English
日本大学 
経済学部 
経済学部 

更新日:2019/04/10 
准教授 
岸田 真 
キシダ マコト 
KISHIDA MAKOTO 

個人ウェブサイトはこちら  

経歴 (公開件数:1件)
日本大学経済学部専任講師  2004/04/01-2015/03/31 

学歴 (公開件数:3件)
慶應義塾大学  大学院 経済学研究科  経済史  修士  1997/03/31  修了  国内 
慶應義塾大学  経済学研究科  経済学  博士後期  2003/03/31  単位取得満期退学 
慶應義塾大学  経済学部  1995  卒業  国内 

学位 (公開件数:1件)
修士(経済学)  慶應義塾大学  1997/03/31 

研究分野 (公開件数:1件)
経済史 

研究キーワード (公開件数:1件)
日本経済史 

著書 (公開件数:7件)
戦後IMF史 創生と変容  名古屋大学出版会  2014/07/20 
History of the IMF: Organization, Policy and Market  Springer  2015/07 
日本経済史 1600-2015 歴史に読む現代  慶應義塾大学出版会  2017/04/28 
MINERVAスタートアップ経済学 日本経済史  ミネルヴァ書房  2017/04/30 
日本経済史 1600-2000 -歴史に読む現代-  慶應義塾大学出版会  2009/03/12 
詳細表示...

論文 (公開件数:7件)
東京市外債発行交渉と憲政会内閣期の金本位復帰政策,1924〜1927年  社会経済史学  2002/11/01 
南満州鉄道外債交渉と日本の対外金融政策,1927〜1928年  社会経済史学  2000/01/01 
1920年代日本の正貨収支の数量的検討-「在外正貨」再考-  三田学会雑誌  2003/04/01 
昭和金融恐慌後のアメリカの対日経済認識と日米経済関係-1927年10月、モルガン商会T.W.ラモントの訪日を通じて-  三田学会雑誌  2003/10/01 
日露戦後期の財政・金融政策と英国市場における日本の対外信用  経済集志  2012/01/20 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:11件)
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Formation and Development of Japanese Aid Policies: Focusing on the External Economic Cooperation Council, 1960-1971  12th Indo Japanese Dialogue on The Transformation of International Economic Order of Asia in the 1970s  2019/03/11 
口頭発表(一般)  日本のブレトンウッズ体制への参入と戦前期外債処理問題  日本金融学会歴史部会  2014/03/15 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  パネルディスカッション「1932年日銀国債引受発行の再検討」コメント  政治経済学・経済史学会2013年度秋季学術大会  2013/10/19 
口頭発表(一般)  1920年代における日本の対外信用――金本位停止期における公債政策と国際金融市場のリスク・プレミアム  社会経済史学会第80回全国大会  2011/05/05 
口頭発表(一般)  国際金融・資本市場と日本の外資導入論  政治経済学・経済史学会 2010年度秋季学術大会 パネルディスカッション  2010/11/13 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:4件)
社会経済史学会  1997-現在 
経営史学会 
政治経済学・経済史学会  2009/09/01-現在 
日本金融学会  2010/09/25-現在 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:2件)
経営史学会  広報委員  2011/04/01-2015/03/31 
日本金融学会  歴史部会幹事  2011/04/01-2015/03/31 
詳細表示...