日本語
NIHON UNIVERSITY's 
College of Engineering 
Department of Architecture 

Updated : 2020/04/01 
Associate Professor 
Saito Toshikatsu 

 

Career (Number of the published data : 5)
Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science (DC2)  2008/04-2009/03 
Research Assistant  2009/04-2011/03 
Assistant Professor  2011/04-2016/03 
Lecturer  2016/04-2019/03 
Associate Professor  2019/04-Present 

Academic background (Number of the published data : 3)
Nihon University  College of Engineering  Achitecture  2004  Graduated  Domestic 
Nihon University  Graduate School, Division of Engineering  Achitecture  Doctor prophase  2006  Completed  Domestic 
Nihon University  Graduate School, Division of Engineering  Achitecture  Doctor later  2009  Completed  Domestic 

Research Areas (Number of the published data : 1)
Building Construction/Material 

Research keywords (Number of the published data : 6)
Porous Concrete 
Fiber Reinforcement 
Surface Penetrant 
Bamboo Reinforcement 
Repair Material 
Repair Technique 

Subject of research (Number of the published data : 8)
Evaluation of Performance of Porous Concretes  2014-Present 
Development of Fiber-Reinforced Porous Concretes  2004-Present 
ポリマーセメントモルタルの性能評価法  2015-Present 
補修用ポリマーセメントモルタルの耐久性  2015-Present 
Development of Bamboo Reinforced Concretes and Mortars  2011-Present 
View details...

Bibliography (Number of the published data : 7)
LOHAS Engineering  日経BP社  2019/02 
性能設計対応型ポーラスコンクリートの施工標準と品質保証体制の確立研究委員会報告書  日本コンクリート工学会  2015/06 
性能設計対応型ポーラスコンクリートの施工標準と品質保証体制の確立に関するシンポジウム 委員会中間報告書  日本コンクリート工学会  2013/12 
残コン・戻りコンの発生抑制及び有効利用に関する技術検討委員会報告書  日本コンクリート工学会  2012/01 
建築解体工事の実状に関する調査報告書  平成21年度(社)全国解体工事連合会研究助成金報告書  2010/07 
View details...

Papers (Number of the published data : 68)
ポーラスコンクリートの静弾性係数推定への日本建築学会New RC式の適用性  セメント・コンクリート論文集  2020/03 
ポリマーセメントモルタルの耐透水性及び耐久性に及ぼすポリマー混入率の影響  セメント・コンクリート論文集  2020/03 
ポリマーセメントモルタル被覆によるコンクリートの中性化抑制効果  コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集  2019/10 
ポーラスコンクリートの静弾性係数推定式と空隙補正係数  材料  2019/10/15 
普通コンクリートの各種静弾性係数推定式のポーラスコンクリートへの適用  コンクリート工学年次論文集  2019/06/15 
View details...

Research presentations (Number of the published data : 98)
Oral presentation(general)  複合則を適用したポーラスコンクリートの静弾性係数の推定  第46回セメント・コンクリート研究討論会論文報告集,Nov. 2019,pp.13-18.  2019/11 
Oral presentation(general)  水中養生したポーラスコンクリートの材齢と圧縮強度の関係  日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),材料施工,Aug. 2019,pp.555-556.  2019/08 
Oral presentation(general)  ポーラスコンクリートの圧縮強度に及ぼす材齢の影響  日本建築学会東北支部研究報告集(構造系),No.82,June 2019,pp.109-112.  2019/06 
Oral presentation(general)  下地の種類及び養生方法がポリマーセメントモルタルの接着強さに及ぼす影響  第61回日本大学工学部学術研究報告会講演要旨集,Dec. 2018,pp.12-15.  2018/12 
Oral presentation(general)  沖縄県の沿岸部に25年間屋外暴露したRC構造物外装仕上げ模擬供試体の防せい性  日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),材料施工,Aug. 2018,pp.343-344.  2018/08 
View details...

Prizes (Number of the published data : 4)
平成30年度日本コンクリート工学会東北支部論文賞  2019/05/24  Domestic 
平成26年度日本コンクリート工学会東北支部奨励賞  2015/05/20  Domestic 
第35回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞  2013/07/11  Domestic 
第27回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞  2005/06/24  Domestic 
View details...

Research expenses (Number of the published data : 9)
Grant-in-Aid for Scientific Research  広範な空隙率を持つ性能設計対応型ポーラスコンクリートの静弾性係数推定法の提案  2019/04-2022/03 
Grant-in-Aid for Scientific Research  性能設計を可能とする複合則を適用したポーラスコンクリートの静弾性係数推定法の構築  2016/04-2019/03 
Grant-in-Aid for Scientific Research  マクロセル腐食の抑制効果に優れたRC構造物用断面修復材料及び工法の開発  2015/04-2018/03 
In school research expenses  エマルション処理による竹補強セメントモルタル・コンクリートの性能改善  2015/04-2016/03 
Grant-in-Aid for Scientific Research  ハイブリッド型繊維補強によるポーラスコンクリートの耐久性の改善  2013/04-2016/03 
View details...

Alloted class (Number of the published data : 9)
建築材料学Ⅰ 
建築材料実験 
建築情報処理演習Ⅰ 
建築構法Ⅱ 
建築情報処理演習ⅡB 
View details...

Social activities (Number of the published data : 1)
福島県生コンクリート工業組合:福島県生コンクリート品質管理監査会議委員(副議長)  2009/04-Present 
View details...

Memberships of academic societies (Number of the published data : 4)
Architectural Institute of Japan 
Japan Concrete Institute 
The Society of Materials Science, Japan 
Japan Union of Cement Concrete 
View details...