論文
公開件数:26件

No.1
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル A designed cell-penetrating human SOCS2 protein suppresses GH-dependent cancer cell proliferation
著者 Miyamoto A, Masuhiro Y, Seki T, Hanazawa S, Shiba H
誌名 Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry
出版者 Taylor & Francis
巻号頁 1-9
出版日 2019/02
ISSN
DOI 10.1080/09168451.2018.1536516.
URL
概要
機関リポジトリ

No.2
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル The telomere binding protein Pot1 maintains haematopoietic stem cell activity with age.
著者 Hosokawa K, MacArthur BD, Ikushima YM, Toyama H, Masuhiro Y, Hanazawa S, Suda T, Arai F.
誌名 Nature Communications
出版者
巻号頁 8/ 1, 804
出版日 2017/10/06
ISSN
DOI 10.1038/s41467-017-00935-4.
URL
概要
機関リポジトリ

No.3
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Functional analysis of Protection of Telomeres 1a (Pot1a) in regulation of hematopoietic stem cell aging.
著者 Hosokawa K, Macarthur BD, Ikushima Y, Toyama H, Masuhiro Y, Hanazawa S, Suda T, Arai F.
誌名 Rinsho Ketsueki.
出版者
巻号頁 58/ 8, 942-949
出版日 2017
ISSN
DOI 10.11406/rinketsu.58.942.
URL
概要
機関リポジトリ

No.4
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Tumor necrosis factor-alpha-induced protein 8-like 2 (TIPE2) is a novel negative regulator of TAK1 signal
著者 Michitaka Oho, Risa Nakano, Ryutarou Nakayama, Wataru Sakurai, Azusa Miyamoto, Yoshikazu Masuhiro and Shigemasa Hanazawa
誌名 The Journal of Biological Chemistry
出版者 アメリカ生化学会誌
巻号頁 291/ 43, 22650-22660
出版日 2016/10/21
ISSN
DOI doi: 10.1074/jbc.M116.733451
URL
概要
機関リポジトリ

No.5
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Manipulation of Cell Cycle and Chromatin Configuration by Means of Cell-Penetrating Geminin.
著者 Ohno Y, Suzuki-Takedachi K, Yasunaga S, Kurogi T, Santo M, Masuhiro Y, Hanazawa S, Ohtsubo M, Naka K, Takihara Y.
誌名 PLoS One
出版者
巻号頁 11/ 5
出版日 2016/05/19
ISSN
DOI 10.1371/journal.pone.0155558.
URL
概要
機関リポジトリ

No.6
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Modulation of the EMT/MET process by pyrrole-imidazole polyamide targeting human transforming growth factor-β1.
著者 Saito K, Fukuda N, Shinohara KI, Masuhiro Y, Hanazawa S, Matsuda H, Fujiwara K, Ueno T, Soma M.
誌名 Int J Biochem Cell Biol.
出版者
巻号頁
出版日 2015/07/26
ISSN
DOI doi: 10.1016/j.biocel.2015.07.011.
URL
概要
機関リポジトリ

No.7
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Antiviral Protection Mechanisms Mediated by Ginbuna Crucian Carp Interferon Gamma (Ifn{gamma}) Isoforms 1 and 2 Through Two Distinct Ifn{gamma}-Receptors.
著者 薮健史・戸田秀明・柴崎康宏・山下倫明・安齋寛・間野伸宏・舛廣善和・花澤重正 ・司馬肇・森友忠昭・中西照幸
誌名 日本生化学会誌
出版者
巻号頁 150/ 6, 635-648
出版日 2011/09/07
ISSN
DOI doi: 10.1093/jb/mvr108.
URL
概要
機関リポジトリ

