論文
公開件数:68件

No.1
掲載種別 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル 業務用ドア型およびコンベア型自動食器洗浄機の細菌汚染の評価
著者 石崎麗,神野英毅,吉宗一晃
誌名 生産工学部研究報告A(理工系)
出版者 日本大学生産工学部
巻号頁 53/ 1
出版日 2020/06/20
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.2
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Promotion of Cyanobacteria Growth Induced by Fine Bubble Injection
著者 Sawako KATOH, Yoshinari WADA, Mitsunori KATAYAMA, Chikako NORO, Kazuaki YOSHIMUNE, Toshihiko HIAKI, Masakazu MATSUMOTO
誌名 Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan
出版者
巻号頁 73, 30-34
出版日 2019/02
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.3
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Formation of Proton Motive Force Under Low-Aeration Alkaline Conditions in Alkaliphilic Bacteria
著者 Toshihide Matsuno, Toshitaka Goto, Shinichi Ogami, Hajime Morimoto, Koji Yamazaki, Norio Inoue, Hidetoshi Matsuyama, Kazuaki Yoshimune and Isao Yumoto
誌名 Frontiers in Microbiology
出版者
巻号頁 9, 2331
出版日 2018/10/02
ISSN
DOI
URL
概要 好アルカリ性細菌の呼吸に関わるプロトン駆動力に関する文献をまとめた
機関リポジトリ

No.4
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル Inhibition of homoserine
dehydrogenase by formation of a cysteine-NAD covalent complex
著者 Kohei Ogata, Yui Yajima, Sanenori Nakamura, Ryosuke Kaneko, Masaru Goto, Toshihisa Ohshima & Kazuaki Yoshimune
誌名 Scientific Reports
出版者
巻号頁 8, 5749
出版日 2018/04/10
ISSN
DOI 10.1038/s41598-018-24063-1
URL
概要 超好熱アーキアSulfolobus tokodaii由来ホモセリン脱水素酵素がシステインで阻害される際に、NADと共有結合していることを示した。
機関リポジトリ

No.5
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル High and rapid L-lactic acid production by alkaliphilic Enterococcus sp. by adding wheat bran hydrolysate.
著者 Yoshimune K, M. Yamamoto, T. Aoyagi and I Yumoto
誌名 Fermentation Technology
出版者
巻号頁 6/ 1
出版日 2016/12/07
ISSN
DOI DOI: 10.4172/2167-7972.1000138
URL
概要 好アルカリ性乳酸菌を用いてアルカリ条件(pH9)において稲わらを原料とした乳酸発酵を行い、高効率でL-乳酸を得ることができた。この方法により将来的に滅菌を行わない開放系の乳酸発酵が可能となる。
機関リポジトリ

No.6
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル Assay of hemoglobin A1c using lectin from Aleuria aurantia
著者
誌名 AMB Express
出版者 Masato Kabata, Erina Hase, Kouta Kimura, Yuka Kobayashi, Yasushi Ueno, and Kazuaki Yoshimune
巻号頁
出版日 2016/12/01
ISSN
DOI
URL
概要 糖尿病のバイオマーカーであるヘモグロビンA1cと糖鎖結合タンパク質レクチンAALが結合することを明らかにし、新しい糖尿病診断方法を提案した。
機関リポジトリ

No.7
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル Copper ions enhance signal intensity of sandwich ELISA for amorphous aggregates of Amyloid-β42
著者 Akira Itakura, Yoshio F. Kanematsu, Ryoko Suzuki, Hideki Kohno, Kazuaki Yoshimune
誌名 Advances in Bioscience and Biotechnology
出版者 Scientific Research Publishing
巻号頁 7, 343-349
出版日 2016/08/22
ISSN
DOI
URL
概要 アルツハイマー病に関係するAβとその凝集体との特異的抗体との反応性が銅イオンによって向上することを明らかにした。
機関リポジトリ

No.8
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル Immunohistochemical detection of the delayed formation of nonfibrillar large amyloid-β aggregates.
著者 Ochiishi, T., A. Itakura, L. Liu, H. Akatsu, H. Kohno, M. Nishimura, and K. Yoshimune
誌名 Genes to Cells
出版者 Wiley
巻号頁 21/ 2, 200-211
出版日 2016/07/01
ISSN
DOI
URL
概要 アルツハイマー病に関係するAβ凝集体がラット神経細胞内とヒト脳内で形成されることを免疫染色で明らかにし、凝集体形成までの時間を考察した。
機関リポジトリ

No.9
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Improvement of Saccharification and Fermentation by Removal of Endogenous Chemicals from Pretreated Lignocellulosic Biomass (1). Effect of Ion-Exchange Resin Treatment
著者 Tamotsu Hoshino, Masaharu Tsuji, Yuka Yajima, Kazuaki Yoshimune and Akinori Matsushika
誌名 Fermentation Technology
出版者
巻号頁 4/ 1, 114
出版日 2015/07
ISSN 2167-7972
DOI
URL
概要 木質バイオマスの夾雑物をイオン交換樹脂で除去することで、糖化と発酵を改良できた。
機関リポジトリ

