English
日本大学 
経済学部 
経済学部 

更新日:2019/03/07 
教授 
豊福 建太 
トヨフク ケンタ 
TOYOFUKU Kenta 

プロフィール
ミクロ経済学(特にゲーム理論)を用いて金融理論を研究している。これまで、主に3つの研究テーマに取り組んできた。1つ目は、銀行のソフトバジェット問題が金融政策や景気変動に与える影響である。2つ目は、グローバル・ゲームを用いて債権者間の協調の失敗の問題が法制度などに与える影響である。3つ目は、貨幣の価値尺度や交換手段としての機能から、最適通貨圏のあり方や流動性のあり方を分析するものである。 

経歴 (公開件数:4件)
政策研究大学院大学  助教授  2005/05-2006/03 
日本大学  経済学部  専任講師  2006/04-2009/03/31 
日本大学  経済学部  准教授  2009/04/01-2014/03/31 
日本大学  経済学部  教授  2014/04/01-現在 

学歴 (公開件数:2件)
東京大学  経済学部  1998  卒業  国内 
東京大学  大学院 経済学研究科  博士後期  2005  修了  国内 

研究分野 (公開件数:3件)
金融・ファイナンス 
経済政策 
理論経済学 

研究キーワード (公開件数:4件)
金融論  
銀行論 
金融政策 
流動性 

論文 (公開件数:14件)
Unit of account, debt restructuring and optimal currency area  2018 
Stability or restructuring? Macroeconomic dynamics under soft budget constraint problems  Economic Systems  2013/12 
Banknotes, liquidity insurance, and the role of interbank settlement  Conference procedings of the Finance and Economics Conference 2013  2013/09 
The impact of bank health on coordintion among creditors  Theoretical economic letters  2013/04 
Large traderの健全性が通貨危機に与える影響  経済科学研究所 紀要  2013/03 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:16件)
口頭発表(一般)  Unit of Account, Sovereign Debt and Optimal Currency Area  The 10th Biennial Conference of Hong Kong Economic Association  2018/12 
口頭発表(一般)  The benefit of common currency as a medium of exchange  日本金融学会  2017/10/01 
口頭発表(一般)  The benefit of common currency as a medium of exchange  92nd Annual Conference, Western Economic Association International  2017/06/27 
口頭発表(一般)  Division of labor and common currency  日本経済学会  2016/09 
口頭発表(一般)  Division of labor and common currency  2016 Asian meeting of the Econometric society  2016/08/11 
詳細表示...

受賞 (公開件数:1件)
住宅・金融フォーラム第二回懸賞論文最優秀賞  2008/05  国内 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:2件)
ミクロ経済学 
金融論 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:4件)
Western Economic Association International 
Econometric Society 
日本金融学会 
日本経済学会 
詳細表示...