No.8
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Identification of significant regions of transcription factor DP-1 (TFDP-1) involved in stability/instability of the protein.
著者 荒川貴史、舛廣善和、上谷能彬、小島裕久、花澤重正
誌名 Biochem Biophys Res Commun.
出版者
巻号頁 397/ 2, 345-349
出版日 2010/06/25
ISSN
DOI 10.1016/j.bbrc.2010.05.127.
URL
概要 我々は以前に転写因子DP-1のC末端側が欠けるアイソフォーム(alphaとbeta)が低発現であることを報告した。DP-1 WTはユビキチンープロテアソーム系で分解されることがわかっているが、DP-1アイソフォームについてはそのタンパク質分解に対する安定性や不安定性に関わる領域はわかっていない。そこで、我々はDP-1の安定性や不安定性に関わる領域を決定した。特にC末端側の酸性領域は安定化に重要でスタビロンと命名した。本スタビロンは他の核内因子の安定化にも有望であると考えられる。
機関リポジトリ

No.9
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル SOCS-3 inhibits E2F/DP-1 transcriptional activity and cell-cycle progression via interaction with DP-1
著者 Kayama K, Fukushima A, Baba K, Soutsu M, Kamiya,Y, Gotoh M, Yamaguchi N, Hanazawa S.
誌名 J Biol Chem.
出版者
巻号頁 283/ 46, 31575-31583
出版日 2008/11/14
ISSN
DOI 10.1074/jbc.M800328200.
URL
概要
機関リポジトリ

