English
日本大学 
生物資源科学部 
獣医学科 

更新日:2018/04/02 
専任講師 
岡林 堅 
オカバヤシ ケン 
OKABAYASHI Ken 

 

経歴 (公開件数:4件)
日本大学生物資源科学部助手  2005/04/01-2010/03/31 
日本大学生物資源科学部助教  2010/04/01-2015/03/31 
日本大学生物資源科学部専任講師  2015/04/01-現在 
日本大学松戸歯学部兼担講師  2015/04/01-現在 

学歴 (公開件数:2件)
日本大学  農獣医学部  獣医学科  2001  卒業  国内 
日本大学  大学院 獣医学研究科  獣医学専攻  博士後期  2005  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(獣医学) 

研究分野 (公開件数:1件)
獣医学 

著書 (公開件数:1件)
Oxidative Stress  InTech  2012/05 
詳細表示...

論文 (公開件数:25件)
JNK activation is essential for activation of MEK/ERK signaling in IL-1β-induced COX-2 expression in synovial fibroblasts.  Sci Rep  2017/01/05  10.1038/srep39914. 
Expression and Function of Interleukin-1β-Induced Neutrophil Gelatinase-Associated Lipocalin in Renal Tubular Cells.  PLoS One  2016/11/16  10.1371/jpurnal.pone.0166707 
Activation of MEK/ERK pathways through NF-κB activation is involved in interleukin-1β-induced cyclooxygenease-2 expression in canine dermal fibroblasts.  Vet Immunol Immunopathol  2015/12 
Fibroblast Growth Factor Receptor-2 Contributes to the Basic Fibroblast Growth Factor-Induced Neuronal Differentiation in Canine Bone Marrow Stromal Cells via Phosphoinositide 3-Kinase/Akt Signaling Pathway.  PLoS One  2015/11 
Differentiation of canine bone marrow stromal cells into voltage- and glutamate-responsive neuron-like cells by basic fibroblast growth factor.  J Vet Med Sci  2015/01 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:40件)
イヌ髄膜腫15症例における腫瘍関連遺伝子の発現解析  第13回日本獣医内科学アカデミー学術大会  2017/02/18 
口頭発表(一般)  ネコ滑膜線維芽細胞におけるグルコサミンによるIL-1β誘導性COX-2発現の抑制  第159回日本獣医学会学術集会  2016/09/07 
口頭発表(一般)  ネコ滑膜線維芽細胞におけるIL-1β誘導性の新規ERK活性調節:JNK依存性MEK/ERK経路  第159回日本獣医学会学術集会  2016/09/07 
口頭発表(一般)  イヌ滑膜線維芽細胞のTNF-α処理によるIL-8の発現とMAPキナーゼ経路の関与  第159回日本獣医学会学術集会  2016/09/07 
口頭発表(一般)  ステロイドはイヌ皮膚由来線維芽細胞におけるインターロイキン- 1 β刺激によるシクロオキシゲナーゼ-2 mRNA発現を阻害しない  第159回日本獣医学会学術集会  2016/09/06 
詳細表示...

受賞 (公開件数:1件)
日本唾液腺学会奨励賞  2010/12  国内 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:6件)
日本獣医学会 
日本生化学会 
日本医真菌学会 
International Society for Human and Animal Mycology 
日本唾液腺学会  2010/12-現在 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:2件)
神奈川県獣医師会  広報部会 会報委員長  2018/04/01-現在 
神奈川県獣医師会  広報部会 会報委員会  2016/06-現在 
詳細表示...