English
日本大学 
経済学部 
経済学部 

更新日:2019/02/27 
教授 
坂野 徹 
サカノ トオル 
Sakano Toru 

学歴 (公開件数:3件)
九州大学  理学部  生物学科  1986  卒業  国内 
東京大学  理学系研究科  科学史・科学基礎論専攻  博士前期  1990  修了  国内 
東京大学  理学系研究科  科学史・科学基礎論専攻  博士後期  1994  単位取得満期退学  国内 

学位 (公開件数:2件)
博士(学術)  東京大学 
修士(理学)  東京大学 

教育・研究活動状況
戦後日本における人類諸科学(自然人類学、文化人類学、民俗学、霊長類学)の展開と社会との関係を、知的・制度的側面の両面を射程に入れながら、跡づけつつ、下記の(1)から(4)について考察・解明する。
(1) GHQ占領期における人類諸科学の状況
(2)1950年代における人類諸科学の状況
(3)高度経済成長期における人類諸科学の状況
(4)1970年代以降の人類諸科学の状況 

研究分野 (公開件数:2件)
科学史 
科学社会学・科学技術史 

研究キーワード (公開件数:6件)
生物学史 
人類学史 
科学の政治学 
日本 
人類学 
政治 

研究テーマ (公開件数:1件)
日本の人類学史  2005-2011 
詳細表示...

著書 (公開件数:17件)
帝国日本と人類学者:1884─1952年  勁草書房  2005/04 
フィールドワークの戦後史:宮本常一と九学会連合  吉川弘文館  2012/12/10 
帝国日本の科学思想史  勁草書房  2018/09/20 
帝国を調べる─植民地フィールドワークの科学史  勁草書房  2016/02/15 
昭和前期の科学思想史  勁草書房  2011/10/20 
詳細表示...

論文 (公開件数:57件)
日本人類学の軌跡─1884─1952年  東京大学大学院総合文化研究科博士論文  2006/01/19 
漢化・日本化・文明化─植民地統治下台湾における人類学研究─  思想  2003/05 
好事家の政治学─坪井正五郎と明治期人類学の軌跡─  思想  2000/01 
Population, Sex and Labor: Medicine and Public Hygiene in Micronesia under Japanese Rule, 1914-1945  Historia Scientiarum  1998/12 
坪井正五郎の人類学─明治期日本における人類学の射程─  年報 科学・技術・社会  1999/07 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:29件)
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  縄文ブームとは何か──考古学の歴史から考える  愛川町町民大学教養講座(日本の科学/学問の光と影──歴史から考える)  2018/12/21 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  人類学者の遺骨収集の歴史をどう描くのか──小金井良精の北海道調査旅行(1888)をめぐって  日本人類学会  2018/10/20 
口頭発表(一般)  生物学者と戦争──パラオ熱帯生物研究所(元)研究員・羽根田弥太と昭南博物館  日本科学史学会  2018/05/26 
口頭発表(一般)  緑の牢獄あるいはユートピア––パラオ熱帯生物研究所の若き学徒たち  生物学史研究会  2018/03/24 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  日本の考古学と人種研究  人文研連続セミナー(人種神話を解体する)  2017/11/10 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:5件)
科学・技術と社会の会 
化学史学会 
日本科学史学会 
日本科学史学会生物学史分科会 
十五年戦争と日本の医学医療研究会  2008/04-現在 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:4件)
日本科学史学会  総務委員  2006/12/17-現在 
日本科学史学会生物学史分科会  事務局  2006/09/01-現在 
日本科学史学会  和文誌編集委員  2004/04/01-現在 
日本科学史学会生物学史分科会  『生物学史研究』編集委員  1998/04-現在 
詳細表示...