English
日本大学 
生物資源科学部 
海洋生物資源科学科 

更新日:2020/10/02 
教授 
糸井 史朗 
イトイ シロウ 
ITOI Shiro 

 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴 (公開件数:6件)
東京大学大学院農学生命科学研究科学術研究支援員  2003/04/01-2003/08/31 
科学技術振興事業団重点研究支援協力員(独立行政法人水産総合研究センター中央水産研究所)  2003/09/01-2004/03/31 
日本大学生物資源科学部 助手  2004/04/01-2008/03/31 
日本大学生物資源科学部 専任講師  2008/04/01-2013/03/31 
日本大学生物資源科学部 准教授  2013/04/01-2020/03/31 
日本大学生物資源科学部 教授  2020/04/01-現在 

学歴 (公開件数:3件)
日本大学  農獣医学部  水産学科  1998  卒業  国内 
東京大学大学院  農学生命科学研究科  水圏生物科学専攻  博士前期  2000  修了  国内 
東京大学大学院  農学生命科学研究科  水圏生物科学専攻  博士後期  2003  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(農学)  東京大学 

研究分野 (公開件数:3件)
水産化学 
水産学一般 
進化生物学 

研究キーワード (公開件数:8件)
フグ毒 
ムツ属魚類 
乳酸菌 
キチナーゼ 
細菌 
カジカ 
在来個体群 
ミジンコ 

研究テーマ (公開件数:3件)
細菌の生産する結晶キチン分解性キチナーゼに関する研究  2004-現在 
メジナおよびクロメジナの種分化に関与する遺伝子の探索  2004-現在 
カジカ個体群の遺伝的多様性に関する研究  2005-現在 
詳細表示...

共同・受託研究実績 (公開件数:5件)
ツツイカ類における蓄熱布の有効性について  2010-2011 
受水槽水における一般細菌の細菌叢に関する研究  2009-2010 
上水道に使用される地下水の細菌叢に関する研究  2009-2010 
神奈川県宮ヶ瀬湖で採捕されたオオクチバス・コクチバスのMt-DNAハプロタイプ分析  2009-2010 
平成17年度自然公園等施設設備委託(渓流魚遺伝子分析調査)[丹沢大山総合調査 生きもの再生調査]  2005-2006 
詳細表示...

著書 (公開件数:7件)
増補改訂版 養殖の餌と水-陰の主役たち(杉田治男編) 7章 循環濾過システム  恒星社厚生閣  2014/09/30 
水族館と海の生き物たち(杉田治男編) 17章 海洋生物の毒  恒星社厚生閣  2014/03/25 
メジナ 釣る? 科学する?  恒星社厚生閣  2011/07/01 
養殖の餌と水-陰の主役たち(杉田治男編) 6章 循環濾過システム  恒星社厚生閣  2008/03/15 
丹沢大山総合調査学術報告書(丹沢大山総合調査団編)  財団法人平岡環境科学研究所  2007/07/31 
詳細表示...

論文 (公開件数:86件)
Genetic and morphological characteristics in the local population of the landlocked salmon Oncorhynchus masou originally distributed in Kanagawa Prefecture, Japan  Marine Biotechnology  2020  10.1007/s10126-020-09975-2 
Taxonomic distribution of tetrodotoxin in acotylean flatworms (Polycladida: Platyhelminthes)  Marine Biotechnology  2020  10.1007/s10126-020-09968-1 
The planocerid flatworm is a main supplier of toxin to tetrodotoxin bearing fish juveniles  Chemosphere  2020/06  10.1016/j.chemosphere.2020.126217 
Characterization and phylogenetic position of two sympatric sister species of toxic flatworms Planocera multitentaculata and Planocera reticulata (Platyhelminthes: Acotylea)  Mitochondrial DNA Part B: Resources  2020/06/11  10.1080/23802359.2020.1730255 
Heptavalinamide A, an extensively N-methylated linear nonapeptide from a cyanobacterium Symploca sp. and development of a highly sensitive analysis of N,N-dimethylvaline by LCMS  Organic Letters  2020/02/05  10.1021/acs.orglett.9b04420 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:214件)
ポスター発表  二枚貝のフグ毒保有に及ぼすヒラムシの影響  令和2年度日本水産学会春季大会  2020/03/29 
口頭発表(一般)  マダイイリドウイルス(RSIV)に対するDNAワクチンが誘導する獲得免疫の評価  令和2年度日本水産学会春季大会  2020/03/29 
口頭発表(一般)  日本列島近海のムツ属魚類の初期生態解明に関する研究  令和2年度日本水産学会春季大会  2020/03/28 
口頭発表(一般)  フグ毒テトロドトキシンを保有するヒラムシのドラフトゲノム構築  令和2年度日本水産学会春季大会  2020/03/27 
ポスター発表  Towards the elucidation of the origin of tetrodotoxin (TTX): metagenomic analysis of toxic flatworm  International Symposium on Aquatic Metagenomics  2019/11/23 
詳細表示...

受賞 (公開件数:2件)
日本大学生物資源科学部 学部長賞  2013/03/25  国内 
平成23年度水産学奨励賞  2012/03/28  国内 
詳細表示...

研究費 (公開件数:40件)
文部科学省科学研究費  フグの毒化に及ぼすヒラムシの影響―真のフグ毒生産者はだれか?  2019/04/01-2023/03/31 
文部科学省科学研究費  フグの毒化に及ぼすヒラムシの影響―真のフグ毒生産者はだれか?  2019/04/01-2023/03/31 
文部科学省科学研究費  フグの毒化に関わるヒラムシ類の探索―フグの毒化に及ぼす影響と生態解明  2018/04/01-2020/03/31 
文部科学省科学研究費  フグの毒化に関わるヒラムシ類の探索―フグの毒化に及ぼす影響と生態解明  2018/04/01-2020/03/31 
その他助成金  フグ毒を保有する海産生物の毒化機構の解明~新たな和食の食材提供に資する基礎的研究  2016/06/09-2017/03/31 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:3件)
海洋資源育成環境学実験 
水族栄養学 
専門英語 
詳細表示...

社会活動 (公開件数:1件)
人事院国家公務員採用総合職試験試験専門委員  2013/07/01-2016/07 
詳細表示...

メディア報道 (公開件数:6件)
フグによる食中毒と対処法  家庭での素人調理は危険  2020/07/04 
研究最前線 フグの生態解明に迫る  2019/03/21 
佐賀県「フグ肝販売解禁」要求が波紋 県庁担当者が裏側語る  2016/05/11 
A Toxic Relationship: Pufferfish Moms Poison Their Young (In A Good Way)  2015/02/07 
Even baby puffer fish are poison to predators  2013/12/26 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:2件)
マリンバイオテクノロジー学会  2004-現在 
日本水産学会  1999-現在 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:15件)
日本水産学会  選挙管理委員会委員  2019/03/01-2020/02/29 
日本水産学会  水産増殖懇話会委員会委員  2018/03/01-現在 
日本水産学会 関東支部  支部幹事  2018/03/01-2020/02/28 
マリンバイオテクノロジー学会  評議員  2017/04/01-現在 
日本水産学会  庶務幹事  2016/03/01-2018/02/28 
詳細表示...