No.10
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Induction of Porphyromonas gingivalis GroEL signaling via binding to Toll-like receptors 2 and 4.
著者 Argueta JG, Shiota S, Yamaguchi N, Hanazawa S.
誌名 Oral Microbiol Immunol.
出版者
巻号頁 21/ 43, 245-251
出版日 2006/08
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.11
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Adiponectin inhibits Toll-like receptor family-induced signaling.
著者 Yamaguchi N, Argueta JG, Masuhiro Y, Kagishita M, Nonaka K, Saito T, Hanazawa S, Yamashita Y.
誌名 FEBS Lett.
出版者
巻号頁 579/ 30, 6821-6826
出版日 2005/12/19
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.12
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Function of nuclear sex hormone receptors in gene regulation.
著者 Kato S, Sato T, Watanabe T, Takemasa S, Masuhiro Y, Ohtake F, Matsumoto T.
誌名 Cancer Chemother Pharmacol
出版者
巻号頁 56/ suppl.1, 4-9
出版日 2005/09/05
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.13
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Splicing potentiation by growth factor signals via estrogen receptor phosphorylation
著者 Masuhiro Y, Mezaki Y, Sakari M, Takeyama K, Yoshida T, Inoue K, Yanagisawa J, Hanazawa S, O'malley BW, Kato S.
誌名 Proc Natl Acad Sci U S A.
出版者
巻号頁 102/ 23, 8126-8131
出版日 2005/06/07
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.14
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Identification and characterization of novel isoforms of human DP-1: DP-1{alpha} regulates the transcriptional activity of E2F1 as well as cell cycle progression in a dominant-negative manner.
著者 Ishida H, Masuhiro Y, Fukushima A, Argueta JG, Yamaguchi N, Shiota S, Hanazawa S.
誌名 J Biol Chem.
出版者
巻号頁 280/ 26, 24642-24648
出版日 2005/04/26
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.15
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル TNF-alpha enhances Actinobacillus actinomycetemcomitans leukotoxin-induced HL-60 cell apoptosis by stimulating LFA-1 expression.
著者 山口登、久保千絵、古賀敏比古、花澤重正
誌名 Infect Immun.
出版者
巻号頁 72/ 1, p269-276.
出版日 2004/01
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.16
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Molecular mechanism of a cross-talk between oestrogen and growth factor signalling pathways.
著者 Kato S, Watanabe M, Kobayashi Y, Takeyama K, Endo H, Yanagisawa J
誌名 Genes to Cells
出版者
巻号頁 5/ 8, p593-601.
出版日 2000/08
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.17
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル P300 mediates functional synergism between AF-1 and AF-2 of estrogen receptor alpha and beta by interacting directly with the N-terminal A/B domains.
著者 Kobayashi Y, Kitamoto T, Watanabe M, Kase T, Daniel Metzer, Yanagisawa J, Kato S
誌名 J. Biol. Chem.
出版者
巻号頁 275/ 21, p15645-15651.
出版日 2000/05
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.18
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル P300/CBP acts as a coactivator of the cone-rod homeobox transcription factor
著者 Yanagi Y, Mori M, Yanagisawa J, Kato S
誌名 Biochem. Biophys. Res. Commun.
出版者
巻号頁 269/ 2, p410-414.
出版日 2000/03
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.19
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Convergence of transforming growth factor-beta and vitamin D signaling pathways on SMAD transcriptional coactivators.
著者 Yanagisawa J, Yanagi Y, Suzawa M, Watanabe M, Kashiwagi K, Toriyabe T, Kawabata M, Miyazono K, Kato S
誌名 Science
出版者
巻号頁 283/ 5406, p1317-1321.
出版日 1999/02
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.20
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Selective interaction of vitamin D receptor with transcriptional coactivators by a vitamin D analog.
著者 Takeyama K, Fuse H, Endo H, Murayama A, Kitanaka S, Suzawa M, Yanagisawa J, Kato S
誌名 Molecular Cellular Biology
出版者
巻号頁 19/ 2, p1049-1055.
出版日 1999/02
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.21
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Molecular mechanism of a cross-talk between estrogen and growth-factor signaling pathways.
著者 Kato S, Kitamoto T, Yanagisawa J
誌名 Oncology
出版者
巻号頁 55/ Suppl.1, p5-10.
出版日 1998/12
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.22
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル 'A putative tumor suppressor, TSG101, acts as a transcriptional suppressor through its coiled-coil domain.'
著者 Watanabe M, Yanagi Y, Yano T, Yoshikawa H, Yanagisawa J, Kato S
誌名 Biochem. Biophys. Res. Commun.
出版者
巻号頁 245/ 3, p900-905.
出版日 1997/04
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.23
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Intron retention generates a novel isoform of the murine vitamin D receptor that acts in a dominant negative way on the vitamin D signaling pathway.
著者 Ebihara K, Kitamoto T, Suzawa M, Uematsu Y, Yoshizawa T, Ono T, Harada H, Matsuda K, Hasegawa T, Masushige S, Kato S
誌名 Molecular Cellular Biology
出版者
巻号頁 16/ 7, p3393-3400.
出版日 1996/07
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.24
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル 'ERC-55, a binding protein for the papilloma virus E6 oncoprotein, specifically interacts with vitamin D receptor among nuclear receptors'
著者 Imai T, Matsuda K, Hashimoto T, Kitamoto T, Kitamoto T, Sugita A, Suzuki K, Matsumoto H, Masushige S, Nogi Y, Muramatsu M, Handa H, Kato S
誌名 Biochem. Biophys. Res. Commun.
出版者
巻号頁 233/ 3, p765-769.
出版日 1996/04
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.25
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Activation of the estrogen receptor through phosphorylation by mitogen-activated protein kinase.
著者 Kato S, Endo H, Kitamoto T, Uchiyama S, Sasaki H, Masushige S, Goto Y, Nishida E, Kawashima H, Daniel Metzer, Pierre Chambon
誌名 Science
出版者
巻号頁 270/ 5241, p1491-1494.
出版日 1995/12
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.26
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Transcriptional activity of a fluorinated vitamin D analog on VDR-RXR- mediated gene expression.
著者 Sasaki H, Harada H, Handa Y, Morino H, Suzawa M, Matsuda K, Ebihara K, Masushige S, Kato S, 3 others
誌名 Biochemistry
出版者
巻号頁 34/ 1, p370-377
出版日 1995
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