English
日本大学 
工学部 
生命応用化学科 

更新日:2019/11/23 
准教授 
山岸 賢司 
ヤマギシ ケンジ 
YAMAGISHI Kenji 

学位 (公開件数:1件)
博士(理学)  立教大学 

著書 (公開件数:4件)
化学現象から学ぶ化学の数学 -基礎から応用まで-  オーム社  2018/08 
「in silico創薬におけるスクリーニングの高速化・高精度化技術」 In-silicoを用いたタンパク質―アプタマーの相互作用解析と分子設計  技術情報協会  2018/01/31 
IR分析 テクニック事例集~260分析事例を解説! ~  技術情報協会  2013/10/21 
国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報・平成21年度  国立環境研究所  2010/06 
詳細表示...

論文 (公開件数:31件)
Binding interaction analysis of RNA aptamer-Fc region of human immunoglobulin G using fragment molecular orbital calculation  Chemical Physics Letters  2019/10/10  10.1016/j.cplett.2019.136854 
Synthesis and characterization of small interfering RNAs with haloalkyl groups at their 3′-dangling ends  Bioorganic & Medicinal Chemistry  2019/04  10.1016/j.bmc.2019.02.037 
Synthesis and Biophysical Characterization of RNAs Containing (R)- and (S)-5′-C-Aminopropyl-2′-O-methyluridines  The Journal of Organic Chemistry  2019/02  10.1021/acs.joc.8b03277 
Synthesis of 4'-C-aminoalkyl-2'-O-methyl modified RNA and their biological properties  Bioorg Med Chem.  2018/06  10.1016/j.bmc.2018.05.025 
Selective release of miRNAs via extracellular vesicles is associated with house dust mite allergen-induced airway inflammation  Clinical & Experimental Allergy  2017/12  10.1111/cea.13016 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:159件)
ポスター発表  短塩基連続出現頻度あるいは隣接遺伝子出現頻度に基づくバクテリアゲノム系統解析  第42回日本分子生物学会年会  2019/12/03 
ポスター発表  分子シミュレーションによるRNAアプタマー- IgG複合体の相互作用解析および複合体形成におけるCa2+の影響  日本コンピュータ化学会2019秋季年会  2019/10/24 
ポスター発表  Combined computational and experimental study on the binding mechanism of RNA aptamer to human Immunoglobulin G  CBI(情報計算化学生物)学会2019年大会  2019/10/22 
ポスター発表  分子動力学計算を用いた修飾核酸の立体構造解析  第57回 日本薬学会東北支部大会  2019/10/20 
ポスター発表  バイオインフォマティクス研究における種々のライフサイエンスデータベースの高度利用  トーゴーの日 -バイオデータベース:つないで使う-  2019/10/05 
詳細表示...

知的財産権 (公開件数:1件)
特許  新規転写産物抽出装置、及び新規転写産物抽出プログラム 
詳細表示...

研究費 (公開件数:5件)
学内研究費  計算化学手法を用いた新規RNAアプタマー設計手法の開発と応用  2019/04/01-2021/03/31 
文部科学省科学研究費  RNAアプタマーの分子認識メカニズムの解明  2018/04/01-2021/03/31 
受託研究  計算化学手法による革新的な抗体精製用RNAアプタマーの開発  2017/12/01-2018/11/30 
文部科学省科学研究費  ハロゲン原子の導入によるタンパク質の構造安定化メカニズムの解明  2016/04/01-2018/03/31 
受託研究  計算化学手法を用いた新規RNA アプタマーの設計手法の開発  2015/10/01-2016/09/30 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:10件)
生命応用化学実験及び演習IV 
技術者倫理 
バイオインフォマティクス 
化学統計学 
化学実験 
詳細表示...

委員歴 (公開件数:3件)
CBI(情報計算化学生物)学会  CBIジャーナル編集員  2017/04/01-現在 
CBI(情報計算化学生物)学会  年大会プログラム委員  2015/12-現在 
日本コンピュータ化学会  2014秋季年会実行委員  2013/10/01-現在 
詳細表示...