No.10
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル Structural insight into activation of homoserine dehydrogenase from the archaeon Sulfolobus tokodaii via reduction
著者 Yoshihisa Tomonaga, Ryosuke Kaneko, Masaru Goto, Toshihisa Ohshima, Kazuaki Yoshimune
誌名 Biochemistry and Biophysics Reports
出版者 Elsevier
巻号頁 3, 14-17
出版日 2015/07
ISSN
DOI
URL
概要 ホモセリン脱水素酵素は還元処理で活性化するが、この活性化の原因の一つがホモ二量体間のジスルフィド結合の切断であることを立体構造解析により明らかにした。
機関リポジトリ

No.11
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル Expression of Acetaldehyde Dehydrogenase
Gene Increases Hydrogen Production and
Acetate Consumption by Rhodobacter
sphaeroides
著者 Shinya Hasegawa, Jyumpei Kobayashi, Tomoe Komoriya, Hideki Kohno,Kazuaki Yoshimune
誌名 Energy and Power Engineering
出版者 Scientific Research Publishing
巻号頁 7
出版日 2015/07
ISSN
DOI
URL
概要 アセトアルデヒド脱水素酵素遺伝子を導入することで光合成細菌の水素生産能が向上することを明らかにした。
機関リポジトリ

No.12
掲載種別 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル アポ化したD-アミノ酸アミノ基転移酵素を用いたピリドキサール5'-リン酸の測定法
著者 太田寛毅、虫賀祐雄、吉村徹、吉宗一晃
誌名 生産工学部研究報告A
出版者
巻号頁 48/ 1, 1-4
出版日 2015/06/20
ISSN
DOI
URL
概要 D-アミノ酸アミノ基転移酵素に紫外線を照射することでアポ化することを発見し、アポ酵素を用いてPLPの新規定量法を開発した。
機関リポジトリ

No.13
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Classification of monoclonal antibodies to measure the progress of Ab1-42 aggregation
著者 Takenori Shimizu, Kazuaki Yoshimune, Tomoe Komoriya, Masahiro Ogawa, Takahiro Akiyama, Xujun Ye, Hideki Kohno
誌名 Global Journal for Research Analysis
出版者
巻号頁 4/ 5, 42-44
出版日 2015/05
ISSN
DOI
URL
概要 アルツハイマー病に関係するAβ凝集体の大きさを認識する様々なモノクローナル抗体の結合特異性を明らかにした。
機関リポジトリ

No.14
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル Enzyme assay for pyridoxal 5'-phosphate by apo-d-amino acid aminotransferase.
著者 Ota H, Mushiga M, Yoshimura T, Yoshimune K.
誌名 J Biosci Bioeng
出版者 Elsevier
巻号頁 120/ 1, 117-119
出版日 2015/01/23
ISSN
DOI
URL
概要 酵素を用いた新しいPLP測定方法を開発した
機関リポジトリ

No.15
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル The Combination of Functional Metagenomics and an Oil-Fed Enrichment Strategy Revealed the Phylogenetic Diversity of Lipolytic Bacteria Overlooked by the Cultivation-Based Method.
著者 Narihiro T., A. Suzuki, K. Yoshimune, T. Hori, T. Hoshino, I. Yumoto, A. Yokota, N. Kimura, Y. Kamagata
誌名 Microbes Environ.
出版者
巻号頁 29/ 2, 154-161
出版日 2014/05/23
ISSN
DOI
URL
概要 油脂を含む培地で馴養した微生物群のメタゲノム解析を行った。
機関リポジトリ

No.16
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Combination of specific monoclonal antibodies allow identification of soluble aggregates of Aβ1-42 by sandwich ELISA
著者 Shimizu, T., K. Yoshimune, T. Komoriya, T. Akiyama, X. Ye, and H. Kohno
誌名 Adv. Biosci. Biotechnol.
出版者
巻号頁 4, 63-66
出版日 2013/04/01
ISSN
DOI
URL
概要 可溶性Aβ凝集体に対する反応性の異なる2種類の抗体を用いたサンドイッチELISAを行い、特異性の検討を行った。
機関リポジトリ

No.17
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Monochlonal antibodies against large oval aggregates of Aβ(1-42)
著者 Shimizu, T., K. Yoshimune, T. Komoriya, T. Akiyama, X. Ye, and H. Kohno
誌名 J. Biosci. Bioeng.
出版者
巻号頁 115/ 2, 216-220
出版日 2013/02
ISSN
DOI
URL
概要 Aβペプチドの凝集体の中から300nm程度の大きさを持つ大きなもの(LOA)に対するモノクローナル抗体を作製し、LOAの生成過程を考察した。
機関リポジトリ

