供機関 日本学術振興会
制度名 文部科学省科学研究費
研究期間 2019/04/01-2022/03/31
代表・分担の別 分担
配分額(総額) 1,040,000
概要

No.2
資金の種類 その他
相手先区分
研究種目 HPCIシステム利用研究課題
タイトル 有限要素法による原子力発電プラントのフルスケール弾塑性地震応答解析
提供機関 革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)
制度名
研究期間 2017/04/01-2017/09/30
代表・分担の別 代表
配分額(総額)
概要

No.3
資金の種類 文部科学省科学研究費
相手先区分
研究種目 基盤研究(C)
タイトル バランシング領域分割法と双対基底ラグランジュ乗数法によるアセンブリ構造解析
提供機関 日本学術振興会
制度名 文部科学省科学研究費
研究期間 2016/04/01-2021/03/31
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 4,810,000
概要 原子力施設,超高層ビル等の重要構造物のシビアな地震下での構造力学的健全性の評価が,社会的に求められている.本研究では,「京」のようなスパコン上で数十億自由度規模のメッシュを用いた有限要素法による地震応答評価を高精度かつ高速に行えるアセンブリ構造解析を実現する.研究項目を以下に示す.(1)応募者が提案した多点拘束条件を考慮したBDD法と双対基底ラグランジュ乗数法(Wohlmuth等)を結合した,高精度で高速なアセンブリ構造解析手法を開発,(2)大規模複雑構造物のアセンブリ構造メッシュを短時間で生成するプリ処理モジュールの開発,(3)ラグランジュ乗数による接合面付近の解の精度検証をスパコン上で行う評価用ツールの開発し,超大規模アセンブリ構造解析の精度を検証,(4)「京」,「ポスト京」上での実機解析への応用.

No.4
資金の種類 受託研究
相手先区分
研究種目
タイトル 「HPCI戦略プログラム」分野3 防災・減災に資する地球変動予測
「構造物-地盤連成シミュレーションの高度化」
提供機関 海洋研究開発機構
制度名 高性能汎用計算機高度利用事業
研究期間 2015/04-2016/03
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 1,000,000
概要

No.5
資金の種類 受託研究
相手先区分
研究種目
タイトル 「HPCI戦略プログラム」分野3 防災・減災に資する地球変動予測
「構造物-地盤連成シミュレーションの高度化」
提供機関 海洋研究開発機構
制度名 高性能汎用計算機高度利用事業
研究期間 2014/04-2015/03
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 1,000,000
概要

No.6
資金の種類 受託研究
相手先区分
研究種目
タイトル 「HPCI戦略プログラム」分野3 防災・減災に資する地球変動予測
「構造物の地震応答シミュレーションの効率的並列化」
提供機関 海洋研究開発機構
制度名 高性能汎用計算機高度利用事業
研究期間 2013/04-2014/03
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 1,000,000
概要

No.7
資金の種類 文部科学省科学研究費
相手先区分
研究種目 基盤研究(C)
タイトル 建築構造詳細解析の高速化のためのファイバーコースグリッドMG法の開発
提供機関
制度名 科学研究費基盤研究(C)
研究期間 2012-2015
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 5,590,000
概要

No.8
資金の種類 受託研究
相手先区分 その他
研究種目
タイトル 「HPCI戦略プログラム」分野3 防災・減災に資する地球変動予測
構造物の地震応答シミュレーションの効率的並列化の検討(鋼製超高層ビルモデル構築」
提供機関 海洋研究開発機構
制度名 高性能汎用計算機高度利用事業
研究期間 2012/04/01-2013/03/31
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 1,000,000
概要

No.9
資金の種類 文部科学省科学研究費
相手先区分
研究種目 基盤研究(B)
タイトル 高性能有限要素解析による免制震ディバイス最適化のための数値実験システム
提供機関 広島大学
制度名 科学研究費基盤研究(B)(一般)
研究期間 2011-2013
代表・分担の別 分担
配分額(総額) 1,500,000
概要

