English
日本大学 
商学部 
総合教育科目 

更新日:2017/11/20 
准教授 
安原 伸一朗 
ヤスハラ シンイチロウ 
YASUHARA Shinichiro 

1972年生まれ  

経歴 (公開件数:9件)
明治大学法学部非常勤講師  2005/04-2007/03 
東京藝術大学音楽学部・美術学部非常勤講師  2006/04-2007/03 
東京大学大学院総合文化研究科助教  2007/04-2008/03 
学習院大学文学部非常勤講師  2007/04-2014/03 
日本大学商学部専任講師  2008/04/01-2011/03/31 
東京大学教養学部非常勤講師  2008/04-2010/03 
青山学院大学文学部非常勤講師  2010/04-2012/03 
日本大学商学部准教授  2011/04/01-現在 
青山学院大学文学部非常勤講師  2016/04/01-現在 

学歴 (公開件数:5件)
Université Paris VIII  文学研究科(Doctorat)  フランス文学科  博士後期  2006  修了  国外  フランス 
Université de Genève  文学研究科(DES)  フランス文学科  博士後期  2000  その他  国外  スイス 
東京大学大学院  総合文化研究科  博士後期  2004  単位取得満期退学  国内 
東京大学大学院  総合文化研究科  博士前期  1997  修了  国内 
学習院大学  文学部  1995  卒業  国内 

学位 (公開件数:1件)
Doctorat en langues et littératures françaises  Université Paris VIII 

研究分野 (公開件数:2件)
ヨーロッパ文学 
文学一般 

著書 (公開件数:3件)
「「極限体験」における公と私」 『公の中の私、私の中の公』所収  日本評論社  2013/03/30 
Maurice Blanchot dans les années 1930 — la dissidence politique et la perfection littéraire  ANRT (thèse de doctorat du nouveau régime, soutenue à l'Université Paris VIII en 2006)  2009/03 
「芸術は人と人をつなぐのか?」『文学・芸術は何のためにあるのか?』所収  東信堂  2009/03/10 
詳細表示...

論文 (公開件数:30件)
モーリス・ブランショ『終わりなき対話3』(共訳)  筑摩書房  2017/11/21 
ショアーと子供の言葉  総合文化研究  2016/06/30 
ヴェルディヴ事件の子供たちとパリの文壇  総合文化研究  2015/07/31 
クリストフ・ビダン『モーリス・ブランショ――不可視のパートナー』(共訳)  水声社  2014/12/25 
王様は裸だと叫び続けるサド  ユリイカ  2014/09 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:8件)
口頭発表(一般)  Ecouter une parole muette : sur Autobiographie de mon père  Colloque international ≪ Un individu en Asie : lecture de l'oeuvre de Pierre Pachet ≫  2017/01/21 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  ショアーと文学――子供たちの言葉  「フランス現代文学における第二次大戦の記憶」公開研究会  2015/11/28 
口頭発表(一般)  〈欠落〉を抱える〈証言‐物語〉  ショアーの表象――アネット・ヴィヴィオルカ氏を迎えて  2013/03/27 
口頭発表(一般)  Le regard détourné : littérature d'enfants « maudits » (enfants des collaborateurs et des criminels de guerre)  日本学術振興会人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究事業領域V-3「文学・芸術の社会的統合機能の研究(LAC)」第10回国際シンポジウム「喪と文学」  2008/10/08 
口頭発表(一般)  文学における種々のテロル――モーラスとポーラン  日本学術振興会人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究事業領域V-3「文学・芸術の社会的統合機能の研究(LAC)」第8回国際シンポジウム「文学とテロル」  2007/12/15 
詳細表示...

研究費 (公開件数:3件)
文部科学省科学研究費  子供から眺めた第二次大戦期フランスのユダヤ人迫害の検討  2014-2018 
文部科学省科学研究費  現代文学を通して眺めた20世紀の極限体験(収容所や原爆)  2009-2012 
文部科学省科学研究費  現代の極限体験(検閲や収容所)における文学の性格と意義  2007-2008 
詳細表示...

その他研究業績 (公開件数:23件)
第12回表象文化論学会大会パネル「戦争というトポス――占領から解放へ」でのコメンテーター  2017/07/02-2017/07/02 
南祐三『ナチス・ドイツとフランス右翼――パリの週刊紙『ジュ・スイ・パルトゥ』によるコラボラシオン』(彩流社)の書評 西洋近現代史研究会2017年4月例会  2017/04/15-2017/04/15 
ボリス・シリュルニク『憎むのでも、許すのでもなく』(吉田書店)の書評 『ふらんす』(白水社)  2014/06-2014/06 
モーリス・ブランショ『他処からやって来た声』(以文社)の書評 『週刊読書人』2013年6月7日号  2013/06/07-2013/06/07 
守中高明『終わりなきパッション』(未来社)の書評 『図書新聞』2013年1月12日号  2013/01/12-2013/01/12 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:1件)
日本フランス語フランス文学会 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:1件)
日本フランス語フランス文学会  常任幹事  2009/05/24-2010/05/29 
詳細表示...