No.18
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Use of a highly sensitive latex reagent with amino acid spacer for determination of C-reactive protein concentration in a variety of liver diseases.
著者 Komoriya, T., N. Inoue, K. Yoshimune, M. Ogawa, M. Moriyama, and H. Kohno
誌名 J. Bioenerg. Bioeng.
出版者
巻号頁 114/ 5, 560-563
出版日 2012/11/01
ISSN
DOI
URL
概要 体内の炎症などで血中濃度が上昇するCRPをlatex試薬で検出する方法を改良し、実際に肝疾患患者の血液を測定した。
機関リポジトリ

No.19
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Expression of aldehyde dehydrogenase gene increases hydrogen production from low concentration of acetate by Rhodobacter spheroids
著者 Kobayashi, J., Hasegawa, S., Itou, K., Yoshimune, K., Komoriya, T., and Kohno, H.
誌名 Int J Hydrogen Energy
出版者
巻号頁 37, 9602-9609
出版日 2012/04/13
ISSN
DOI
URL
概要 光合成水素生産細菌Rhodobacter sphaeroidesに組換えアルデヒド脱水素酵素を大量生産させると低濃度の酢酸から効率良く水素生産できることを示した。
機関リポジトリ

No.20
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Relationship between rates of respiratory proton extrusion and ATP synthesis in obligately alkaliphilic Bacillus clarkii DSM 8720T
著者 Hirabayashi, T., Goto, T., Morimoto, H., Yoshimune, K., Matsuyama, H., and Yumoto, I.
誌名 J Bioenerg Biomembr
出版者
巻号頁 44/ 2, 265-272
出版日 2012/03/22
ISSN
DOI
URL
概要 絶対好アルカリ性細菌Bacillus clarkiiがアルカリ環境で生育するための機構についてそのATP合成速度や呼吸速度を計測することで検討した。
機関リポジトリ

No.21
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Characterization of catalase from psychrotolerant Psychrobacter piscatory T-3 exhibiting high catalase activity
著者 Kimoto, H., Yoshimune, K., Matsuyama, H., and Yumoto, I.
誌名 Int J Mol Sci
出版者
巻号頁 13/ 2, 1733-1746
出版日 2012/02/07
ISSN
DOI
URL
概要 カタラーゼは過酸化水素を分解する酵素で過酸化水素を含む廃液の処理にも用いられている。過酸化水素を用いる数の子処理工場から高いカタラーゼ活性を持つ低温菌を単離した。
機関リポジトリ

No.22
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Efficient hydrogen production from acetate through isolated Rhodobacter sphaeroides
著者 J. Kobayashi, K. Yoshimune, T. Komoriya,
and H. Kohno
誌名 J Biosci Bioeng
出版者
巻号頁 112/ 6, 602-605
出版日 2011/12
ISSN
DOI
URL
概要 既存の光合成細菌よりも酢酸を基質として効率良く水素を生産する光合成細菌Rhodobacter sphaeroides HJ株を発見した。
機関リポジトリ

No.23
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Physiological function of soluble cytochrome c-552 from alkaliphilic Pseudomonas alcaliphila AL15-21(T)
著者 Matsuno T, Yumoto I
誌名 J Bioeng Biomembr
出版者
巻号頁 43/ 5, 473-481
出版日 2011/07
ISSN
DOI
URL
概要 酸化還元電位等を測定し、好アルカリ性細菌が持つシトクロムc-552がアルカリ環境での適応に必要なことを示唆した
機関リポジトリ

No.24
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Expression in Escherichia coli of a gene encoding type II L-aparaginase from Bacillus subtilis and characterization of its unique properties.
著者 Y. Onishi, S. Yano, J. Thongsanit, K. Takagi, K. Yoshimune, M. Wakayama
誌名 Ann Microbiol
出版者
巻号頁 61/ 3, 517-524
出版日 2011/01
ISSN
DOI
URL
概要 アスパラギンを含む食品を高温で加熱した場合、発がん物質アクリルアミドとなる。このスパラギンを分解する酵素を食品に応用できる枯草菌から見出し、その性質を明らかにした。
機関リポジトリ

No.25
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Bacterial community characterization and dynamics of indigo fermentation
著者 K. Aino, T. Narihiro, K. Minamida, Y. Kamagata, K. Yoshimune, I. Yumoto
誌名 FEMS Microbiol Ecol
出版者
巻号頁 74/ 1, 174-183
出版日 2010/10
ISSN
DOI
URL
概要 伝統的な藍染めは微生物発酵の力を利用している。藍染め液中の菌相解析を行い、染色に重要な働きを持つ菌を同定した
機関リポジトリ

