English
日本大学 
工学部 
総合教育 

更新日:2016/11/02 
教授 
齊藤 浩一 
サイトウ コウイチ 
SAITOU Kouichi 

プロフィール
大学において、教員免許を取得するということは、その後の人生でのキャリア選択の幅を広げることだと思う。例えば、企業に勤務し、利益追求のノルマに疲弊した時、損得勘定のない関わりを大切にしたいのなら、教職に就くことができる。私も経験してきた。そういう意味で教職につくと、生徒と接する幅が広がった気がする。学生諸君に、悔いのない人生を送って欲しい。そのためには、悔いのないキャリア選択をすることだ。教職は、人生選択の幅を広げるための1つの資格を得ることと思う。 

学位 (公開件数:3件)
理学士  筑波大学  1979/03/23 
教育学修士  筑波大学  1981/03/24 
博士(文学)  立正大学  1998/03/23 

教育・研究活動状況
死なない人間はいない。自分もいつか!人生って何なのでしょう?15歳の頃からずっと考えてきました。一つの結論は、「とにかく生きて、死んだ時、後悔を残さないこと」。「結果、誰にも恨みを持たず、後悔なしで感謝して逝きたい。そう思って生きている」。この世の中、みんなが必ずしも望みが叶って、成功者にはなれない。でも「自分なりに、頑張った」と納得したら、後悔は残らない、それはすべての人々に可能かもしれない。こんなふうに人生が終われる世界に今の人類社会はほど遠いと思う。多くの人が感謝を持って、後悔しない人生をおくれるような社会、文化ができないだろうか。
これが私の夢であり、「教育」「研究」「その他」の活動の原点です。 

研究分野 (公開件数:3件)
宗教学 
臨床心理学 
教育学 

研究キーワード (公開件数:7件)
ストレス  
コミュニティ 
QOL 
超心理学 
ナラティブ 
キャリアカウンセリング 
ポジティブ心理学 

著書 (公開件数:7件)
現代のエスプリ-内観療法の実際,日本文化から生まれた心理療法  至文堂  2006 
新・情報学  東京農業大学出版会編 PP.162- 164  2005/07 
新・情報学  東京農業大学出版会  2005/07 
真・情報学~未来を学ぶ~  東京農業大学出版会  2002/10 
学校ストレスへのシステム的アプローチ  風間書房  2000/09 
詳細表示...

論文 (公開件数:73件)
中学生のボランティア動機づけに及ぼす情動認知の影響  日本大学工学部紀要  2016/09/25 
情動認知が人生満足度および感謝心に及ぼす影響  日本大学工学部紀要  2016/09/25 
意識構造モデル基づく女子の理系志望を増やすための教育課程改善に関する提言  『日本大学工学部紀要』49- 52頁  2015/03 
進学高校生のコンピテンシー成熟のためのストレス認知構造モデルの構築  東京情報大学研究論集  2011/03 
情動としての「妬み」の検証とメタ認知療法  東京情報大学研究論集  2010/03 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:13件)
口頭発表(一般)  感謝心が効力感、好情動、心理的ストレス反応(負情動)に及ぼす影響  第33回日本内観学会  2010/06 
口頭発表(一般)  学校における内観法の有効性⑵-内観法導入の手法についての考察  第25回日本内観学会  2002/05 
口頭発表(一般)  学校における内観法の有効性⑴-現代の子どもの問題と内観法の有効性-  第25回日本内観学会  2002/05 
口頭発表(基調)  学校全体を対象としたいじめに対する調査と『通信』による啓蒙の事例  学校臨床心理士研修会ワークシップ  2001/08 
口頭発表(一般)  脳卒中患者と家族のQOLの関連についての研究 (2) : 「QOL低下の悪循環  日本リハビリテーション医学会第36回  1999/11 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:8件)
特別活動論 
教育実習事前指導 
自主・創造の基礎 
教育実践演習 
教育相談 
詳細表示...