日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Science and Technology 
Department of Transportation Systems Engineering 

Updated : 2018/02/28 
Associate Professor 
ISHIZAKA Tetsuhiro 

Career (Number of the published data : 2)
日本大学助手  2007/04-2009/03 
日本大学助教  2009/04-Present 

Academic background (Number of the published data : 3)
Nihon University  Graduate School of Science and Technology  Graduate course of Transportation Engineering and Socio-Technology  Doctor later  2007  Completed  Domestic 
Nihon University  Graduate School of Science and Technology  Graduate Course of Transportation Engineering and Socio-Technology  Doctor prophase  2004  Completed  Domestic 
Nihon University  College of Science and Technology  Department of Transportation Engineering  2002  Graduated  Domestic 

Academic degrees (Number of the published data : 2)
Dr.Eng  Nihon University 
Master of Engineering  Nihon University 

Current state of research and teaching activities
プローブ情報システムによる旅行時間推定の信頼性を,対象とする全ての道路区間と時間帯において,一定の精度以上で推定できることと定義するならば,その信頼性は都市道路ネットワーク内で走行しているプローブカーの混入率に大きく依存し,これをできる限り大きくすることが望まれる.一方,データの送信や処理などの費用はプローブカーの混入率に比例して増加するので,経済性の観点からは混入率を最小限にすることが求められる.これまでの研究方法では、全てのODペアに対して一律のプローブカーの混入率を算出しており,ゾーンによって大きく異なる道路延長や交通状況などが考慮できないため,プローブカーの混入率が過大に推定される可能性があった。そこで本研究では、都市道路ネットワークをゾーンで分割してできたゾーン間のODペア別にプローブカーの混入率を解析的に算出する新たな方法を提案し,プローブ情報システムによる旅行時間推定の信頼性をプローブカーの混入率の観点から検討した. 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Traffic Engineering, Land Planning 

Research keywords (Number of the published data : 7)
Probe Vehicle System 
Micro traffic simulation 
traffic system analysis 
motorcycle traffic simualation model 
Micro Traffic Simulation 
Traffic System Analysis 
Non-Lane Oriented Running Characteristic 

Subject of research (Number of the published data : 2)
Study on the reliability of travel time estimation by probe vehicle system  2005-2007 
Development of Non-Lane oriented Micro traffic Simulator  2007-2009 
View details...

Achievements of joint or funded research (Number of the published data : 3)
平成21 年度地球環境研究総合推進費「アジアにおける低炭素交通システム実現方策に関する研究」  2009-2013 
モバイルマッピング技術の確立による「走りやすさマップ」作製に関する研究  2009-2010 
交通分野におけるコベネフィットの定量評価  2009-2010 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 3)
土木・交通計画のための多変量解析  コロナ社  2017/07/31 
土木計画学ハンドブック  コロナ社  2017/03/01 
交通工学ハンドブック2008  交通工学研究会  2008/07 
View details...

Papers (Number of the published data : 35)
スマートトランジットの実現を目指した交通システムのイノベーション  日本大学理工学部理工学研究所 研究ジャーナル  2017/02/01 
Time Sharing of Driving Modes Based on Probe Data for Studying Fuel Consumption on Reduction by Introducing Hybrid Vehicles  Proceeding of the 23th World Congress on Intelligent Transport System  2016/10/12 
CO2 Emission Reduction Impacts by Promoting Hybrid Cars Based on Time Sharing of Driving Modes from Probe Vehicles  The 'th Civil Engineering Conference in the Asian Regions (CECAR 7)  2016/08/31 
コーストダウン試験により推計した VSP と燃料消費量の関係性に関する分析  交通工学論文集  2016/02/05 
都市再配置モデル(MARS)の新潟都市圏への導入  システムダイナミックス  2015/12/26 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 203)
Oral presentation(general)  バンコクにおけるVSPを用いた自動車燃料消費量の分 析  第45回土木学会関東支部技術研究発表会  2018/03/07 
Oral presentation(general)  移動体に搭載したBluetoothスキャナの検知確率推定モ デルの構築  第45回土木学会関東支部技術研究発表会  2018/03/07 
Oral presentation(general)  交通・土地利用に着目した洪水発生時に対する中長期の適 応策の評価 -開発途上国の中規模都市を対象として-  第45回土木学会関東支部技術研究発表会  2018/03/07 
Oral presentation(general)  タイ・チェンマイ市におけるシェアサイクルの現状把握と持続可能な交通の実現に向けた提案  第61回日本大学理工学部学術講演会  2017/12/01 
Oral presentation(general)  タイ・チェンマイ市の幹線道路における信号機設置による右折・直進交通の時差分離の検討~国道118号線と1007号線の分岐箇所~  第61回日本大学理工学部学術講演会  2017/12/01 
View details...

Prizes (Number of the published data : 1)
土木学会土木計画学第1回公共政策デザインコンペ優秀賞  2006/06/09  Domestic 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 5)
日本システムダイナミクス学会 
日本測量協会  -2017/03/31 
交通工学研究会  2006/01/01-Present 
Eastern Asia Society for Transportation Studies  2004/04-Present 
土木学会  2002/04/01-Present 
View details...

Committee Career (Number of the published data : 1)
Eastern Asia Society for Transportation Studies  International Scientific Committee  2014/08-Present 
View details...