No.26
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサーかつ第一著者)
タイトル The obligate alkaliphile Bacillus clarkii K24-1U retains extruded protons at the beginning of respiration
著者 K. Yoshimune, H. Morimoto, Y. Hirano, J. Sakamoto, H. Matsuyama, and I. Yumoto
誌名 J Bioenerg Biomembr
出版者
巻号頁 42/ 2, 111-116
出版日 2010/04
ISSN
DOI
URL
概要 絶対好アルカリ性菌Bacillus clarkii K24-1U株がその表面にプロトンを蓄積し、呼吸効率を向上させている可能性を示唆した
機関リポジトリ

No.27
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサーかつ第一著者)
タイトル Crystal structure of salt-tolerant glutaminase from Micrococcus luteus K-3 in the presence and absence of its product L-glutamate and its activator tris
著者 Yoshimune, K., Y. Shirakihara, M. Wakayama, and I. Yumoto
誌名 FEBS J
出版者
巻号頁 277/ 3, 738-748
出版日 2010/02
ISSN
DOI
URL
概要 耐塩性グルタミナーゼの立体構造解析を行い、その耐塩性に必要なアミノ酸残基の検討を行った
機関リポジトリ

No.28
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Psychrobacter piscatorii sp nov., a psychrotolerant bacterium exhibiting high catalase activity isolated from an oxidative environment
著者 Yumoto, I., K. Hirota, H. Kimoto, Y. Nodasaka, H. Matsuyama, and K. Yoshimune
誌名 Int J Syst Evol Microbiol
出版者
巻号頁 60/ 1, 205-208
出版日 2010/01
ISSN
DOI
URL
概要 高濃度過酸化水素を含む廃液から高いカタラーゼ活性を有する新種の低温菌(Psychrobacter piscatorii)を見いだした
機関リポジトリ

No.29
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサーかつ第一著者)
タイトル 絶対好アルカリ性Bacillus属細菌のエネルギー代謝機構
著者 吉宗一晃、湯本勳
誌名 生化学
出版者
巻号頁 82/ 1, 5-11
出版日 2010/01
ISSN
DOI
URL
概要 絶対好アルカリ性Bacillus属細菌のアルカリ環境適応機構に関するこれまでの研究を総説にまとめた。
機関リポジトリ

No.30
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Physiological role and redox properties of a small cytochrome c(5), cytochrome c-552, from alkaliphile, Pseudomonas alcaliphila AL 15-21(T)
著者 Matsuno, T., Y. Mie, K. Yoshimune, and I. Yumoto
誌名 J Biosci Bioeng
出版者
巻号頁 108/ 6, 465-470
出版日 2009/12
ISSN
DOI
URL
概要 好アルカリ細菌Pseudomonas alcaliphila AL15-21株のシトクロムc-552がアルカリ条件で酸化されやすいことを見いだし、そのアルカリ環境での機能を議論した。
機関リポジトリ

No.31
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル A novel membrane-anchored cytochrome c-550 of alkaliphilic Bacillus clarkii K24-1U: expression, molecular features and properties of redox potential
著者 Ogami, S., S. Hijikata, T. Tsukahara, Y. Mie, T. Matsuno, N. Morita, I. Hara, K. Yamazaki, N. Inoue, A. Yokota, T. Hoshino, K. Yoshimune, and I. Yumoto
誌名 Extremophiles
出版者
巻号頁 13/ 3, 491-504
出版日 2009/05
ISSN
DOI
URL
概要 好アルカリ性細菌Bacillus clarkii K24-1U株のシトクロムc-550の機能解析を行い、その中点酸化還元電位が低いこと等を明らかにした
機関リポジトリ

No.32
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサー)
タイトル Heme content of recombinant catalase from Psychrobacter sp. T-3 altered by host Escherichia coli cell growth conditions
著者 Kimoto, H., H. Matsuyama, I. Yumoto, and K. Yoshimune
誌名 Protein Expr Purif
出版者
巻号頁 59/ 2, 357-359
出版日 2008/06
ISSN
DOI
URL
概要 Psychrobacter sp. T-3株の組み換えカタラーゼを大腸菌で発現させると、その一部がヘムdを含む活性の低い酵素となることを明らかにした
機関リポジトリ

No.33
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Bacillus polygoni sp nov., a moderately halophilic, non-motile obligate alkaliphile isolated from indigo balls
著者 Aino, K., K. Hirota, T. Matsuno, N. Morita, Y. Nodasaka, T. Fujiwara, H. Matsuyama, K. Yoshimune, and I. Yumoto
誌名 Int J Syst Evol Microbiol
出版者
巻号頁 58/ 1, 120-124
出版日 2008/01
ISSN
DOI
URL
概要 藍染めの原料である藍玉から新種の中度好塩絶対好アルカリ性細菌Bacillus polygoni株を単離した。
機関リポジトリ

