English
日本大学 
生物資源科学部 
獣医学科 

更新日:2018/09/18 
専任講師 
齋藤 光芳 
サイトウ テルヨシ 
SAITO Teruyoshi 

Tel.0466(84)3934  
Fax.0466(84)3934  
 

学歴 (公開件数:2件)
日本大学  生物資源科学部  獣医学科  2007/03/31  卒業  国内 
千葉大学  医学研究院  先端生命科学専攻  博士  2011/03/31  修了  国内 

学位 (公開件数:1件)
博士(医学)  千葉大学 

免許・資格 (公開件数:1件)
獣医師 

研究分野 (公開件数:4件)
基礎獣医学・基礎畜産学 
薬理学一般 
病態医化学 
実験病理学 

研究キーワード (公開件数:7件)
癌の浸潤・転移 
ヒアルロン酸 
細胞外基質 
細胞運動 
浸潤・転移 
COX-2 
アノイキス 

研究テーマ (公開件数:4件)
ヒアルロン酸合成阻害薬による抗腫瘍作用メカニズムの解析  2011/04/01-現在 
ヒアルロン酸の腫瘍生物学的機能の解明  2011/04/01-現在 
選択的シクロオキシゲナーゼ2阻害薬の抗腫瘍作用メカニズムの解明  2013/04/01-現在 
がん細胞のアノイキス抵抗性獲得および維持機構の解明  2017/04/01-現在 
詳細表示...

共同・受託研究希望テーマ (公開件数:2件)
獣医学領域におけるヒアルロン酸の機能解析と臨床応用について 
動物医療における選択的COX-2阻害薬の有効性や作用メカニズムの評価 
詳細表示...

著書 (公開件数:2件)
病理と臨床 臨時増刊号 Vol.29 病理診断に役立つ分子生物学 CD44(診断編)  文光堂  2011/04/23 
病理と臨床 臨時増刊号 Vol.29 病理診断に役立つ分子生物学 CD44(解説編)  文光堂  2011/04/23 
詳細表示...

論文 (公開件数:14件)
Celecoxib exerts antitumor effects in canine mammary tumor cells via COX‑2‑independent mechanisms  International Journal of Oncology  2015/03 
各臓器におけるヒアルロン酸関連遺伝子の発現量の比較  日本大学獣医学会誌(Twigs)  2014 
Usefulness of selective COX-2 inhibitors as therapeutic agents against canine mammary tumors.  Oncology Reports  2014/04 
The hyaluronan synthesis inhibitor 4-Methylumbeliferone exhibits antitumor effects against mesenchymal-like canine mammary tumor cells  Oncology Letters  2013/03 
4-Methylumbelliferone leads to growth arrest and apoptosis in canine mammary tumor cells  Oncology Reports  2013/01 
詳細表示...

研究発表 (公開件数:4件)
ポスター発表  HAS2-HYAL2/CD44 system supports spontaneous random cell movement of human cancer cells in an autocrine mechanism  Keystone Symposia Epithelial Plasticity and Epithelial to Mesenchymal Transition  2011/01/23 
ポスター発表  Hyaluronidase-2 is a motility-inducing enzyme of human cancer cell lines.  International Society for Hyaluronan Sciences 8th International Conference Hyaluronan 2010  2010/06/08 
口頭発表(一般)  Hyaluronidase-2 is a motility-inducing enzyme of human cancer cell lines.  International Society for Hyaluronan Sciences 8th International Conference Hyaluronan 2010  2010/06/08 
ポスター発表  Activated RhoA, Rac1 and ERK1/2 participate in chemokinesis triggered by fragmented 23k Da hyaluronan.  1st AACR International conference on frontiers in Basic Cancer Research  2009/10 
詳細表示...

研究費 (公開件数:5件)
文部科学省科学研究費  選択的COX-2阻害薬を用いたイヌ乳腺腫瘍の新規治療法の開発  2015/04/01-2017/03/31 
共同研究  放射線被ばくに起因する癌発生の新規化学的予防法の確立  2014/04/01-2015/03/31 
学内研究費  ヒアルロン酸合成阻害剤の新たな抗腫瘍メカニズムの探索  2013/04/01-2014/03/31 
学内研究費  イヌ乳腺腫瘍におけるCyclooxygenase-2の治療標的化に向けた探索  2012/04/01-2013/03/31 
共同研究  獣医学領域におけるヒアルロン酸の癌治療標的化へ向けた研究  2011/04/01-2012/03/31 
詳細表示...

担当授業科目 (公開件数:13件)
獣医薬理学B 
毒性学 
獣医薬理学実習 
獣医学概論 
総合獣医学演習A 
詳細表示...