English
日本大学 
工学部 
生命応用化学科 

更新日:2017/08/06 
准教授 
岸 努 
キシ ツトム 
KISHI Tsutomu 

経歴 (公開件数:6件)
国立遺伝学研究所変異遺伝研究部門・助手  1993/04/01-2003/03/31 
科学技術進行事業団・さきがけ21「情報と細胞機能」領域  2002/10/01-2005/09/30 
理化学研究所・岸独立主幹研究ユニット・リーダー  2003/04/01-2009/03/31 
東京工業大学大学院生命理工学研究科  2009/04/01-2011/03/31 
明治大学大学院農学研究科農芸化学専攻・兼任講師  2009/04/01-現在 
日本大学工学部生命応用化学科・准教授  2011/04/01-現在 

学歴 (公開件数:2件)
東京大学  工学系研究科  化学生命工学  博士  修了  国内 
東京大学  工学部  工業化学科  卒業  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(工学)  東京大学 

研究分野 (公開件数:1件)
遺伝・染色体動態 

研究キーワード (公開件数:5件)
細胞周期 
染色体分離 
転写制御 
選択的タンパク質分解 
ユビキチン 

研究テーマ (公開件数:2件)
ユビキチン系による細胞機能制御機構の解明  2011-現在 
細胞周期M/G1期に発現するM/G1クラスター遺伝子群の転写制御機構の解明  2011-現在 
詳細表示...

著書 (公開件数:2件)
目的別で選べる基本の核酸実験法・核酸の取り扱いからコンストラクとの作製まで、原理がわかる遺伝子操作の基本  羊土社  2011/04 
実験医学別冊Bio Science 新用語ライブラリー 細胞周期 第2版  羊土社  1999/04 
詳細表示...

論文 (公開件数:29件)
Marker-free insertion of a series of C-terminal epitopes based on the 50:50 method in Saccharomyces cerevisiae  Journal of General and Applied Microbiology  2017 
New plasmids for the disruption and repeated use of selection marker in Saccharomyces cerevisiae  The Journal of General and Applied Microbilogy  2017/05 
SCFCdc4-dependent degradation of Swi5 is confined within a narrow window in G1  Genes and Genetic Systems  2015/03 
CDK is involed in the control od spindle checkpoint.  Genes and Genetic Systems  2015/03 
Non-SCF-type F-box protein Roy1/Ymr258c interacts with a Rab5-like GTPase Ypt52 and inhibits Ypt52 function.  Mol Biol. Cell  2011/12 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:24件)
ポスター発表  M期終了を制御するAmn1のユビキチン化機構の解明  化学系協会東北大会  2016/09 
ポスター発表  細胞周期G1期を制御する転写因子Swi5のユビキチン化機構の解明  化学系協会東北大会  2016/09 
ポスター発表  遺伝子マーカーを再利用するシステムの構築  化学系協会東北大会  2016/09 
口頭発表(一般)  細胞周期G1期を制御する転写因子Swi5のユビキチン化機構の解明  日本遺伝学会  2016/09 
ポスター発表  細胞周期M期の進行を制御するMEN経路の阻害因子Amn1のユビキチン化  化学系学協会東北大会  2014 
詳細表示...

知的財産権 (公開件数:1件)
特許  ユビキチンリガーゼによるユビキチン化の様的タンパク質をスクリーニングする方法 
詳細表示...

受賞 (公開件数:1件)
Best Paper Award (日本遺伝学会)  2006/09  国内 
詳細表示...

研究費 (公開件数:13件)
文部科学省科学研究費  SCFユビキチンリガーゼによるM期制御機構の解明  2011-2013 
受託研究  Rcn1/DSCR1のユビキチン化を標的とした新しい薬剤スクリーニング系・評価系の確立  2012/10/01-2013/09/30 
学内研究費  新しい免疫抑制剤・ダウン症の治療薬のスクリーニング系の確立  2012-2012 
文部科学省科学研究費  カルシニューリン・シグナリングにおけるユビキチン化依存的蛋白質分解の役割  2008-2010 
文部科学省科学研究費  ユビキチン化によって活性が制御されるタンパク質のスクリーニングと機能解析  2002-2004 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:14件)
化学1 
化学2 
最新生命科学特論 
分子生物学 
化学実験 
詳細表示...