No.34
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Cytochrome c-552 from gram-negative alkaliphilic Pseudomonas alcaliphila AL15-21(T) alters the redox properties at high pH
著者 Matsuno, T., N. Morishita, K. Yamazaki, N. Inoue, Y. Sato, N. Ichise, I. Hara, T. Hoshino, H. Matsuyama, K. Yoshimune, and I. Yumoto
誌名 J Biosci Bioeng
出版者
巻号頁 103/ 3, 247-254
出版日 2007/03
ISSN
DOI
URL
概要 好アルカリ性細菌Pseudomonas alcaliphila AL15-21株のシトクロムc-552はその環境pHに応じて中点酸化還元電位を変化させることを明らかにした
機関リポジトリ

No.35
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Aspergillus oryzae RIB40株の多様なグルタミナーゼ遺伝子—耐塩性グルタミナーゼ遺伝子の発見
著者 吉宗一晃、森口充瞭
誌名 日本醸造協会誌
出版者
巻号頁 102/ 1, 18-23
出版日 2007/01
ISSN
DOI
URL
概要 麹菌Aspergillus oryzae RIB40株のゲノムプロジェクトによって明らかにされたグルタミナーゼ遺伝子の多様性を明らかにした。
機関リポジトリ

No.36
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Aspergillus oryzae RIB40由来耐塩性グルタミナーゼの大量生産
著者 吉宗一晃、伊藤考太郎、松島健一朗、小山泰二、森口充瞭
誌名 日本醤油研究所雑誌
出版者
巻号頁 32/ 6, 375-377
出版日 2006/12
ISSN
DOI
URL
概要 麹菌Aspergillus oryzaeから見出された新規耐塩性グルタミナーゼ遺伝子の大量生産方法について検討した結果をまとめた。
機関リポジトリ

No.37
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Analysis of essential amino acid residues for catalytic activity of glutaminase from Micrococcus luteus K-3
著者 Yano, S., A. Kamemura, K. Yoshimune, M. Moriguchi, S. Yamamoto, T. Tachiki, and M. Wakayama
誌名 J Biosci Bioeng
出版者
巻号頁 102/ 4, 362-364
出版日 2006/10
ISSN
DOI
URL
概要 耐塩性グルタミナーゼの活性中心残基に部位特異的変異を導入し、機能解析することでその反応機構を考察した
機関リポジトリ

No.38
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(コレスポンディングオーサーかつ第一著者)
タイトル Crystal structure of a major fragment of the salt-tolerant glutaminase from Micrococcus luteus K-3
著者 Yoshimune, K., Y. Shirakihara, A. Shiratori, M. Wakayama, P. Chantawannakul, and M. Moriguchi
誌名 Biochem Biophys Res Commun
出版者
巻号頁 346/ 4, 1118-1124
出版日 2006/08
ISSN
DOI
URL
概要 Micrococcus luteus K-3株由来の耐塩性グルタミナーゼは限定分解を受けて断片型酵素となる。この断片型酵素の立体構造解析を行いその耐塩性機構について議論した
機関リポジトリ

No.39
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル A combination of glutaminase and pH control prevents the nonenzymatic conversion of L-glutamate into L-2-pyrrolidine-5-carboxylic acid in food processing
著者 Yoshimune, K., T. Abe, and M. Moriguchi
誌名 J Food Process Eng
出版者
巻号頁 29/ 4, 327-336
出版日 2006/08
ISSN
DOI
URL
概要 高温下でグルタミンは非酵素的にピログルタミン酸に変換するが、耐酸性グルタミナーゼを酸性条件下で作用させることで、ピログルタミン酸の生成を抑制できることを明らかにした
機関リポジトリ

No.40
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル 高濃度食塩存在下で働く酵素タンパク質の環境適応戦略
著者 吉宗一晃、森口充瞭
誌名 化学と生物
出版者
巻号頁 44/ 8, 510-512
出版日 2006/08
ISSN
DOI
URL
概要 高濃度食塩環境で作用するタンパク質の性質をバイオインフォマティクス的手法を用いて解析した
機関リポジトリ

No.41
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Cloning of D-glucose dehydrogenase with a narrow substrate specificity from Bacillus thuringiensis M15
著者 Boontim, N., K. Yoshimune, S. Lumyong, and M. Moriguchi
誌名 Ann Microbiol
出版者
巻号頁 56/ 3, 237-240
出版日 2006/06
ISSN
DOI
URL
概要 グルコースに対して基質特異性の高い耐熱性グルコース脱水素酵素遺伝子を持つBacillus thuringiensis M15株を単離した。この酵素は糖尿病患者の血糖値の測定に応用できる
機関リポジトリ

