日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Art 
Department of Broadcasting 

Updated : 2017/01/18 
Professor 
KANETAKA Masao 

Birth:1960  
Tel.03-5995-8271  
 

Career (Number of the published data : 1)
日本大学芸術学部放送学科教授  2007/04-Present 

Academic background (Number of the published data : 2)
Keio University  Faculty of Literature  Psychology  1982  Graduated  Domestic 
Keio University  Graduate School, Division of Sociology  Sociology  Doctor later  1990  Completed  Domestic 

Academic degrees (Number of the published data : 1)
Dr.(Sociology)  Keio University 

Research Areas (Number of the published data : 4)
Cognitive Science 
Business Administration 
Sociology 
Social Psychology 

Research keywords (Number of the published data : 12)
コミュニケーション 
情報受容 
マス・コミュニケーション 
放送表現 
広告効果 
広告表現 
メディア接触 
消費行動 
放送広告 
Advertisement 
Massmedia Exposure 
Media 

Subject of research (Number of the published data : 2)
Broadcasting Ad Communication  2001-Present 
Media Value of TV for Advertisement  2008-2018 
View details...

Proposed theme of joint or funded research (Number of the published data : 1)
テレビCMの教育・研究用アーカイブの作成 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 8)
コミュニケーション論  東京書籍  1998/02 
ささえあい・つながりあいを生きる  中央法規出版  1996/04 
コミュニケーション学入門  大修館書店  1994/04 
精神医学事典  弘文堂  1993/02 
社会心理学Ⅱ  1996/04 
View details...

Papers (Number of the published data : 63)
広告表現教育における発想支援  放送と表現(日本大学芸術学部放送学科)  2007/03 
活字表現の印象;書体・字体・サイズの効果ー心理学的測定による報告-  尚美学園短期大学研究紀要  1996/03/31 
商業放送の歴史 揺らぐテレビの媒体価値  GALAC(放送批評懇談会)  2005/11 
ポップカルチャーの消費と青年期自己イメージ  日本大学芸術学部紀要  2016/11 
大学は発達障害をどう受け入れるのか  大学時報  2016/09 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 4)
Symposium workshop panel(public)  公開シンポジウム 第6回<ギャラクシー賞受賞「報道活動」 を見て、制作者と語る会>  ギャラクシー賞受賞「報道活動」 を見て、制作者と語る会  2013/11/09 
Other  報道活動を見て制作者と語る会  報道活動を見て制作者と語る会  2012/11 
Other  ギャラクシー賞報道活動部門 受賞者と語る会  ギャラクシー賞報道活動部門 受賞者と語る会  2011/11 
Oral presentation(general)  新旧メディアとマーケティングコミュニケーション  いたばし産業研究会  2011/07 
View details...

Artistic Activity, Architectural Works, etc. (Number of the published data : 1)
尚美学園大学ラジオCM  2002/07-2002/08 
View details...

Other research achievements (Number of the published data : 12)
AKBグループとハロープロジェクト、それぞれの文化コミュニケーションモデル  2015/08/20-Present 
「所さんの目がテン」アイドルを科学する5  2015/06/14-Present 
「所さんの目がテン」アイドルを科学する4  2015/03/15-Present 
「所さんの目がテン」アイドルを科学する3  2015/01/25-Present 
「所さんの目がテン」アイドルを科学する2  2014/11/23-Present 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 3)
Social Phenomena 
社会現象の解読Ⅱ 
Broadcasting System(Social) 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 4)
日本心理学会 
日本社会心理学会 
日本マスコミュニケーション学会 
日本広告学会 
View details...