日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Bioresource Sciences 
Department of Applied Biological Science 

Updated : 2019/04/22 
Associate Professor 
Masuhiro Yoshikazu 

Birth:1971  

Profile
 私の研究では、組換え体タンパク質の技術を駆使し、難病や再生医療に役立つ有用タンパク質を開発したいと考えています。旧来のタンパク質療法は、分泌タンパク質(インスリンや成長ホルモン等)や抗体(炎症性サイトカイン受容体抗体、免疫チェックポイント阻害等)のような血中のタンパク質を用いたもので、特定の疾病にのみ適応しています。私が対象に考えているのは「細胞内」のタンパク質の変異や低発現を原因とした疾病です。特に、致死的、重篤な症例を対象に考えています。細胞内のタンパク質機能を変化させるために、細胞膜透過性タンパク質技術を用います。細胞内にタンパク質を透過させるためには脂溶性もしくは塩基性の十アミノ酸程度のペプチドタグを目的タンパク質に融合することが必要です。また、将来的に医療用として工業的スケールで産生することも考え、発現量の多い大腸菌発現系を主に用います。また、最近では投与回数の少ないタンパク質療法の観点から、分解耐性型の膜透過性有用タンパク質の開発を目指しています。分解耐性保持には、私達の研究室で独自に開発したスタビロンタグを使用したり、翻訳後修飾の起きるアミノ酸に変異を入れたりします。対象となるタンパク質を替えることで、遺伝子変異や低発現を原因とする難病のみならず、未分化細胞や分化細胞の分化制御も可能となります。
 更に今後、悪玉タンパク質の分解を促進する方法の開発にも取り組みます。膜透過性タンパク質は遺伝的に安全であることから、非常に大きな可能性を秘めていると考えます。
 また、最近では植物の花芽形成機構の研究も始めています。 

Career (Number of the published data : 7)
日本大学生物資源科学部応用生物科学科  准教授  2015/04/01-Present 
日本大学大学院生物資源科学研究科応用生命科学専攻  2014/04/01-Present 
日本大学生物資源科学部応用生物科学科  専任講師  2009/04/01-2015/03/31 
日本大学大学院総合科学研究科専任講師  2005/10-2014/03/31 
九州大学大学院歯学研究院助手(歯学部付属病院講師併任)  2002/04-2005/09 
九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座口腔感染免疫学分野助手  2001/04-2002/03 
CREST研究員  2000/04/01-2001/03/31 

Academic background (Number of the published data : 3)
The University of Tokyo  農学生命科学研究科  応用生命工学  Doctor later  2000  Completed  Domestic 
Tokyo University of Agriculture  Graduate School, Division of Agriculture  農芸化学  Doctor prophase  1996  Completed  Domestic 
Tokyo University of Agriculture  Faculty of Agriculture  農芸化学科  1994  Graduated  Domestic 

Research Areas (Number of the published data : 6)
Applied Biochemistry 
Functional Biochemistry 
Molecular Biology 
Immunology 
Developmental Biology 
Cell Biology 

Research keywords (Number of the published data : 24)
Cell-permeable protein 
Protein therapy 
iPS cell 
Protein Stability 
Resistance of proteolysis 
Leukemia 
Inflammation-related cytokine 
Stabilon motif 
Treg 
florigen 
細胞分化制御 
膵島細胞の分化制御 
分解促進型細胞膜透過性抗体 
Degron, Phosphodegron 
短日植物の花芽形成機構 
アメリカセンダングサ 
オートファジー 
プロテアソーム 
オナモミ 
進化とゲノム 
新規タグの開発 
高機能組換え体タンパク質 
ゲノムDNAシークエンス 
生体サンプルの透明化 

Subject of research (Number of the published data : 8)
分解耐性型細胞膜透過性有用タンパク質による細胞分化/細胞機能調節系の開発  2010/04/01-Present 
タンパク質の安定化、分解耐性を可能にする新規Stabilonモチーフの開発  2014/01/05-Present 
植物における細胞分化制御機構の研究;主に花成に関与する分子機構の解明  2015/11/01-Present 
Analysis of the mechanisms of the protein stability by DP-1 Stabilon  2009-Present 
核内レチノイン酸受容体RARαの分解機構の解明と分解耐性の獲得に関する研究  2013/04/01-Present 
View details...