No.42
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Aspergillus oryzae RIB40由来Micrococcus型グルタミナーゼのタグ融合型の精製
著者 増尾直久、吉宗一晃、伊藤考太郎、松島健一朗、小山泰二、森口充瞭
誌名 日本醤油研究所雑誌
出版者
巻号頁 32/ 1, 375-377
出版日 2006/01
ISSN
DOI
URL
概要 麹菌A. oryzae RIB40株からMicrococcus luteus由来グルタミナーゼと相同性を有する耐塩性グルタミナーゼを単離した
機関リポジトリ

No.43
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Micrococcus luteus K-3-type glutaminase from Aspergillus oryzae RIB40 is salt-tolerant
著者 Masuo, N., K. Yoshimune, K. Ito, K. Matsushima, Y. Koyama, and M. Moriguchi
誌名 J Ind Microbiol Biotechnol
出版者
巻号頁 100/ 5, 576-578
出版日 2005/11
ISSN
DOI
URL
概要 麹菌から耐塩性グルタミナーゼをコードする遺伝子を見いだした。高品質醤油醸造に応用できる可能性がある
機関リポジトリ

No.44
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル A metal ion as a cofactor attenuates substrate inhibition in the enzymatic production of a high concentration of D-glutamate using N-acyl-D-glutamate amidohydrolase
著者 Yoshimune, K., A. Hirayama, and M. Moriguchi
誌名 Biotechnol Lett
出版者
巻号頁 27/ 17, 1325-1328
出版日 2005/09
ISSN
DOI
URL
概要 N-アシル-D-グルタミン酸アシラーゼはその生成物であるD-グルタミン酸によって阻害を受ける。この阻害は補因子であるコバルトイオンを添加することで抑制されることを明らかにした
機関リポジトリ

No.45
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Characterization of salt-tolerant glutaminase from Stenotrophomonas maltophilia NYW-81 and its application in Japanese soy sauce fermentation.
著者 Wakayama, M., T. Yamagata, A. Kamemura, N. Boontim, S. Yano, T. Tachiki, K. Yoshimune, and M. Moriguchi
誌名 J Ind Microbiol Biotechnol
出版者
巻号頁 32/ 9, 383-390
出版日 2005/09
ISSN
DOI
URL
概要
機関リポジトリ

No.46
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Purification and characterization of a flavor-enhancing enzyme, thermostable adenosine-phosphate deaminase, from thermophilic Aspergillus fumigatus No. 4.
著者 Yoshimune, K., K. Kugimiya, and M. Moriguchi
誌名 Ann Microbiol
出版者
巻号頁 55/ 4, 267-272
出版日 2005/08
ISSN
DOI
URL
概要 旨味成分であるイノシン酸を生成する耐熱性AMPデアミナーゼをAspergillus fumigatus No4株から単離し、その性質を検討した
機関リポジトリ

No.47
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Purification and characterization of hyperthermotolerant leucine aminopeptidase from Geobacillus thermoleovorans 47b
著者 Deejing, S., K. Yoshimune, S. Lumyong, and M. Moriguchi
誌名 J Ind Microbiol Biotechnol
出版者
巻号頁 32/ 7, 269-276
出版日 2005/07
ISSN
DOI
URL
概要 苦味ペプチドを分解する耐熱性アミノペプチダーゼをGeobacillus thermoleovorans 47b株から単離し、その性質を検討した
機関リポジトリ

No.48
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Cold-active DnaK of an Antarctic psychrotroph Shewanella sp. Ac10 supporting the growth of dnaK-null mutant of Escherichia coli at cold temperatures
著者 Yoshimune, K., A. Galkin, L. Kulakova, T. Yoshimura, and N. Esaki
誌名 Extremophiles
出版者
巻号頁 9/ 2, 145-150
出版日 2005/04
ISSN
DOI
URL
概要 低温菌から単離した分子シャペロンDnaKを大腸菌内で発現させ、このDnaKが低温でしか作用しない低温分子シャペロンであることを明らかにした
機関リポジトリ

No.49
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Role of arginine residue of D-aminoacylase from Alcaligenes xylosoxydans subsp. xylosoxydans A-6
著者 Yoshimune, K., M. Kanda, M. Wakayama, S. Kanda, A. Sato, K. Sakai, and M. Moriguchi
誌名 Protein Pept Lett
出版者
巻号頁 12/ 3, 289-294
出版日 2005/04
ISSN
DOI
URL
概要 N-アシル-D-アミノアシラーゼのアルギニン残基をリジン残基に置換し、その機能解析を行うことでアルギニン残基の役割を検討した
機関リポジトリ

No.50
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル 海洋性細菌Micrococcus luteus K-3株由来グルタミナーゼのセリンプロテアーゼ限定分解による耐塩性の増強
著者 吉宗一晃、山下涼子、増尾直久、若山守、森口充瞭
誌名 日本醤油研究所雑誌
出版者
巻号頁 31/ 3, 66-67
出版日 2005/03
ISSN
DOI
URL
概要 M. luteus由来耐塩性グルタミナーゼをセリンプロテアーゼで限定分解すると耐塩性が向上することを示した。
機関リポジトリ

