English
日本大学 
生物資源科学部 
応用生物科学科 

更新日:2018/11/08 
准教授 
岩淵 範之 
イワブチ ノリユキ 
IWABUCHI Noriyuki 

学歴 (公開件数:1件)
日本大学  大学院 農学研究科  応用生物科学専攻  1998  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(農学) 

研究分野 (公開件数:8件)
環境技術・環境負荷低減 
応用微生物学 
応用生物化学 
持続可能システム 
生物資源科学 
保全・修復技術 
環境影響評価・環境政策 
環境農学 

研究キーワード (公開件数:10件)
バイオレメディエーション 
排水処理 
リグニン 
有機蛍光物質 
バイオサーファクタント 
バイオフィルム 
ロドコッカス 
サイクロクラスティカス 
コロニー形態 
細胞表面 

研究テーマ (公開件数:4件)
複合微生物系のデザイン化技術の開発と石油汚染環境の浄化への応用  2000/04/01-現在 
高度有機溶媒耐性菌の有機溶媒耐性機構の解明と次世代バイオプロセスへの応用  2000/04/01-現在 
有用微生物群の探索と次世代バイオエネルギー、物質生産への応用  2010/04/01-現在 
環境中の微生物の動態の解析 
詳細表示...

著書 (公開件数:6件)
Selective Stimulation of Aromatic Compound Degradation by the Indigenous Marine Bacterium Cycloclasticus for Bioremediation of Oil Spills in the Marine Environment, Biodegradative Bacteria: How Bacteria Degrade, Survive, Adapt, and Evolve.  Springer  2013/01/01 
微生物の生産する細胞外多糖による石油汚染海洋環境の浄化 バイオフィルムの基礎と制御-特製・解析事例から形成防止・有効利用まで-所収  (株)エヌ・ティー・エス  2008 
環境浄化とバイオフィルム-EPSの機能に着目して-『バイオフィルム入門―環境の世紀の新しい微生物像―日本微生物生態学会』  日科技連出版社, バイオフィルム研究部会編  2005 
菌体外多糖類:EPSの重要性,『バイオフィルム』その生成メカニズムと防止のサイエンス  サイエンスフォーラム  1998 
┣DBRhodococcus rhodochrous, Gordona amarae(/)-┫DB. 放線菌図鑑, 日本放線菌学会編  朝倉書店  1997 
詳細表示...

論文 (公開件数:35件)
実験科目を核とした総合的な教育システムの構築の試み  ICT利用による教育改善研究発表会資料集論文  2018/08/09 
ICTを利用した実験技能習得困難者の早期発見と教育効果向上システム構築の試み  ICT利用による教育改善研究発表会資料集論文  2017/08/09 
Development of a Simple, Non-Biological Method for Converting Lignin-Derived Aromatics into Non-Aromatic Polymeric Substances with Fluorescent Activity (NAPSFA)  ACS Sustainable Chemistry & Engineering  2016 
Mg2+-dependent control of the spatial arrangement of Rhodococcus erythropolis PR4 cells in aqueous-alkane two phase culture containing n-dodecane  Micorbes and Environents  2016 
実験科目におけるe-Learning systemの利用とその効果  ICT利用による教育改善研究発表会資料集論文  2016/08/09 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:18件)
ポスター発表  Transformation of Lignin-Derived Aromatics into Nonaromatic Polymeric Substances with Fluorescent Activities by Pseudomonas sp. ITH-B52  International Polymer Conferences 2018  2018/12/05 
口頭発表(一般)  ICTを利用した実験技能習得困難者の早期発見と教育効果向上システム構築の試み  ICT利用による教育改善研究発表会  2017/08/09 
ポスター発表  食品廃棄物系バイオマスからのベンゼン環を含まない新規有機蛍光物質の生産  日本食品化学学会第23回総会・学術大会  2017/06/01 
ポスター発表  Transformation of lignin-derived aromatics into nonaromatic polymeric substances with fluorescent activities by Pseudomonas sp. ITH-SA-1  International Polymer Conferences  2016/12/14 
口頭発表(一般)  実験科目におけるe-Learning systemの利用とその効果  ICT利用による教育改善研究発表会  2016/08/09 
詳細表示...

知的財産権 (公開件数:16件)
特許  蛍光物質の製造方法 
特許  蛍光物質及びその製造方法 
特許  有機溶媒処理用微生物製剤、有機溶媒処理用微生物製剤の製造方法及び有 機溶媒の処理方法 
特許  形質転換されたロドコッカス(Rhodococcus)属細菌、及び、これを用いた炭化水素の処理方法 
特許  炭化水素の処理方法及び炭化水素の処理システム 
詳細表示...

受賞 (公開件数:4件)
長瀬研究振興賞  2016/04/22  国内 
Key Scientific Article Certificate, Renewable Energy Global Innovations  2016/02/10  国外 
日本大学生物資源科学部長賞  2006/03/25  国内 
平成17年度(第4回)日本農学進歩賞  2005/11/28  国内 
詳細表示...

研究費 (公開件数:21件)
文部科学省科学研究費  有機溶媒中で営まれる生命活動の総合的理解と環境調和型技術への応用  2017/07/01-2020/03/31 
文部科学省科学研究費  木質バイオマスからの次世代化学品の生産と環境負荷低減技術への応用  2016/04/01-2019/03/31 
受託研究  油の中で生きる微生物の不思議~なぜ油の中で生きられるの?第三章~  2018/04/01-2019/03/31 
研究寄付金  ベンゼン環構造をもたない有機蛍光物質の微生物による生産とその構造および蛍光メカニズムの解明  2016/04/01-2017/03/31 
受託研究  油の中で生きる微生物の不思議~なぜ油の中で生きられるの?第二章~  2017/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:10件)
微生物生態学 
応用生物科学実験II 
分子生態学特講 
環境バイオテクノロジー 
分子生態学演習 
詳細表示...

社会活動 (公開件数:4件)
油の中で生きる微生物の不思議~なぜ油の中で生きられるの?第二章~  2017/08/03-2017/08/03 
微生物(群)を用いた環境の浄化、改善  2017/02/01-現在 
油の中で生きる微生物の不思議~なぜ油の中で生きられるの?~  2016/08/03-2016/08/03 
多種の炭化水素を分解する菌を利用した排水処理法  2015/04/01-2017/03/31 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:4件)
日本農芸化学会 
日本微生物生態学会 
日本高分子学会 
日本放線菌学会 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:2件)
日本微生物生態学会バイオフィルム研究部会  部会長  2017/04/01-現在 
日本放線菌学会  学術企画委員  2004-2010 
詳細表示...