English
日本大学 
生物資源科学部 
生命農学科 

更新日:2019/05/07 
専任講師 
百瀬 博文 
モモセ ヒロフミ 
MOMOSE Hirofumi 

 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴 (公開件数:3件)
日本大学農獣医学部  助手  1985/04-1991/03 
日本大学農獣医学部  専任講師  1991/04-1998/03 
日本大学生物資源科学部(改組)  専任講師  1998/04-現在 

学歴 (公開件数:2件)
日本大学  農獣医学部  農学科  1983/03/25  卒業  国内 
日本大学大学院  農学研究科  農学  博士前期  1985/03/25  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
農学修士  日本大学 

免許・資格 (公開件数:2件)
農業改良普及員  1982/10  神奈川県 
大型特殊自動車運転免許(農耕車に限る)  1983/03 

教育・研究活動状況
担当科目:植物環境調節学、生命農学実験2・3、生命農学実習1・2、生命農学演習1・2、卒業研究
研究内容:
1.画像解析法による園芸作物の栄養診断法の開発
環境負荷軽減型農業が叫ばれ、減農薬・減肥料栽培が重用視されるなか、リアルタイムな植物栄養診断が重要度を高めている。
植物栄養診断法は、搾汁液や乾物分解液の化学分析(いわゆる破壊検査)と、葉色診断による間接的診断(いわゆる非破壊検査)に大別され、当職は葉色診断法の開発について研究している。
葉色診断では、既に色彩色差計や葉緑素計などの機器やカラーチャートを利用した測定が行われているが、専用の機器は概して高価であり、個々の農家が用意するにはコスト面で不利である。カラーチャートは、植物ごとのカラーチャートが必要である、測定環境や測定者による誤差が生じやすいといったデメリットもあり、普及を妨げている。
そこで、デジタルカメラとパソコンを組み合わせた(スマートフォンやタブレット端末に移行中)葉色測定システムを考案し、実用化のための試験を継続している。
2.スマートアグリカルチャー具現化のためのIoT機器の開発
スマートアグリカルチャーは開発の途についたばかりであり、種々の規格・装置が非発表されているが、導入には初期コストの低減が課題となっている。カード型コンピュータや小型センサーを組み合わせた環境測定装置や成育測定装置の開発に取り組んでいる。
3.ダイズ”津久井在来”のエダマメ利用について
津久井在来は神奈川県の在来品種で、かながわブランドにも認定されたダイズであるが、晩生のためエダマメの需要期にエダマメとして出荷できない。短日処理と早期播種の組み合わせで需要期に収穫できる可能性を見出したが、販売収量を賄うには至っていない。そこで、高品質かつ収量増に向けた栽培法の改善に取り組んでいる。 

研究分野 (公開件数:2件)
園芸学・造園学 
施設園芸学 

研究キーワード (公開件数:7件)
花卉園芸学 
施設園芸学 
栄養診断 
画像解析 
葉色解析 
スマートアグリカルチャー 
エダマメ 

研究テーマ (公開件数:3件)
栄養診断のための葉色解析法の開発について  1998-現在 
ダイズ品種"津久井在来"のエダマメ利用のための栽培方法の検討  2017/04/01-現在 
温室内微気象が作物生育に及ぼす影響  2015/04/01-現在 
詳細表示...

共同・受託研究実績 (公開件数:2件)
バイオマス燃焼灰の肥料効果の研究  2012-2014 
インパチェンス(バイカラーフラッシュ)の安定生産に関する研究  2007-2008 
詳細表示...

著書 (公開件数:4件)
博物館報No.20 2010年度 (サクラ雑感)  日本大学生物資源科学部博物館  2011/03 
プランツガーデン(あなたもプランツドクター -7-)  日本園芸協会  2005/12/01 
農耕と園芸(画像解析法による園芸植物の栄養診断法の可能性)  誠文堂新光社  2005/01/23 
農耕と園芸(生長調節物質による組織の保存)  誠文堂新光社  1989/09 
詳細表示...

論文 (公開件数:15件)
農場実習における作物学と園芸学の意義  日本大学生物資源科学 教職課程紀要  2019/02/28 
農場実習における検定試験受検の教育的意義  日本大学生物資源科学 教職課程紀要  2017/09/30 
Lavandula x intermedia is a Vernalization Type Plant  Japan Agrivcaltural Rasearch Quarterly  2010/01 
モノクロ画像処理による芝生内の雑草群落の識別に関する研究  植物工場学会誌  1998/09 
コチョウランの花粉塊貯蔵と種子形成ならびに発芽におよぼす有機溶媒の影響  熱帯農業  1993/12 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:38件)
口頭発表(一般)  ダリア花の老化におけるプログラム細胞死の品種間差  園芸学会平成31年度春季大会  2019/03/24 
口頭発表(一般)  ダイズ‘津久井在来’のエダマメ利用について(第1報)短日処理による成育促進  園芸学会平成30年度秋季大会  2018/09/23 
口頭発表(一般)  矮化剤処理がペチュニアの花色に及ぼす影響  園芸学会平成30年度秋季大会  2018/09/22 
ポスター発表  矮化剤処理がペチュニアの複色花弁の花色に及ぼす影響  第14回 日本ナス科コンソーシアム年会  2017/09/13 
ポスター発表  通路潅水したハウス栽培トマトのマルチ被覆下の施肥成分分布  園芸学会平成26年度春季大会  2014/03/29 
詳細表示...

芸術活動、建築作品等 (公開件数:2件)
画像解析用による非破壊栄養診断プログラム  1995-現在 
超音波式家畜生体断面画像解析プログラムの改良  1991-1992 
詳細表示...

受賞 (公開件数:2件)
日本大学生物資源科学部学部長賞  2019/03/25  国内 
農業情報学会貢献賞  2018/05/16  国内 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:8件)
植物環境調節学 
生命農学実習1 
生命農学実習2 
生命農学実験2 
生命農学実験3 
詳細表示...

社会活動 (公開件数:4件)
(大和市)和中地区家庭・地域教育活性化会議  2015/04-現在 
薬物乱用防止指導員(神奈川県)  2015/04/01-現在 
大和市平成21年度使用小学校教科用図書採択検討委員会委員  2008/07-2008/11 
新「大和市情報都市マネジメントプラン」策定懇話会委員  2005/09/01-2006/03/31 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:3件)
園芸学会 
農業情報学会 
日本生物環境工学会 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:1件)
大和市  新「大和市情報都市マネジメントプラン」策定懇話会  2005/09/01-2006/03/31 
詳細表示...