No.51
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル DnaK from Vibrio proteolyticus: Complementation of a dnaK-null mutant of Escherichia coli and the role of its ATPase domain.
著者 Yoshimune, K., A. Galkin, L. Kulakova, T. Yoshimura, and N. Esaki
誌名 J Biosci Bioeng
出版者
巻号頁 99/ 2, 136-142
出版日 2005/02
ISSN
DOI
URL
概要 分子シャペロンDnaKのキメラタンパクを作製し、大腸菌のdnaK遺伝子欠損株で発現させた際の相補性を検討した。この結果、DnaKのATPaseドメインがその機能に重要であることを示した。
機関リポジトリ

No.52
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Site-directed mutagenesis alters DnaK-dependent folding process
著者 Yoshimune K., N. Esaki, and M. Moriguchi
誌名 Biochem Biophys Res Commun
出版者
巻号頁 326/ 1, 74-78
出版日 2005/01
ISSN
DOI
URL
概要 その折れたたみに分子シャペロンDnaKを必要とするD-アミノアシラーゼに部位特異的変異を導入することでDnaKが存在しなくても効率良く折れたたまれることを示した。
機関リポジトリ

No.53
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル 旨味を増強する酵素・グルタミナーゼ
著者 吉宗一晃、森口充瞭
誌名 日本醸造協会誌
出版者
巻号頁 100/ 1, 9-16
出版日 2005/01
ISSN
DOI
URL
概要 醤油醸造において旨味成分グルタミン酸を生成するグルタミナーゼの役割について総説にまとめた。
機関リポジトリ

No.54
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Molecular cloning, overexpression, and purification of Micrococcus luteus K-3-type glutaminase from Aspergillus oryzae RIB40
著者 Masuo, N., K. Ito, K. Yoshimune, M. Hoshino, K. Matsushima, Y. Koyama, and M. Moriguchi
誌名 Protein Expr Purif
出版者
巻号頁 38/ 2, 272-278
出版日 2004/12
ISSN
DOI
URL
概要 Micrococcus由来耐塩性グルタミナーゼと相同性を有する遺伝子を麹菌からみいだし、その遺伝子産物が耐塩性を有することを示した。
機関リポジトリ

No.55
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Digestion by serine proteases enhances salt tolerance of glutaminase in the marine bacterium Micrococcus luteus K-3. Extremophiles
著者 Yoshimune, K., R. Yamashita, N. Masuo, M. Wakayama, and M. Moriguchi
誌名 Extremophiles
出版者
巻号頁 8/ 6, 441-446
出版日 2004/12
ISSN
DOI
URL
概要 Micrococcus由来耐塩性グルタミナーゼはセリンプロテアーゼによる限定分解を受けることでその耐塩性が向上することを明らかにした
機関リポジトリ

No.56
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Molecular chaperones facilitate the soluble expression of N-acyl-D-amino acid amidohydrolases in Escherichia coli
著者 Yoshimune, K., Y. Ninomiya, M. Wakayama, and M. Moriguchi
誌名 Yoshimune, K., Y. Ninomiya, M. Wakayama, and M. Moriguchi
出版者
巻号頁 31/ 9, 421-426
出版日 2004/10
ISSN
DOI
URL
概要 E. coli由来分子シャペロンはE. coli内での組換えD-アミノアシラーゼの封入体形成を抑制することを明らかにした。
機関リポジトリ

No.57
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Purification and characterization of D-glucose dehydrogenase from Bacillus thuringensis M15
著者 Boontim, N., K. Yoshimune, S. Lumyong, and M. Moriguchi
誌名 Ann Microbiol
出版者
巻号頁 54/ 4, 481-492
出版日 2004/08
ISSN
DOI
URL
概要 Bacillus thuringensis M15より新規グルコース脱水素酵素を単離精製した。
機関リポジトリ

No.58
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Production, purification and properties of D-aminoacylase from a newly isolated Trichoderma sp. SKW-36
著者 Wakayama, M., S. Kitahata, L. Manoch, T. Tachiki, K. Yoshimune, and M. Moriguchi
誌名 Proc Biochem
出版者
巻号頁 39/ 9, 1119-1124
出版日 2004/05
ISSN
DOI
URL
概要 D-アミノ酸の光学分割生産に有用な新規N-アシル-D-アミノアシラーゼをTrichoderma sp. SKW-36より単離した。
機関リポジトリ

No.59
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Production of D-glucose dehydrogenase for the determination of D-glucose.
著者 Boontim, N., K. Yoshimune, S. Lumyong, and M. Moriguchi
誌名 Ann Microbiol
出版者
巻号頁 54/ 1, 87-93
出版日 2004/01
ISSN
DOI
URL
概要 血糖値の測定に利用できる耐熱性グルコース脱水素酵素を細菌から精製した
機関リポジトリ