Proposed theme of joint or funded research (Number of the published data : 2)
酸性アミノ酸からなるDP-1 Stabilonモチーフを融合したタンパク質の安定化に関する研究 
分解耐性型細胞膜透過性有用タンパク質による、細胞機能、分化制御 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 4)
現代栄養学を理解するための分子生物学入門  光生館  2010/04/15 
目的別で選べる遺伝子導入プロトコール  羊土社  2012/07 
細胞増殖因子と核内レセプターとのシグナルクロストークの分子メカニズム  1998/12 
核内レセプターの転写共役因子  1998/10 
View details...

Papers (Number of the published data : 26)
A designed cell-penetrating human SOCS2 protein suppresses GH-dependent cancer cell proliferation  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry  2019/02  10.1080/09168451.2018.1536516. 
The telomere binding protein Pot1 maintains haematopoietic stem cell activity with age.  Nature Communications  2017/10/06  10.1038/s41467-017-00935-4. 
Functional analysis of Protection of Telomeres 1a (Pot1a) in regulation of hematopoietic stem cell aging.  Rinsho Ketsueki.  2017  10.11406/rinketsu.58.942. 
Tumor necrosis factor-alpha-induced protein 8-like 2 (TIPE2) is a novel negative regulator of TAK1 signal  The Journal of Biological Chemistry  2016/10/21  doi: 10.1074/jbc.M116.733451 
Manipulation of Cell Cycle and Chromatin Configuration by Means of Cell-Penetrating Geminin.  PLoS One  2016/05/19  10.1371/journal.pone.0155558. 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 78)
Oral presentation(general)  分解耐性型レチノイン酸受容体RARαの開発  日本レチノイド研究会、第28回学術集会  2017/11/18 
Oral presentation(general)  分解耐性型細胞膜透過性レチノイン酸受容体 (RAR) α発現系の開発  2017年度日本農芸化学会  2017/03/19 
Oral presentation(general)  hSOCS2タンパク質の30番目のセリンのリン酸化は自身の分解を促進する  2017年度日本農芸化学会  2017/03/18 
Media report,etc.  日大、がん化しにくいiPS作製する手法開発ー設計改良タンパク質を皮膚細胞に導入  日刊工業新聞  2016/06/07 
Oral presentation(invited, special)  iPS細胞の高効率生産方法  第13回アカデミックフォーラム  2016/05/11 
View details...

Intellectual property rights (Number of the published data : 4)
Patent  タンパク質療法や細胞の分化/未分化制御、抗体療法に応用可能な細胞内でのタンパク質の安定化を可能にする酸性アミノ酸からなるモチーフの確立 
Patent  ペプチド、融合タンパク質、核酸、発現ベクター、形質転換体、医薬組成物、抗体タンパク質(タンパク質療法や抗体療法に応用可能なプロテアソームによるタンパク質分解を阻害する酸性アミノ酸から成るモチーフの確立) 
Patent  白血病治療に応用可能な細胞膜透過性タグおよび核移行シグナル融合RARαタンパク質の大量発現系、精製系の確立 
Patent  タンパク質の安定的発現や分解耐性を可能にするスタビロンタグの開発 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 7)
生化学・分子生物学実験法 
応用生物科学実験IV 
特別講義I 
特別講義II 
応用生物科学実験I 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 4)
日本生化学会正会員 
日本農芸化学会正会員 
日本植物生理学会  2019/01-Present 
Japanese Society for Retinoid Research  2015/01/20-Present 
View details...