No.10
資金の種類 受託研究
相手先区分
研究種目
タイトル 「HPCI戦略プログラム」分野3 防災・減災に資する地球変動予測
「構造物の地震応答シミュレーションの効率的並列化の検討(鋼製超高層ビルモデル構築)」
提供機関 海洋研究開発機構
制度名 高性能汎用計算機高度利用事業
研究期間 2011/04/01-2012/03/31
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 2,000,000
概要

No.11
資金の種類 研究寄付金
相手先区分 その他
研究種目
タイトル 大規模構造物の非線形耐震解析に関する研究助成
提供機関
制度名
研究期間 2010-2010
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 500,000
概要

No.12
資金の種類 受託研究
相手先区分 民間
研究種目
タイトル 大規模非線形構造解析の研究
提供機関 株式会社アライドエンジニアリング
制度名 委託研究費
研究期間 2009-2009
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 1,000,000
概要

No.13
資金の種類 文部科学省科学研究費
相手先区分
研究種目 基盤研究(C)
タイトル 大規模接触問題の領域分割法による並列解析手法の開発
提供機関
制度名
研究期間 2008-2011
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 3,510,000
概要

No.14
資金の種類 受託研究
相手先区分 その他
研究種目 その他
タイトル 汎用並列有限要素法と並列可視化法の検討
提供機関 特定非営利活動法人 安全な社会研究会
制度名 委託研究費
研究期間 2008-2010
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 1,000,000
概要

No.15
資金の種類 その他助成金
相手先区分 日本大学
研究種目 その他
タイトル 地域における社会環境基盤の保全と防災力向上を目指した戦略的なマネジメント手法の提言
提供機関
制度名 日本大学工学部学術フロンティア
研究期間 2007-2009
代表・分担の別 分担
配分額(総額) 700,000
概要

No.16
資金の種類 その他助成金
相手先区分 日本大学
研究種目 その他
タイトル 地域における社会環境基盤の保全と防災力向上を目指した戦略的なマネジメント手法の提言
提供機関
制度名 日本大学工学部学術フロンティア
研究期間 2007-2009
代表・分担の別 分担
配分額(総額) 500,000
概要

No.17
資金の種類 受託研究
相手先区分 その他
研究種目 その他
タイトル 汎用有限要素法の検討に関する研究
提供機関 特定非営利活動法人 安全な社会研究会
制度名 委託研究費
研究期間 2007-2008
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 1,100,000
概要

No.18
資金の種類 文部科学省科学研究費
相手先区分
研究種目 基盤研究(B)
タイトル 複合破損を考慮した原子力仮想耐震シミュレータに関する研究
提供機関
制度名
研究期間 2005-2007
代表・分担の別 分担
配分額(総額)
概要

No.19
資金の種類 受託研究
相手先区分 民間
研究種目 その他
タイトル ADVENTUREシステムの開発に関する研究
提供機関 (株)アライドエンジニアリング
制度名 委託研究費
研究期間 2005-2005
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 700,000
概要

No.20
資金の種類 受託研究
相手先区分 民間
研究種目 その他
タイトル ADVENTUREシステムの開発に関する研究
提供機関 (株)アライドエンジニアリング
制度名 委託研究費
研究期間 2004-2004
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 700,000
概要

No.21
資金の種類 研究寄付金
相手先区分 民間
研究種目 その他
タイトル 情報工学研究のため
提供機関 (株)アライドエンジニアリング
制度名 奨学寄付金
研究期間 2003-現在
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 300,000
概要

No.22
資金の種類 受託研究
相手先区分 民間
研究種目 その他
タイトル 新しい構造解析システムの開発に関する研究
提供機関 (株)アライドエンジニアリング
制度名 委託研究費
研究期間 2003-2003
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 500,000
概要

No.23
資金の種類 その他助成金
相手先区分 日本大学
研究種目 その他
タイトル ミクロ環境の予測と評価システムの研究
提供機関
制度名 日本大学工学部学術フロンティア
研究期間 2002-2006
代表・分担の別 分担
配分額(総額) 400,000
概要

No.24
資金の種類 受託研究
相手先区分 民間
研究種目 その他
タイトル 新しい構造解析システムの開発に関する研究
提供機関 (株)アライドエンジニアリング
制度名 委託研究費
研究期間 2002-2003
代表・分担の別 代表
配分額(総額) 500,000
概要