No.60
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル タンパク質から見た極限微生物の環境適応戦略
著者 吉宗一晃、福地佐斗志、森口充瞭、西川建
誌名 バイオサイエンスとインダストリー
出版者
巻号頁 62/ 1, 17-22
出版日 2004/01
ISSN
DOI
URL
概要 バイオインフォマティクス的手法を用いて解析した耐塩性酵素の特徴を総説にまとめた。
機関リポジトリ

No.61
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル 大分県地熱・温泉地帯から分離した好熱・好酸性菌Alicyclobacillus F-62株のグルタミナーゼ
著者 吉宗一晃、安部卓朗、日下浩一、若山守、森口充瞭
誌名 日本醤油研究所雑誌
出版者
巻号頁 29/ 6, 235-239
出版日 2003/06
ISSN
DOI
URL
概要 大分県の温泉から耐熱及び、耐酸性を有するグルタミナーゼを持つAlicyclobacillus F-62株を単離した。
機関リポジトリ

No.62
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Crystallization and preliminary X-ray crystallographic studies of salt-tolerant glutaminase from Micrococcus luteus K-3
著者 Chantawannakul, P., K. Yoshimune, Y. Shirakihara, A. Shiratori, M. Wakayama, and M. Moriguchi
誌名 Acta Crystallogr D Biol Crystallogr
出版者
巻号頁 59/ 3, 566-568
出版日 2003/05
ISSN
DOI
URL
概要 Micrococcus由来耐塩性耐塩性グルタミナーゼの二種類の結晶を作製し、X線回折実験を行った
機関リポジトリ

No.63
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Microbial glutaminase: biochemistry, molecular approaches and applications in the food industry.
著者 Nandakumar, R., K. Yoshimune, M. Wakayama, and M. Moriguchi
誌名 J Mol Catal B Enzym
出版者
巻号頁 23, 87-100
出版日 2003/05
ISSN
DOI
URL
概要 細菌由来グルタミナーゼの研究の歴史とそれらの性質や応用に関して総説にまとめた。
機関リポジトリ

No.64
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Production of D-amino acids by N-acyl-D-amino acid amidohydrolase and its structure and function
著者 Wakayama, M., K. Yoshimune, Y. Hirose, and M. Moriguchi
誌名 J Mol Catal B Enzym
出版者
巻号頁 23, 71-85
出版日 2003/05
ISSN
DOI
URL
概要 N-アシル-D-アミノ酸アミドヒドロラーゼの性質や応用に関して総説にまとめた。
機関リポジトリ

No.65
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル D-アミノアシラーゼによるD-アミノ酸生産
著者 吉宗一晃、広瀬芳彦、森口充瞭
誌名 バイオサイエンスとインダストリー
出版者
巻号頁 61, 11-16
出版日 2003/04
ISSN
DOI
URL
概要 医薬品等の原料となるD-アミノ酸のD-アミノアシラーゼによる生産方法を総説にまとめた。
機関リポジトリ

No.66
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者以外)
タイトル Unique amino acid composition of proteins in halophilic bacteria
著者 Fukuchi, S., K. Yoshimune, M. Wakayama, M. Moriguchi, and K. Nishikawa
誌名 J Mol Biol
出版者
巻号頁 327/ 2, 347-357
出版日 2003/03
ISSN
DOI
URL
概要 高度好塩菌のORFにコードされるタンパク質の立体構造を予測し、それらの特徴をバイオインフォマティクス的手法を用いて解析した。この結果、これらタンパク質表面は酸性アミノ酸残基組成が高いことが明らかとなった。
機関リポジトリ

No.67
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 単著
タイトル Hsc62, Hsc56, and GrpE, the third Hsp70 chaperone system of Escherichia coli.
著者 Yoshimune, K., T. Yoshimura, T. Nakayama, T. Nishino, and N. Esaki
誌名 Biochem Biophys Res Commun
出版者
巻号頁 293/ 5, 1389-1395
出版日 2002/05
ISSN
DOI
URL
概要 筆者らが見いだした新規Hsp70ファミリータンパク質Hsc62のATPase活性をHsc56及びGrpEを特異的に向上させることを示し、それらがHsc62と協同で機能する可能性を示唆した。
機関リポジトリ

No.68
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
単著・共著区分 共著(第一著者)
タイトル Hsc62, a new DnaK homologue of Escherichia col.
著者 Yoshimune K, Yoshimura T, Esaki N
誌名 Biochem Biophys Res Commun
出版者
巻号頁 250/ 1, 115-118
出版日 1998/09
ISSN
DOI
URL
概要 E. coliから第三の新規Hsp70ファミリータンパク質を見いだし、その機能解析を行った
機関リポジトリ