English
日本大学 
生物資源科学部 
生命化学科 

更新日:2020/08/05 
教授 
関 泰一郎 
セキ タイイチロウ 
SEKI Taiichiro 

 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴 (公開件数:4件)
米国ミシガン大学医学部人類遺伝学科 博士研究員  1994/07-1996/01 
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科講師  2003/01-2003/03 
東京農工大学農学府講師  2007/04-2007/09 
東京大学大学院  農学生命科学研究科  非常勤講師  2014/04/01-2014/10/31 

教育・研究活動状況
アクティブラーニングを取り入れた各種研究室セミナーの実施に加えて、英語論文の書き方講座、研究成果を効率よくまとめて発表するためのリテラシーについても学内外で積極的に講演している。 

研究分野 (公開件数:6件)
栄養生化学 
応用分子細胞生物学 
食品科学 
応用生物化学 
分子生物学 
細胞生物学 

研究キーワード (公開件数:19件)
栄養生化学 
機能性食品 
生活習慣病 
肥満 
血液の凝固と線溶 
幹細胞 
増殖と分化 
再生医学 
細胞療法 
cell biology 
線溶活性化酵素 
遺伝子発現 
plasminogen activator 
肝臓 
再生 
食品機能 
がん 
アポトーシス 
食事 

研究テーマ (公開件数:4件)
線溶系因子の遺伝子発現調節機構ならびに生理機能の解析 
組織構築・再生機構における線溶系機能の分子細胞生物学的解析と再生医学への応用 
機能性栄養成分の作用メカニズムに関する研究 
がんと栄養に関する基礎研究 
詳細表示...

共同・受託研究希望テーマ (公開件数:1件)
食品成分の機能解析と応用 
詳細表示...

共同・受託研究実績 (公開件数:3件)
Prickly pear cactusがラット脂質代謝に及ぼす影響  2000-現在 
線溶系(PA-plasmin cascade)調節機構の解析  1998-2001 
コラーゲン食品の有用性に関する調査研究  1998-2000 
詳細表示...

著書 (公開件数:19件)
Chemistry of Korean Foods and Beverages. ACS Symposium Series Vol. 1303  ACS Books, American Chemical Society,  2019/12/13 
Functional Foods, Nutraceuticals and Natural Products-Concepts and Applications (edts; D.A. Vattem, V. Maitin)  DEStech Publications, Inc.  2015/10 
新・血栓止血血管学-抗凝固と線溶(一瀬白帝他編集)  金芳堂  2015/10/20 
食品因子による栄養機能制御(日本栄養・食糧学会監修)  建帛社  2015/05/15 
食品の保健機能と生理学  アイ・ケイコーポレーション  2015/03/30 
詳細表示...

論文 (公開件数:142件)
A novel function of thrombin-activatable fibrinolysis inhibitor during rat liver regeneration and in growth-promoted hepatocytes in primary culture.  J Biol Chem  2009/04/22  10.1074/jbc.M109.011452 
Diallyl trisulfide suppresses the proliferation and induces apoptosis of human colon cancer cells through oxidative modification of beta-tubulin.  J Biol Chem  2005/12/16  10.1074/jbc.M507127200 
Reciprocal regulation of tissue-type and urokinase-type plasminogen activators in the differentiation of murine preadipocyte line 3T3-L1 and the hormonal regulation of fibrinolytic factor in the mature adipocytes.  Journal of Cellular Physiology  2001/10  10.1002/jcp.1140 
Alkenyl group, but not alkyl group, is responsible for the anti-cancer effect of trisulfide, acting by disrupting microtubule network formation in human colon cancer cell line HT-29 cells.  Carcinogenesis  2008/07/01  10.1093/carcin/bgn124 
Diallyl sulfides in garlic activate both TRPA1 and TRPV1. 1  Biochemical and Biophysical Research Communications  2009/05/08  10.1016/j.bbrc.2009.03.066 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:619件)
口頭発表(招待・特別)  PREVENTION OF CARDIOVASCULAR DISEASES BY GARLIC-DERIVED SULFUR COMPOUNDS -INHIBITION OF PLATELET FUNCTION AND COAGULATION PATHWAY BY ALLYL SULFIDE-  2019 International Garlic Symposium  2019/05 
口頭発表(招待・特別)  Anti-thrombotic effect of garlic attributes inhibition of platelet function and coagulation pathway by allyl sulfide.  256th American Chemical Society(ACS) National Meeting & Exposition, Division of Agricultural and Food Chemistry, Symposia Functional Foods-Their Novel Biofunctions & Underlying Mechanisms  2018/08/19 
口頭発表(招待・特別)  食品由来含硫化合物の生活習慣病予防に関する基礎的研究(日本栄養・食糧学会・学会賞受賞講演)  第71回 日本栄養・食糧学会  2017/05/19 
ポスター発表  Macrophage promote the tissue remodeling and the recovery of liver functions during liver regeneration after carbon tetrachloride-induced liver injury.  The 10th Congress of the Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis(APSTH 2018)  2018/06/29 
口頭発表(基調)  The food function of garlic: active principles and a molecular mechanism responsible for health promoting functions.  American Chemical Society Asia-Pacific International Chapter Conference. Agricultural and Food Chemistry Session.  2017/11/06 
詳細表示...

知的財産権 (公開件数:5件)
特許  ES細胞を用いた肝細胞調製法 
特許  肝細胞増殖抑制剤 
特許  ES細胞培養用アガロースプレート 
特許  がん細胞増殖抑制剤 
特許  Method for preparation of hepatocytes using ES cell 
詳細表示...

受賞 (公開件数:2件)
日本栄養・食糧学会 学会賞  2017/05/19  国内 
Biosci Biotechnol Biochem. 論文賞 2010(日本農芸化学会)  2011/05/06  国内 
詳細表示...

研究費 (公開件数:16件)
文部科学省科学研究費  腸管-肝臓-血管系の機能連携に着目した新しい血栓制御メカニズムと食品機能の解明  2019/04/01-2022/03/31 
文部科学省科学研究費  Exosome,マイクロRNAに着目した機能性食品成分の新しい作用機構の解明 基盤研究(B)  2016/04/01-2019/03/31 
文部科学省科学研究費  機能性食品成分による新規血栓制御メカニズムの解明と食品の機能性評価への応用 基盤研究(B)  2013/04/01-2016/03/31 
文部科学省科学研究費  摂食リズムの形成による燃料基質のシフト、インスリン抵抗性改善の新しいメカニズム 萌芽(的)研究  2015/04/01-2018/03/31 
文部科学省科学研究費  リン酸化情報ハブに着目した機能性食品・栄養成分の作用メカニズムの解析 基盤研究(C)  2009-2011 
詳細表示...

社会活動 (公開件数:3件)
Molecular Nutrition and Food Research (WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA)  2006/12-現在 
Nature Reader Panel, Nature Publishing Group  2008/09-2010/10 
(財)バイオインダストリ協会編集委員会トピックス委員  2010/04/01-2012/03/31 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:10件)
日本農芸化学会 
日本栄養・食糧学会 
日本血栓止血学会 
日本生化学会 
日本生理学会 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:38件)
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価委員  2016/08/01-2017/07/31 
日本栄養・食糧学会  将来構想委員会委員  2016/05-2018/05 
日本栄養・食糧学会  関東支部副支部長  2016/05-2018/05 
日本栄養・食糧学会  広報委員  2016/05-2018/05 
日本栄養・食糧学会  理事  2016/05-2018/05 
詳細表示...