English
日本大学 
生物資源科学部 
森林資源科学科 

更新日:2017/02/26 
特任教授 
片山 義博 
カタヤマ ヨシヒロ 
KATAYAMA Yoshihiro 

経歴 (公開件数:7件)
(株)日本紙パルプ研究所 研究第一部 ・研究員/副主任研究員  1981/08/01-1986/03/31 
(株)神戸製鋼所 技術開発本部 生物研究所・主幹研究員/主任研究員  1986/05/01-1989/02/28 
東京農工大学 共同研究開発センター ・助教授  1989/03/01-1995/03/31 
東京農工大学 大学院生物システム応用科学研究科・助教授  1995/04/01-2003/03/31 
東京農工大学 大学院生物システム応用科学研究科・教授  2003/04/01-2005/03/31 
国立大学法人東京農工大学 大学院共生科学技術研究院・教授  2005/04/01-2010/03/31 
日本大学 生物資源科学部 森林資源科学科 ・教授  2010/04/01-現在 

学歴 (公開件数:3件)
東京農工大学  農学部  林産学科  1973/03/31  卒業  国内 
東京農工大学  農学研究科  林産学専攻  修士  1975/03/31  修了  国内 
東京大学  農学系研究科  林産学専修  博士後期  1978/03/31  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
農学博士  東京大学  1978/03/31 

研究分野 (公開件数:3件)
林産科学・木質工学 
環境農学 
応用分子細胞生物学 

研究キーワード (公開件数:12件)
森林バイオマス資源 
木材化学 
リグニン 
ヘミセルロース 
森林バイオテクノロジー 
樹木の遺伝子組換 
細胞壁 
細胞分裂 
キシラン 
分子生物学 
微生物学 
ダイオキシン分解酵素遺伝子 

共同・受託研究希望テーマ (公開件数:3件)
リグニンの高度利用に関する研究 
植物細胞壁の形成制御に関する研究 
木材バイオマス資源の総合利用に関する研究 
詳細表示...

共同・受託研究実績 (公開件数:13件)
2ーピロン4、6ージカルボン酸(PDC)及び新規中間体生産システムの構築  2007-2011 
ダイオキシン類汚染土壌・底質の分解酵素を用いた浄化システム  2007-2009 
リグニンの利用に関する研究  2005-2009 
有用微生物を用いたクリンアカッシュの高機能化に関する研究  2005-2005 
ダイオキシン類汚染水質・土壌の浄化バイオリアクター構築のための研究  2003-2005 
詳細表示...

著書 (公開件数:9件)
リグニン利用の最新動向  シーエムシー出版  2013/07/01 
われら共有の農業(持続可能な農業の確立に向けて)  古今書院  2002/04/01 
木材科学講座11,バイオテクノロジー  海晴社  2002/04/01 
木質科学実験マニュアル  文永堂出版  2000/04/01 
Biotechnology in pulp and paper industry  UNI Press  1992/10/30 
詳細表示...

論文 (公開件数:168件)
Beta-ketoadipic acid and muconolactone production from a lignin-related aromatic compound through the protocatechuate 3,4-metabolic pathway  Journal of Bioscience and Bioengineering  2016/05/08  diol:10.1016/j.jbiosc.2015.11.007 
2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD) degradation by the ternophilic Geobacillus sp.UZO 3  Journal of Environmental Biotechnology  2016/04/15 
Preferential cesium ion trapping by 2-pyrone-4,6-dicarboxylic acid (PCD) obtained from a metabolic intermediate of lignin, a wood biomass resource  Journal of Nuclear Science and Technology.  2016/03/30  doi.org/10.1080/00223131.2016.1160806 
Membrane-associated Glucose-Methanol-Choline Oxidoreductase Family Enzymes, PhcC and PhcD, are Essential for Enantioselective Catabolism of Dehydrodiconiferyl Alcohol.  Appl. Environ. Microbiol.  2015/12/01  10.1128/AEM.02391-15 
Introduction of chemically labile substructures into Arabidopsis lignin through the use of the Cα-dehydrogenase from Sphingobium sp.Strain SYK6  Plant Biotechnology Journal  2015/08/01  diol:10:1111/pbj.12316 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:83件)
ポスター発表  Fluorometric assay substrate for dioxin degrading microorganisms-synthesis of dioxin-analogous fluorometric assay substrate.  APBioChEC ‘09 (アジア太平洋生物工学会議) 神戸国際会議場  2009/11/26 
ポスター発表  Functional analysis of dioxin-degrading microorganism using the fluorometoric substrate and chlorinated dioxin.  APBioChEC ‘09 (アジア太平洋生物工学会議) 神戸国際会議場  2009/11/26 
口頭発表(一般)  イネをモデルとした植物細胞壁形成過程に関する研究 ̶Glycosylphosphatidylinsitol-anchored proteinはイネの細胞壁高次構造形成にどのように 関わるのか?(4)̶  第54 回リグニン討論会  2009/10/29 
口頭発表(一般)  細胞分裂マーカーcycB pro.:GUSを利用したタバコ・ポプラにおける維管束形成層の細胞分 裂評価  第54回リグニン討論会  2009/10/29 
ポスター発表  Pre-Treatment Method in Bio-Degradation System for Extracting Polychlorinated Dioxins from Cintaminated Soil and Sediments  29th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants  2009/08/23 
詳細表示...

受賞 (公開件数:1件)
日本木材学会賞  2005/01/17  国内 
詳細表示...

所属学協会 (公開件数:6件)
日本植物学会  2008/12/10-現在 
環境バイオテクノロジー学会  2004/08/10-現在 
日本育種学会  1995/02/10-現在 
日本生物工学会  1994/09/10-現在 
日本農芸化学会  1986/12/10-現在 
詳細表示...