日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Engineering 
Department of Mechanical Engineering 

Updated : 2019/07/19 
Professor 
NISHIMOTO Tetsuya 

 
My website is here.  

Career (Number of the published data : 4)
財団法人 日本自動車研究所  1987/04-2004/09 
The University of Adelaide, Road Accident Research Unit 客員研究員  1997/06-1998/03 
日本大学 助教授(現,准教授)  2004/10-Present 
日本大学 教授  2012/04-Present 

Academic background (Number of the published data : 1)
Nihon University  Graduate School of Engineering  Mechanical Engineering Course  Doctor prophase  1987  Completed  Domestic 

Current state of research and teaching activities
自動車事故等での人体被害を軽減させるために必要な人体の力学特性,衝撃耐性に関する研究,収集した力学特性を用いたコンピュータシミュレーションを実施している.さらに,傷害予測技術を自動車システムとしてのドライブレコーダーに組み込み,交通事故時の被害者救済研究を実施している. 

Research Areas (Number of the published data : 9)
Biomechanics 
Human tolerance 
Fundamental Engineering 
Computational mechanics 
Crash recorder 
Accident reconstruction 
Automobile safety 
Impact biomechanics 
Head injury 

Research keywords (Number of the published data : 2)
Impact Biomechanics 
Biomechanics 

Subject of research (Number of the published data : 3)
Study on human tolerance  2004-2007 
Development of life guard drive recorder system  2004-2007 
Injury simulation  2004-2007 
View details...

Proposed theme of joint or funded research (Number of the published data : 3)
人体の力学特性に関する研究 
人体傷害のコンピューターシミュレーション 
救命のための自動車システムの開発 
View details...

Achievements of joint or funded research (Number of the published data : 14)
受託研究自動車安全技術関連C  2015-Present 
受託研究自動車安全技術関連A  2013-Present 
受託研究自動車安全技術関連B  2013-Present 
NUBIC受託研究自動車安全技術関連A  2013-Present 
NUBIC共同研究自動車安全技術関連A  2013-Present 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 4)
機械工学便覧デザイン編β8「生体工学」  日本機械学会  2007/01/31 
工学技術者と医療従事者のためのインパクトバイオメカニクス  自動車技術会  2006/11/15 
交通事故事件捜査におけるわかりやすい実況見分のポイント  東京法令出版  2004/09 
自動車工学-基礎-(安全演習問題担当)  自動車技術会編  2003/12 
View details...

Papers (Number of the published data : 79)
A pedestrian serious injury risk prediction method based on posted speed limit  Accident Analysis and Prevention  2019  10.1016/j.aap.2019.04.021 
Development of a pedestrian injury prediction model for potential use in an Advanced Automated Crash Notification (AACN) system  Journal of the Australasian College of Road Safety  2018 
前突シートベルト着用乗員の胸部骨折形態の解析  自動車技術会論文集  2018/11/25 
ドクターヘリを起動する救急指導通報システム(D-Call Net)の開発と試験運用  日臨救急医会誌  2018/06/06 
Serious Injury Prediction Algorithm Based on Large-Scale Data and Under-Triage Control  Accident Analysis and Prevention  2017  10.1016/j.aap.2016.09.028 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 300)
Symposium workshop panel(nominated)  車両クラス別・乗車位置別・衝突方向別傷害予測アルゴリズムVer2019'  自動車技術会2019名古屋展示会フォーラム:自動車技術会 人とくるまのテクノロジー展2019名古屋:事故自動通報システムのすすめ-最新の普及状況-  2019/07/18 
Oral presentation(invited, special)  D-Call Net通報事案のトリアージ精度評価及び精度向上に関する検討  第55回日本交通科学学会総会  2019/06/20 
Oral presentation(invited, special)  大学により医工学連携交通事故実態調査から見えてきた自動車安全の課題  第55回日本交通科学学会総会  2019/06/20 
Oral presentation(general)  EVALUATION OF THRESHOLD USED BY ADVANCED AUTOMATIC COLLISION NOTIFICATION SYSTEM FOR DISPATCHING DOCTORS TO ACCIDENT SITES  26th International Technical Conference and exhibition on the Enhanced Safety of Vehicles (ESV)  2019/06/13 
Oral presentation(general)  車両クラス別・乗車位置別・衝突方向別傷害予測アルゴリズムVer.2019’の構築と検証  自動車技術会2019年春季大会  2019/05/23 
View details...

Artistic Activity, Architectural Works, etc. (Number of the published data : 1)
緊急通報機能を搭載したパーソナルモビリティ  2013/11/22-2013/12/01 
View details...

Intellectual property rights (Number of the published data : 1)
Patent  非接触生体情報収集による年齢推定装置,年齢推定方法及び年齢推定プログラム 
View details...

Prizes (Number of the published data : 3)
2016年春季大会学術講演会優秀講演発表賞  2016/07/27  Domestic 
1996年度日本機械学会奨励賞(研究)  1997/04  Domestic 
平成7年度日本材料強度学会論文賞  1996/06  Domestic 
View details...

Research expenses (Number of the published data : 15)
Grant-in-Aid for Scientific Research  交通事故で一番多い歩行者事故死者を救命するための自動車安全システムの研究  2018/04/01-2021/03/31 
Other grant  二輪車乗員保護のための救命に関する研究補助事業  2015/06/08-2017/03/31 
Grant-in-Aid for Scientific Research  ヒト胸腹部の損傷メカニズムの解明による災害発生時の安全ガイドラインの作成  2014/04/01-2017/03/31 
Other grant  将来の公道走行を想定した高齢者乗車パーソナルモビリティの安全運転能力の先行調査  2012-2012 
Other  人体組織の衝撃耐性の解明と被害軽減のための安全基準に関する研究(サステナブルモビリティの実現に向けて)  2011-2013 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 8)
バイオメカニクス特論 
機械力学Ⅱ及び演習 
Biomechanical engineering for traffic safety 
ヒューマンダイナミクス 
機械力学Ⅰ及び演習 
View details...

Teaching achievements (Number of the published data : 15)
2019年自動車技術会学生安全技術デザインコンペティション日本大会最優秀賞  2019/03/11-Present 
2019年度自動車技術会関東支部学術講演会,「赤池情報量基準AICを指標とした乗員傷害予測アルゴリズムの研究」ベスト・ペーパーおよびベスト・プレゼンテーション賞  2019/03/06-Present 
2018年自動車技術会学生安全技術デザインコンペティション日本大会最優秀賞  2018/03/29-Present 
2016年度自動車技術会関東支部学術講演会,「食用ブタの腹部臓器の力学特性」ベスト・プレゼンテーション賞  2017/03/09-Present 
2017年自動車技術会学生安全技術デザインコンペティション日本地域決勝大会優秀賞  2017/03/06-Present 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 6)
日本機械学会 
自動車技術会 
SAE(Society of Automotive Engineers) 
日本神経外傷学会 
日本法科学技術学会 
View details...