English
日本大学 
生物資源科学部 
食品生命学科 

更新日:2019/03/18 
教授 
今井 正直 
イマイ マサナオ 
IMAI Masanao 

経歴 (公開件数:1件)
日本大学 生物資源科学部  食品加工実習所  所長  2016/04/01-現在 

学歴 (公開件数:2件)
東京大学  工学部  化学工学  1980  卒業 
東京大学  大学院 工学系研究科  化学工学  1985  単位取得満期退学 

学位 (公開件数:1件)
工学博士  東京大学 

教育・研究活動状況
(1)逆ミセルによるタンパク質分子の抽出分離
有機溶媒中で形成される逆ミセルは、その内部微水相にタンパク質などの生体由来の機能性分子を取り込むことができるので、分離媒体として注目されている。本研究では添加すべき両親媒性分子のモル数とタンパク質分子の疎水性に量論的な相関が存在することを明らかにし、実用技術に向けた操作条件の基礎を構築した。
(2)W/Oマイクロエマルション系におけるリパーゼによる脂質の改質
疎水性基質による酵素反応をW/Oマイクロエマルション系で行う場合、反応活性を最大に引き出す可溶化水分量の存在を明らかにした。
(3)食品性有機ゲルを用いた固定化生体触媒
長期の酵素反応を行うため、レシチンを含むゼラチン由来のオルガノゲルにリパーゼを固定化し、1ヶ月月以上にわたる長期運転に成功した。
(4)超臨界二酸化炭素によって、茶および大豆からの機能性成分の分離を行い、アルコール添加の効果を求めた。また、配糖体などの物質の改質反応の媒体としての可能性を探索している。
(5)食品由来の生体高分子(ゼラチン・キトサン・セルロースなど)によって膜を調製し、物質分離膜としての利用可能性並びに透過特性の解析を行う。 

研究分野 (公開件数:7件)
生物分離工学 
反応工学・プロセスシステム 
触媒・資源化学プロセス 
酵素工学 
生物機能・バイオプロセス 
食品化学工学 
食品科学 

研究キーワード (公開件数:16件)
生物分離工学 
酵素工学 
食品化学工学 
逆ミセル 
AOT 
タンパク質 
W/Oマイクロエマルション 
リパ-ゼ 
食品性ゲル 
生体触媒 
膜 
生体高分子 
物質移動 
超臨界二酸化炭素 
機能性成分 
分離と反応 

研究テーマ (公開件数:5件)
逆ミセル有機相によるタンパク質分子の抽出分離  1987-現在 
W/Oマイクロエマルション系におけるリパ-ゼによる脂質の改質  1987-現在 
食品性有機ゲルを用いた固定化生体触媒  1990-現在 
超臨界二酸化炭素による食品機能性成分の分離と改質  2003-現在 
食品由来の生体高分子膜の調製と物質透過特性の解析  2005-現在 
詳細表示...

共同・受託研究希望テーマ (公開件数:1件)
多糖類添加によるデンプン性食品の物性変化 
詳細表示...

共同・受託研究実績 (公開件数:1件)
イヌリン添加による食品物性の変化  2005-2009 
詳細表示...

著書 (公開件数:17件)
Recent Advances on Soybean Isoflavone Extraction and Enzymatic Modification of Soybean Oil  InTech Publication  2013/02 
Novel biopolymer composite membrane involved with selective mass transfer and excellent water permeability.  InTech Publication  2012/07 
Advance of Membrane Material from Marine Biological Polymer and Sensitive Molecular Size Recognition for Promising Separation Technology  InTech Publication  2012/07 
食品科学分野への酵素の応用  Transworld Research Network  2008/06/01 
Reaction characterization of phospholipaseA2 on hydrolysis of phospholipid in W/O microemulsion  "Advanced Researches of Plant Lipids"Kluwar Academic Publishers (Amsterdam)  2003 
詳細表示...

論文 (公開件数:102件)
Dominant role of acid-base neutralization process in forming chitosan membranes for regulating mechanical strength and mass transfer characteristics  Journal of Chitin and Chitosan Science  2014  10.1166/jcc2014.1055 
Promising ultrasonic irradiation pretreatment for enzymatic hydrolysis of Kenaf  Journal of Environmental Chemical Engineering  2013 
Excellent dyes removal and remarkable molecular size rejection of novel biopolymer composite membrane.  Desalination and Water Treatment  2013 
Preparation of protein nanoparticles using AOT reverse micelles  Biochemical Engineering Journal  2012 
Regulation on hydrolysis reactivity of immobilized Candida rugosa lipase with the aid of a hydrophobic porous carrier  Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering  2012 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:91件)
その他  Attractive composite layered chitosan-calcium alginate membrane involved with utilized mechanical strength and mass transfer character  10th Asia-Pacific Chitin & Chitosan Symposium (10th APCCS)  2013/10/07 
その他  A novel approach to form water-stable chitosan membrane focused on acid-base neutralization process of membrane casting solution for application to sensitive molecular size recognition and water permeability  10th Asia-Pacific Chitin & Chitosan Symposium (10th APCCS)  2013/10/06 
その他  Advantageous of supercritical carbon dioxide for lipid modification by immobilized lipase  Engineering Conferences International (Enzyme Engineering XXII: Emerging Topics in Enzyme Engineering)  2013/09/24 
その他  High performance and repeated use of immobilized lipase for lipid hydrolysis involved with hydrophobicity of reaction media  6th International Congress on Biocatalysis (biocat 2012)  2013/09/04 
その他  Regulation of Surface Roughness of Chitosan Membrane By Silica Micro-particles and Improvement of Mass Transfer Flux  9th World Congress of Chemical Engineering  2013/08/20 
詳細表示...

受賞 (公開件数:1件)
高岡市民文化賞(学術研究)  2002  国内 
詳細表示...

その他研究業績 (公開件数:1件)
「科学と倫理」シンポジウム  1995-現在 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:5件)
化学工学会 
日本膜学会 
新機能化工学研究会 
人間と科学研究学会 
日本食品工学会 
詳細表示...