English
日本大学 
生産工学部 
教養・基礎科学系 

更新日:2019/10/17 
准教授 
岩館 雅子 
イワダテ マサコ 
Iwadate Masako 

1977年生まれ  
 

経歴 (公開件数:2件)
日本女子体育大学基礎体力研究所学術フロンティア研究員  2005/04-2007/03 
日本大学文理学部学術フロンティア研究員  2007/03-2008/03 

学歴 (公開件数:1件)
日本大学大学院  文学研究科  教育学専攻  博士後期  2005  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(教育学)  日本大学 

研究分野 (公開件数:1件)
身体教育学 

研究キーワード (公開件数:4件)
随意運動 
脳酸素動態 
呼吸法 
脳電位 

著書 (公開件数:2件)
Neuroimaging - Methods:Measurement of Brain Function Using Near-Infrared Spectroscopy (NIRS)  InTech, February, 2012  2012/02/29 
運動・認知機能改善へのアプローチ―子どもと高齢者の健康・体力・脳科学―  市村出版  2008 
詳細表示...

論文 (公開件数:24件)
ヨーガ未経験者におけるカパーラバティ呼吸が背外側前頭前野の皮質活動および心臓自律神経活動に及ぼす影響  日本健康行動科学会誌  2019/03/31 
ヨーガ初心者を対象としたカパーラバティ呼吸法の実践が血行動態に及ぼす効果  日本健康行動科学会誌  2016/08/31 
ストループタスクの準備期における前腕筋酸素化亢進と課題成績との関係  日本健康行動科学会誌  2015/03 
最大努力運動の準備期における予測的な前腕筋酸素化亢進の特徴  日本大学生産工学部研究報告B  2014/06/20 
最大努力での掌握運動の準備に伴う心拍数増加と大脳皮質体性運動領域の関連  日本健康行動科学会誌  2013/03/31 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:26件)
口頭発表(一般)  照明の色がヨガ前後の生理・心理評価へ及ぼす影響  日本健康行動科学会第17回学術大会  2018/09/15 
口頭発表(一般)  ヨーガ初心者を対象としたカパーラバティ呼吸法の効果的な実践テンポの検討-左右脳酸素化バランスを指標に-  第5回宮古島神経科学カンファレンス+第7回NU-Brainシンポジウム合同学術集会  2017/11/10 
口頭発表(一般)  ヨーガ初心者を対象としたカパーラバティ呼吸法の実践が脳酸素化バランスに及ぼす影響  日本健康行動科学会第16回学術大会  2017/09/10 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  準備の意識が血行動態へ及ぼす影響  日本健康行動科学会第15回学術大会  2016/09/10 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  呼吸法のテンポが血行動態に及ぼす影響  第6回NU-Brainシンポジウム(光脳機能イメージングの研究開発および臨床応用に関するシンポジウム)  2016/02/27 
詳細表示...

研究費 (公開件数:1件)
文部科学省科学研究費  運動準備期の予測的循環調節に対する前頭皮質活動と運動後のストレス反応との関連  2019/04/01-2021/03/31 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:5件)
日本運動生理学会  2006/07/30-現在 
日本神経科学会  2002/04/01-2017/03/31 
Society for Neuroscience  2001/10/01-現在 
日本健康行動科学会  2001/09/01-現在 
日本体力医学会  2000/09/01-現在 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:1件)
日本健康行動科学会  評議員、編集委員  2013/04/01-現在 
詳細表示...