日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Humanities and Sciences 
Department of Japanese Language and Literature 

Updated : 2019/10/03 
Professor 
OGINO Tsunao 

Birth:1952  
 
My website is here.  

Career (Number of the published data : 8)
東京大学文学部・助手  1977/04/01-1984/03/31 
埼玉大学教養学部・講師  1984/04/01-1986/03/31 
埼玉大学教養学部・助教授  1986/04/01-1987/03/31 
筑波大学文芸・言語学系・講師  1987/04/01-1991/03/31 
筑波大学文芸・言語学系・助教授  1991/04/01-1995/03/31 
東京都立大学人文学部・助教授  1995/04/01-1998/09/30 
東京都立大学人文学部・教授  1998/10/01-2005/03/31 
日本大学文理学部・教授  2005/04/01-Present 

Academic background (Number of the published data : 2)
The University of Tokyo  Faculty of Literature  Department of Linguistics  1975/03/29  Graduated  Domestic 
The University of Tokyo  Graduate School, Division of Humanities  Linguistics  Master course  1977/03/31  Completed  Domestic 

Current state of research and teaching activities

社会言語学・計量言語学などの分野の研究をしています。中心テーマは敬語ですが、興味があることは何でもやる考え方をしています。 

Research Areas (Number of the published data : 2)
Japanese Linguistics 
Quantitative Linguistics 

Research keywords (Number of the published data : 4)
Sociolinguistics 
Quantitative Linguistics 
Corpus Linguistics 
敬語行動 

Subject of research (Number of the published data : 1)
敬語行動 
View details...

Achievements of joint or funded research (Number of the published data : 1)
山形県三川町方言の総合的研究  2009-2010 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 17)
ウェブ検索による日本語研究  朝倉書店  2014/05/20 
現代日本語学入門 改訂版  明治書院  2018/03/10 
デジタル社会の日本語作法  岩波書店  2007/07 
WWWを日本語コーパスとして使うための基礎的研究  科学研究費報告書  2008/02 
講座 日本語コーパス 7 コーパスと辞書  朝倉書店  2019/03/25 
View details...

Papers (Number of the published data : 40)
日本語研究におけるコンピュータ利用の一側面  日本語學研究  2017/09/20  10.14817/jlak.2017.53.05 
新語の普及過程をツイッターで調べるには  日本語学  2017/09/01 
データの視覚化(9) 自作プログラムで Canon LIPS プリンタに出力する  計量国語学  2017/06/20 
Some Problems and Developments of Corpus-linguistics  STUDIES IN HUMANITIES AND SOCIAL SCIENCES  2017/02/28 
コーパス言語学の方法論研究  研究紀要  2016/02/28 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 21)
Oral presentation(invited, special)  データサイエンスと学際研究のあり方―計量言語学と社会言語学の視点から―  多元文化研究と異文化教育国際シンポジウム  2019/09/19 
Oral presentation(general)  第三者敬語の待遇レベルの数量化(完成版)  日本語学会2018年度秋季大会  2018/10/13 
Symposium workshop panel(nominated)  日本語研究に大規模ウェブテキストデータを扱うためには?【初級編】ウェブの検索結果を利用する  コーパスとしてのウェブテキスト活用シンポジウム  2018/09/06 
Oral presentation(keynote)  情報化時代の学際的日本研究  韓国日本学会(KAJA)第96回国際学術大会  2018/02/10 
Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others  日本語研究におけるコンピュータ利用の一側面  第35回国際学術発表大会  2017/03/18 
View details...

Prizes (Number of the published data : 2)
JACET賞  1987/10/10  Domestic 
第9回金田一京助博士記念賞  1982/05/05  Domestic 
View details...

Research expenses (Number of the published data : 5)
Grant-in-Aid for Scientific Research  WWW検索による日本語研究の総合的展開  2014/04/01-2017/03/31 
Grant-in-Aid for Scientific Research  現代の敬語使用の諸相  2009-2011 
Grant-in-Aid for Scientific Research  コーパスを利用した国語辞典編集法の研究  2006-2010 
Grant-in-Aid for Scientific Research  代表性を有する大規模書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備<総括班>  2006-2010 
Grant-in-Aid for Scientific Research  WWW を日本語コーパスとして使うための基礎的研究  2005-2007 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 5)
日本語学入門1 
現代日本語学2 
現代日本語学4 
特殊研究ゼミナール1・3 
卒業論文 
View details...

Social activities (Number of the published data : 7)
NHK放送研修センター評議員  2012/04-Present 
財団法人坂口国際育英奨学財団審査委員  2010/04-Present 
大学評価・学位授与機構大学機関別認証評価委員会専門委員  2009/05-2011/04 
財団法人青峰奨学財団理事  2008/04-Present 
NHK放送用語委員  2006/12-Present 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 10)
日本行動計量学会 
韓国社会言語学会 
韓国日語日文学会 
日本方言研究会 
日本語学会(旧:国語学会) 
View details...