English
日本大学 
医学部 
医学科 
分子細胞免疫・アレルギー学 
更新日:2020/06/03 
准教授 
岡山 吉道 
オカヤマ ヨシミチ 
Okayama Yoshimichi 

 

経歴 (公開件数:9件)
群馬大学医学部附属病院第一内科研修医および関連病院勤務  1985/06-1989/06 
英国サザンプトン大学医学部臨床薬理部門研究員  1989/07-1994/06 
英国サザンプトン大学医学部臨床薬理部門上級研究員  1994/07-1995/05 
群馬大学医学部附属病院第一内科医員  1995/06-1997/05 
群馬大学医学部附属病院第一内科助手  1997/06-1998/05 
米国国立衛生研究所アレルギー感染研究所アレルギー研究室客員科学者  1998/06-2001/05 
群馬大学医学部附属病院第一内科助手  2001/06-2002/05 
(独)理化学研究所 免疫アレルギー科学総合研究センター、アレルギー遺伝子研究ユニット・研究員(サブリーダー)  2002/06-2007/03 
日本大学大学院医学研究科 先端医学系 分子細胞免疫・アレルギー学分野 准教授  2007/04-現在 

学歴 (公開件数:2件)
産業医科大学  医学部  医学科  1985  卒業  国内  福岡県北九州市、 
英国サザンプトン大学大学院  大学院 医科学研究科 臨床薬理学  臨床薬理学  博士後期  1994  修了  国外  サザンプトン、英国 

学位 (公開件数:2件)
医学博士  英国サザンプトン大学 
医学博士  群馬大学 

研究分野 (公開件数:3件)
免疫学 
呼吸器内科学 
膠原病・アレルギー・感染症内科学 

研究キーワード (公開件数:7件)
ヒトマスト細胞 
高親和性IgE受容体 
気管支喘息 
気道リモデリング 
アレルギー疾患 
蕁麻疹 
IgE 

研究テーマ (公開件数:1件)
IgE依存性のヒトマスト細胞の活性化の制御  2005-現在 
詳細表示...

著書 (公開件数:31件)
Mast cell-derived cytokine expression induced via Fc receptors and Toll-like receptors. In: Saito H and Okayama Y (eds). Chemical Immunol Allergy Mast cells in Allergic Diseases.  Karger AG  2005 
Selective down-regulation of FcγRI and FcεRI in cord blood-derived vs adult peripheral blood-derived cultured human mast cells. In: Bienenstock J, Ring J and Togias AG (eds). Allergy Frontiers and Futures.  Hogrefe & Huber Publishers  2004 
Human mast cells and basophils. In: Kay AB (ed). Allergy and Allergic Diseases.  Blackwell Science  1997 
Human mast cells. In: Stockley R (ed) Pulmonary Defences.  John Wiley & Sons Ltd  1996 
The in vitro effects of antihistamines. In: Simons E (ed) Histamine and H1-Receptor Antagonists in allergic Disease.  Marcel Dekker  1996 
詳細表示...

論文 (公開件数:242件)
Effect of staurosporine on histamine release from rat serosal mast cells.  Ann Allergy  1989 
A diphosphoinositide kinase in rat mast cell granules.  J Allergy Clin Immunol  1989 
Inhibitory effect of adenine nucleotides and anti-allergic drugs on phosphorylation of phosphatidylinositol in rat mast cell granules.  Allergy  1989 
Phorbol myristate acetate stimulates formation of diphosphoinositide in rat mast cell granules.  Int Arch Allergy Appl Immunol  1989 
Rat mast cell granules reacting with a mouse monoclonal antibody M6764 which recognizes the same epitope of a mouse monoclonal antibody HNK-1.  Int Arch Allergy Appl Immunol  1990 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:400件)
口頭発表(一般)  ヒト化マウスを用いた難治性喘息モデルの開発  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「難治性免疫・アレルギー疾患の病態の解明と新規治療法の開発」令和元年度報告会  2020/02/29 
口頭発表(一般)  リピドミクスを用いた慢性特発性蕁麻疹(CSU)およびアトピー性皮膚炎(AD)の脂質メディエーターのプロファイル  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「難治性免疫・アレルギー疾患の病態の解明と新規治療法の開発」令和元年度報告会  2020/02/29 
口頭発表(一般)  慢性特発性蕁麻疹患者に対するシクロスポリンの治療効果を予測するバイオマーカーの同定  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「難治性免疫・アレルギー疾患の病態の解明と新規治療法の開発」令和元年度報告会  2020/02/29 
口頭発表(一般)  慢性蕁麻疹(CSU)患者は抗IgE自己抗体による高親和性IgE受容体(FcεRI)架橋能が健常人に比べ高い  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「難治性免疫・アレルギー疾患の病態の解明と新規治療法の開発」令和元年度報告会  2020/02/29 
口頭発表(一般)  IgE 依存性に活性化したヒトマスト細胞が遊離する細胞外小胞中のmiR103a-3pは, PRMT5の発現を抑制することで, IL-33刺激による2型自然リンパ球からのIL-5産生を増強させる  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「難治性免疫・アレルギー疾患の病態の解明と新規治療法の開発」令和元年度報告会  2020/02/29 
詳細表示...

知的財産権 (公開件数:2件)
特許  新規ヒトマスト細胞活性化阻害ペプチド 
特許  ヒト肥満細胞で発現するG蛋白質共役型受容体を標的とした薬剤のスクリーニング方法 
詳細表示...

受賞 (公開件数:20件)
令和2-3年度日本大学学術研究助成金 社会実装研究  2019/11/08  国内 
平成30-31年度日本大学学術研究助成金 総合研究 総18-009  2018/07/23  国内 
平成27-28年度日本大学学術研究助成金 総合研究 総15-010 総16-014  2015/07/13  国内 
平成25年度日本大学学術研究助成金 総合研究 総13-014  2013/05/13  国内 
第33回日本大学医師会学術奨励賞  2012/05/26  国内 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:6件)
総合講義(第3セクション 13.アレルギー・免疫系) 
免疫学 
免疫学実習 
アレルギー,膠原病,人工臓器 
免疫学 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:6件)
日本免疫学会 
米国免疫学会 
日本呼吸器学会 
日本アレルギー学会 
日本内科学会 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:11件)
日本アレルギー学会  学会誌「アレルギー」編集委員  2019/03/15-現在 
日本アレルギー学会  学術大会委員  2017/07/03-2019/06/14 
日本呼吸器学会  代議員  2015-現在 
一般社団法人日本アレルギー学会  第65回日本アレルギー学会学術大会大会プログラム委員  2014/09-2016/06/17 
好酸球アレルギー研究会  幹事  2013-現在 
詳細表示...